2013/5/4

ラ・フォル・ジュルネオ・ジャポンと恐るべしカルメン幻想曲  音楽

ラ・フォル・ジュルネオ・ジャポンに今年も行ってきました。
いつもプレミアムモルツ(以下モルツ)さんにおんぶにだっこでチケットを取って頂きます。

国際フォーラムで催されるこの音楽祭もすっかり定着したと思われる程の混みようで、歩くのもままならない混雑。
色々な国の屋台が出ていてそれはそれはイイ〜におい〜
(気をつけないと持ち歩く人なんかにぶつかったらケチャップをつけられそう〜)

私はケバブライスを食べました。
香ばしいお肉にサフランライスが良く合い美味しかった〜(写真取り忘れ)

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

さて、聴いたプログラムは
・1つ目
プーランク:2台のピアノのための協奏曲
プーランク:シンフォニエッタ

2台の協奏曲は大好きな曲なだけに楽しめました。
特にカンフースタイルの小柄な女性指揮者がほほえましい。

そ〜〜して驚きの
・2つ目
ラヴェル:ピアノ協奏曲
サン=サーンス:ハバネラ(ヴァイオリン)
サラサーテ:カルメン幻想曲(ヴァイオリン)
ヒメネス:ルイス・アロンソの結婚式より間奏曲(カスタネットとオーケストラのための)

ラヴェルのピアノはあの凄まじい曲を見事に弾ききり、ラ・フォル・ジュルネオ・ジャポンのコンサートにしてはなかなか素晴らしい演奏でした。
満足して、期待のヴァイオリンを待ちます。

出てきたのは、タレント照英に似たヴァイオリニスト。
1曲目のハバネラ・・美しい音で始まりなかなか上手で良かったのです。

で、

待望のカルメン幻想曲・・いきなりテンパっちゃった!
テンポが走る走る〜コントロール利かないよ〜
オケと1拍は完全にズレちゃってるよ!

モルツさんと思わず顔を見合わせポカ〜ン状態。
テンポが一段と速くなる後半を恐れながらもどうなることやらと怖いもの見たさ。

来るぞ来るぞ来たーのクライマックスに突入!!!
ヴァイオリニストの兄さん、もう止められない自分のテンポ、速すぎてどうにも出来ない音程、オケは耳には入りません状態の必死状態。
指揮者は指揮ではなく、ひたすら指揮棒をくるくる回しオケのメンバーに速く速く、お願い速く〜の必死状態。

いや〜手に汗握る凄まじいカルメン幻想曲でありました。

終わった時の「やっちゃった〜」丸出しのヴァイオリン兄さんと指揮者・・
お疲れさまでした。

そして最後にシルバーに輝くお洋服で出てきたオバサマ。
カスタネット奏者なのです。

この演奏が
素晴らしい!

カスタネットってこんなに素晴らしいものだったなんて!

モルツさん提供 演奏も聴けます。
http://www.lfj.jp/lfj_2013/performance/artist/detail/art_104.html


大喝采でした。

色々な意味で演奏を堪能した私たちは、Anneさんと合流してドイツビールを飲みに行きました。
こちらもモルツさんが探して下さいました。

カイザーホフ
http://www.eyema-ent.co.jp/shop/shop02.html

スタッフの気持ち良いサービスと時間も早かったためお店もゆったり。
そして美味しい料理。
本当に本当に楽しいひとときで、この2カ月ほどのストレス解消になりました。



温野菜にトロトロのチーズをかけていただく
クリックすると元のサイズで表示します

ザワークラフト、じゃがいも、色々なソーセージ盛り合わせ
クリックすると元のサイズで表示します

ムール貝のワイン蒸しは撮り忘れた。

クリックすると元のサイズで表示します

モルツさん、Anneさんありがとう!
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ