2013/2/28

来年のコンサートについてと練習報告..5  練習進捗報告

今メインで練習しているのは何度も書きますが

『シューマン ピアノソナタNo,2 ト短調』


とても情熱的でそれでいて大変美しい旋律を持ち、うっかり隠された旋律を見逃してしまう

と違う曲のようになってしまう複雑さを併せ持つ、シューマンの代表作です。

そしてなんといっても、これでもか・・これでもか・・と要求してくる速いテンポ。


左と右が同じように動くわけがない!

右手がサッサと行ってしまって、左手とズレる。

ユニゾン(左右同じ音を弾く)を2ページもアナタ弾いてご覧なさい〜

左手が追いつかず、あわよくば途中の音をすっ飛ばして右手に合わせようとズルをします。


私の手であって、別の生き物ですよ( ;∀;)


でも毎日悶々としながらも地味な練習をしているので、少しずつ"ズル"が減ってきた。


さて、来年春に行う仲間とのコンサートで、ソロの持ち時間は15〜20分位。

私としては全楽章(1,2,3,4楽章)弾きたいのです。

でも私の腕では繰り返しを抜かしても20分ギリギリ。


案としては

1)1,2,4楽章を弾く

2)4楽章の一部を割愛する


私は2)を選択したいのですが、あと1年でそこまで持っていけるかです。

全楽章私には超難しいので、精神的に持つか・・

なんて今から言っていては出来るものも出来ない。

先ずはやってみることにします!

本当にカッチョよくていい曲なんです。


2台ピアノの方は亀のような進み方です、まだ手をつけていない曲もあり、正直焦りも感じて

います。


来年のコンサートは、ソロ&デュオは同じですが、これまでのコンサートと違い三人のメン

バーで、内容はよりお客様に楽しんで頂けるような工夫を考えています。

また、お気軽にお求め頂ける金額に致しますがチケット制にさせて頂こうと考えています。

それにより、お金を頂く演奏をしなければならない責任感と自分への期待感が練習への気持

ちを引き締めてくれます。


より計画をもって練習しなければなりません。


6月までには全楽章暗譜するのを目標に立てています。

さてどうなることやらです(笑)

クリックすると元のサイズで表示します
1

2013/2/25

最近飲みすぎ  

ちょっと飲み過ぎが続いています。

土曜日なんか、ヘロヘロ〜

昨日日曜日の朝になって自分のサラサラした髪を触って「そういえば昨日髪の毛洗ったっけ

な〜」状態(笑)


常備されているお酒はこちら

ジン・・ボンベイサファイア(必ずある)

ロックでいただきます。

クリックすると元のサイズで表示します

最近、ハイボールが私の中で復活したのでお徳用のウイスキー(笑)

クリックすると元のサイズで表示します

そして、いつも座っているところでちょっとカラダをひねるとコレ!

チリワインで安いのに結構美味しい。

私にはこれでいいです。

白と赤とカラダをひねればいつでもどっちでも飲めるd(-_☆)ラジャ

クリックすると元のサイズで表示します

以下画像取り忘れ

昨夜はショートパスタのジェノベーゼだったからワイン

一昨日はいであさんから教わった豚肉と長ネギの鍋だったからハイボールと白ワイン

その前は大蒜とたらこのパスタ(バターを使わずオリーブオイルの方が美味しい)だったか

らワイン

その前は菜の花としめじのペペロンチーノだったからワイン

という具合にイタリア人の私達の食生活にはワインは当然のことながら、和食の時でも私は

ジンのロックなのです。

ちなみにタイガーは黒酢ドリンクまたは牛乳。

でもちょっと控えよう〜飲みすぎて気分悪い状態で布団に入ることが多くなっています。

そこまで飲んじゃダメですよね!

さあ、今日も練習がんばるか!
1

2013/2/20

練習報告..4  練習進捗報告

今練習している曲を改めて書くと、

ソロ曲・・Schumann piano Sonata No,2(シュー

マン ピアノソナタ 2番 ト短調)第1楽章、第4楽章


デュオ2台ピアノ・・A.Rosenblatt Carmen

Fantasy 2 pianos(カルメンの主題によるファ

ンタジー)

・・Piazzolla Introduccion Al Angel(ピアソラ 天使の序奏)

・・Piazzolla La Muerte Del Angel(ピアソラ 天使の死)

・・Piazzolla Libertango (ピアソラ リベルタンゴ)


・・連弾モーツァルトメドレー


プログラムはこの他にも私が担当していない曲やサプライズの小さな曲もありますが、私が

今の時点で取り組んでいるのは上記の曲です。

シューマン第1楽章→結構速いテンポで弾けるようになっ

てきましたが、まだミスも多いし最後の「速く・・もっと速く」では頭も指も大混乱ヽ(;

▽;)ノ

私の指はそれぞれが勝手に動きだし、左右お互いに揃えようなんてことにはお構いなし。

まるで徒競走のように競っちゃってバラバラ(笑)

監督である頭で「揃えるように!」「音楽的に!」と指令を出していても、そんなことには

お構いなしに勝手に動く左右の指。

困ったもんです。

地道に片手ずつリズム練習に明け暮れるしかありません。

クリックすると元のサイズで表示します


第4楽章→ようやく2ページ暗譜しました。こっちは頭が

「いやいや〜」と暗譜に駄々をこねているので、無理やり指を動かして進めていますが、手

こずっています。

クリックすると元のサイズで表示します

カルメンファンタジー→なんとなくちょぼちょぼと弾ける箇所が増えてきた感じです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


ピアソラ→手付かず_| ̄|○

モーツァルトメドレー→えっ、えっ(;゚Д゚)!どこ弾けばいいの・・状態。

真面目にやろっと、昨日決めました!





1

2013/2/18

お雛様  

クリックすると元のサイズで表示します

古い古い質素なお雛様ですが、私の生まれた時からずっと一緒の大切なお雛様です。

どこで聞いたか、誰から聞いたか分かりませんが「お雛様を出さないと夜中に押し入れの中

で泣くのよ」という言葉の影響もあり、必ず出しています・・・と思います(笑)


でもいつもギリギリで可哀想でしたので、今年は今日出しました。

後でお菓子とお茶を差し上げましょう!


ずっと昔、まだ出張レッスンをしていた頃ですが、真夏に立派なお雛様が飾ってあったお宅

がありました。

聞いてみると、お子さんが(生徒さん)綺麗なお雛様を見ていたいということで飾ったそう

です。

その素直な気持ち、「当たり前のこと」に因われない柔らかい発想に「はっ」とした記憶が

あります。

もちろん、3月3日のひな祭りのこともきちんとお母様が教えた上でのことでした。


今年は少し長めにお雛様にいらしていただきましょう(*^_^*)
1

2013/2/16

The answer is blowin' in the wind・・Bird on the Wire.  音楽

最近、昔好きで良く聴いていた歌を毎日聴いています。

特に2曲あって、1曲は「ボブ・ディランの風に吹かれて」

でも私はポール&マリーの方が好きなのです。



How many roads most a man walk down

Before you call him a man ?

How many seas must a white dove sail

Before she sleeps in the sand ?

how many times must the cannon balls fly

Before they're forever banned ?

The answer my friend is blowin' in the wind

The answer is blowin' in the wind.


how many years must a mountain exist

Before it's washed to the sea ?

how many years can some people exist

Before they're allowed to be free ?

how many times can a man turn his head

Pretending he just doesn't see ?

The answer my friend is blowin' in the wind

The answer is blowin' in the wind.


how many times must a man look up

Before he can see the sky ?

how many ears must one man have

Before he can hear people cry ?

how many deaths will it take till he knows

That too many people have died ?

The answer my friend is blowin' in the wind

The answer is blowin' in the wind.

どれほどの道を歩かねばならぬのか

男と呼ばれるために

どれほど鳩は飛び続けねばならぬのか

砂の上で安らげるために

どれほどの弾がうたれねばならぬのか

殺戮をやめさせるために

その答えは 風に吹かれて

誰にもつかめない


どれほど悠久の世紀が流れるのか

山が海となるには

どれほど人は生きねばならぬのか

ほんとに自由になれるために

どれほど首をかしげねばならぬのか

何もみてないというために

その答えは 風に吹かれて

誰にもつかめない

どれほど人は見上げねばならぬのか

ほんとの空をみるために

どれほど多くの耳を持たねばならぬのか

他人の叫びを聞けるために

どれほど多くの人が死なねばならぬのか

死が無益だと知るために

その答えは 風に吹かれて

誰にもつかめない


・・もう一曲は「leonard cohenが歌っていたBird on the Wire」

でも私は35年位前にDavid Soulという人が歌っているのを初めに聴いて、とても印象深かっ

たせいか、David SoulのBird on the Wireの方が馴染みがあり好きなのです。




Like a bird on the wire,

Like a drunk in a midnight choir

I have tried in my way to be free.

Like a fish on a hook,

Like a knight from an old fashioned book

I have saved all my ribbons for thee.

If I have been unkind,

I hope that you could just let it go by.

And if I have been untrue

I hope you know it was never to you. no, no

Like a baby, stillborn,


Like a beast with his horn

I have torn everyone who reached out for me.

But I swear by this song

By all I have done wrong

I'll make it all up to you. yes I will

I saw a beggar leaning on his wooden crutch,

H called out to me, "don't ask for so much."

And a young man leaning on his darkened door,

He cried out to me, "hey, why not ask for more? "


Like a bird on the wire,

Like a drunk in a midnight choir

I have tried in my way to be free.

電線の上の一羽の鳥のように

真夜中の聖歌隊の酔っぱらいのように

私は私のやり方で自由になろうとしたのだ

釣り針に付けた餌の虫のように

時代遅れの本の中の騎士のように

あなたのためにすべてのリボンをとっておいたのだ

もし私が不親切であったとしても

過ぎたることはなかったことにしてほしい

もし私が不忠実であったとしても

それはあなたに対しての態度ではなかったことを分かってほしい

死産の赤ん坊のように

角を持った獣のように

私は近づいて来たすべてのものを引き裂いたのだ

しかし私はこの歌にかけて誓う

私が犯したすべての過ちにかけて

あなたに対してすべてを償うということを

私は木の杖に寄りかかる浮浪者に会った

彼は言った、「そんなに多く求めてはいけない」

そして薄暗い色のドアーにもたれかかる美しい女が叫んだ

「さあもっと多く求めたらどうなの」

電線の上の一羽の鳥のように

真夜中の聖歌隊の酔っぱらいのように

私は私のやり方で自由になろうとしたのだ


2曲とも歌詞の意味なんか知らないまま聴いていました。

このメロディが好きで好きで中学生のころ聴いていました。

今聴いていても胸が苦しくなるようなそして気持ちが穏やかになるような不思議な気持ちが

します。

他にも何曲もあります。

でも今日はこの2曲をあげました。

2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ