2010/7/30

FaceBookで人探し  

時々知らない方からFaceBookにメッセージがきます。

「○年前にオーストラリアに住んでいたMichiko Kasaiですか?」

とか

「子供の頃、隣に住んでいたMichiko Kasaiですか?」

とか。

そして先週、Robinという男性からこのようなメッセージがきました。

「私の母は、2才頃のあなたの写真を持っています。
私の祖父は、第二次世界大戦後、軍事裁判で弁護士をしており、2年ほど東京に住んでいました。
帰国してからも、東京で知り合ったKasaiというご夫婦とやり取りを続けていました。
その時に、あなたの写真も頂きました。
あなたのFaceBookの写真は、その幼い子とそっくりです。
あなたのご両親と祖父母の名前を教えてください。
91才になる私の母がなんとか、Michiko Kasaiを探して欲しいと言っています。」


もちろんこれは人違いです。
第一、私は結婚してKasaiになったわけだから。

そのことを告げると、今度は
「ではあなたのご主人のご両親と祖父母はどうでしょうか?」

ときました。
結局はこちらも人違いでしたが、タイガーの祖父母は東京に住んでいたことがあり、またタイガー母の姉(長女)は美智子といいます、だからMichiko Kasai。

Robinの話の年代と一致するため、『もしや・・・』と思いタイガー母に聞きました。

母は、両親から外人のお友達がいたという話は1度も聞いたことがないから人違いだと思うけど、年代的にはぴったりだね。と言っていましたがわかりません。

Robinにはそのまま伝えました。

先日ラジオで、FaceBookでの情報の豊富さと確実性に注目されている。
コミュニケーションにとどまらず、ビジネスにとっても大きな世界になっている。
と言う話をしていました。

日本人で利用しているのはざっと30万人。
パーソナリティはFaceBookを知らないと言っていました。

私はもともと英語の勉強になればという気持ちからFaceBookを始めましたが、今や私にとって、完全にコミュニケーションの場になっています。
先日のロドリーゴさん。
そして近い将来、留学でやってくるKyle君。
コンスタントに文通しています。

ただどうなんでしょう〜やはり日本人向きではないと思います。

日本にはmixiというSNSがあります。
元々の友達や、気の合った者同士が日記やコミュニティ、アプリを通じて、距離を置いてコミュニケーションするためのサイト。

Facebookのように、新しい友だちを作ったり、オープンな自己紹介をすることが、その主な用途ではないと思います。
mixiではFacebookのpokeのような(見知らぬ人にコミュニケートする)機能は制限されています。
セキュリティの心配もあり、本名や顔写真は載せないことの方が多いです。

その点でも、Facebookでは本名&顔写真は当たり前です。
だから今回の事のようなメッセージがきたりしますし、ロドリーゴとも安心して会えました。

もちろん、全面的に信用しているわけではありませんが、相手の顔写真を見ながら文通したり近況報告を読んだりしていると、気が合う合わないがちゃんと出てきます。
ロドリーゴと初対面の気がしなかったのもそのせいだと思います。

今はKyle君に会うのが楽しみ。
来年高校を卒業したら早稲田か上智大学に留学予定だそうです。

では今日もこれからFaceBookに行ってきます!

ティファニーがお世話になっているペットショップのブログです。
http://ameblo.jp/2-27-6/

7/29の日記にティーちゃんが載っていますので見てね(*^_^*)

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ