2010/7/17

いであさんの挑戦  音楽

9月にいであさんのご子息が結婚されます。
その披露宴でいであさんとお仲間が歌をプレゼントされます。

歌と言ってもただ歌うわけではありません。
お仲間がバンドを組んでいであさんがボーカルを務めます。

このお仲間がクセ者揃い。
『なんなの〜このオジサマ方は・・・』
と玄人はだしの演奏をされます。
技術だけではなく知識も玄人はだし。

玄人はだし・・その道の専門家が、慌てて裸足で逃げ出してしまうほど、素人でありながらその道に精通している。またはその道に優れた人をさす。

その中で歌うのですから、いであさんも笑っていられない。
いであさんの性格もあって、本格的に取り組んでいらっしゃいます。

昨日教室にいであさんがいらっしゃり、私はコードしか弾けませんでしたが、いであさんの歌を聴かせて頂きました。
ボーカルスクールのレッスンを4回受けただけなのに明らかに上達している!
以前聴いた苦しそうな声(ごめん)ではなく、頭蓋骨に響かそうとしている余裕の響きが感じられる。
そして時々、耳を疑うような(ごめん)張りのある素敵な声を出される。

いであさんの努力がしっかりと現れていました。

ただ、いであさんの日記にもある通り、最大の難関
「歌詞を覚える」
これがまだまだ。

私にもよくわかります。
自分一人の時には出来ていても、音が入ると一気に分からなくなってしまう。

でも練習の積み重ねしかないのです。
それも、目的をしっかりもってそれに適合した練習。
"意識"が1番大切だと思います。

今回いであさんは4曲歌います。
・All My Loving
・Sailing
・君の瞳に恋してる
・We are the world(皆さんで歌う)

少なくても3曲の英語の歌詞を覚える。

私はいであさんとは長いお付き合いです。
かれこれ20年近いです。
初めてピアノを習いにいらした時

いであさん「お酒のグラスを片手にピアノが弾けたらいいな〜と思います。」

私『あまいっ!』


これが最初の会話(笑)(いでちゃん覚えてる?)

でもそれ以来いであさんの様々な事に向かう姿勢は私に大きな変化をもたらしています。

とても尊敬しています。

いであさんとお仲間の演奏は、新しい人生をスタートさせるご夫婦の宝物となることでしょう。

★いでちゃんへ
英語の歌はごまかせます!
でもごまかすのも腕のうち。
気を抜かずにベストを尽くしてくださいd(-_☆)

また聴かせてね!
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ