2010/6/15

20.まだハーバード 5/9  NewYork&Boston旅行記

大学には3つの美術館があります。

フォッグ美術館
アーサー・M・サックラー美術館
ブッシュ・ライジンガー美術館

(アーサーとブッシュは一つの建物)

フォッグ美術館が工事をしていた為、アーサー&ブッシュの建物に収められていました。

クリックすると元のサイズで表示します

小さな美術館ですが、良かったですよ〜。
まず、人があまりいない。
小さいから、気になった作品は何度でも戻って観ることが出来る。

西洋東洋に亘り、様々な時代の作品が展示されていました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ゆっくり時間を過ごしハーバードCOOPを覗いてみるとさすが〜
本がずら〜り

クリックすると元のサイズで表示します

雑貨屋さんで夕食用にクロワッサンを2個買い、帰途に着きました。

HARVERD駅に行くとまたまた歌声が聴こえます。
上りホームに行ってみると、50代くらいの女性がマイクを立て、ギターを弾きながら歌っています。
『ああ〜さっきの「上を向いて歩こう」はこの人が歌っていたのかあ〜』

お世辞にも上手とは言えません。
でも臆することなく楽しそうに歌っている。
日本人?中国人?

と思って見ていると、同じように周りで聴いている人が話しかけました。
英語で答え、中国語で答え。
中国人でした。

驚いたのはここから。
ホームには次から次へと乗客がやってきます。
すると、電車を待っている間、女の子達が歌をバックにジルバを踊りだした!
一組二組と踊りだす。
黒山の人だかりになりました。
写真を撮りましたが、人の頭で上手く撮れませんでした。
(みんな大っきい!)

これがアメリカなんだ!

普通の学生やオバサン達がホームで踊る。
いいなあ〜、私も踊ってくれば良かった(笑)

レッドラインでPark St駅に行き、グリーンラインに乗り換えBoston univercity central駅に戻りました。
トコトコ歩いて約20分でホテル到着。

卒業式の時期のせいか、ボストン大学の前は綺麗な洋服を着た学生がたくさんいました。

そうそう!

洋服と言えばちょっとびっくりしますよ!

学生は自分の大学の名前の入ったTシャツとかヨットパーカーとかを着ています。
全員とは言いませんが、かなりの割合だと思います。
だから一目でどこの学生か分かります。

そしてこの寒いのになんで
ビーチサンダルなの??

半袖にビーチサンダル、真冬の格好にビーチサンダル・・
男も女もビーチサンダル(笑)

寒くないのぉ〜?

そう言えば、龍ちゃんもハーバードの洋服をよく着てテレビ出ていますし、コンサート後のサイン会ではビーチサンダルの時があったっけ。。。

ボストニアンは寒さに強いことだけは確かのようです。

それとRED SOCKSのTシャツを着た人の多いこと多いこと。
老若男女みんな着ている。

誇りなんですね、自分の学校。
そして地元RED SOCKS。

冷たい風に耳が痛いけど、心は温かくなってホテルに戻りました。

明日は、もう一度ハーバード大学に行って無料ツアーに参加してみよう!
上手く参加出来るか楽しみ。

そのあとは、フリーダムトレイルを歩き、クインシーマーケットだ!

・・・・・・・続く

今日はスロヴァキアフィル&辻井伸行のコンサートに行ってきます!
こちらも楽しみ!
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ