2010/6/14

19.五嶋龍、そしてハーバード大学 5/9  NewYork&Boston旅行記

ハーバードの前に、昨日放送された龍ちゃんの『カーネギーへの道』を観て。

改めて彼の魅力の根源を認識しました。
昨日の放送の中で、いくつかの質問に答えている龍ちゃん。

自分のアイデンティティーの端的な答え方。
相手のゲームに勝つという言葉で表現した自分の音楽への評価。
形あるもの無いもの、すべてが欲しい!と言い切る自信。

彼のこの思考の方向性は、すでに10才くらいの時からありました。
龍ちゃんの音楽に血が燃えるのは、こうした思考が音楽にストレートに現れているからだと思います。

自分を1番に考え、自分という人間の成長の先に真の貢献とか奉仕とかが生まれてくる。
社会奉仕は自分の成長へと返ってくる、だから「自分奉仕」なのだ。

これは龍ちゃんが以前から言っている言葉ですが、
自分がどこまで大きく羽ばたけるか、
可能性に限界を作らない


これが今の五嶋龍なのです。
その彼が創り出す音楽に魅了されないわけはない!

五嶋龍という人間を知ったことが「箱入り娘」だった私を変えた。
と言っても過言ではありません。


とても素晴らしい番組でした。

次回は7/11(日)午後2:30〜午後3:30 CS TBSで放送されます。
ぜひぜひご覧ください。
http://www.tbs.co.jp/tbs-ch/lineup/o1229.html

そしてあの場に私がいたなんて・・・
一生の宝物です。

さて、この龍ちゃんがいるハーバード大学へ行きました。

地下鉄レッドラインのHARVARD駅

クリックすると元のサイズで表示します

電車を降りると聞き覚えのある歌が聴こえてきました。

「上を向いて、歩こう〜」

そう、坂本九さんの「上を向いて歩こう」
この時は誰が歌っているのか、放送なのか分かりませんでした。

不思議に思いながら先ずは地上へ出てみることに。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ハーバードスクエア
クリックすると元のサイズで表示します

この目の前にハーバード大学があります。

Johnston Gate17世紀以来、正門として使われていました。
クリックすると元のサイズで表示します

門は9つの大門といくつかの小門があります。
本当に美しいキャンパスです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

そして

触ると幸運が訪れるというハーバード像
皆が触るので靴の先だけが金ピカ

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

実はこのハーバード像はハーバードではなく、学生がモデルなのだそうです。

この写真を撮るには、遠慮していてはダメ!
隙を見てさっと行く!

大勢の観光客がこの「隙」を狙っています。
あらかじめ隣にいた人にカメラを渡して置いて、
よし!と飛び出ます(笑)

校舎の中には入れません。

さすが〜と思ったのは図書館。
いくつかあるのですが、これも図書館。大っきいい〜

クリックすると元のサイズで表示します

ハーバードの学生がガイドをする大学無料ツアーがあるのです。
この日は時間が合わず参加出来なかったので、翌日参加してみることにしました。

構内をひと通り観て回ってから次は大学の美術館に行きました。

・・・・・・・続く
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ