2010/6/9

16.なんて素敵なボストン&ボストン美術館 5/8  NewYork&Boston旅行記

その夜、クリスティーナから電話はありませんでした。
明日の朝まで待つことにして、ベッドに入りました。
そもそも、「彼女がここに電話をする」というのは私の英語力での解釈なので怪しい。
もしかしたら全然違うかもしれない。
でもいいです。
会えても会えなくても私の旅は変わりません。

なんて静かなんでしょう。

一晩中クラクションやサイレン、人の騒ぎ声が聞こえてくるNYと打って変わって物音一つしない。

そうそう、アメリカのテレビですっかり嵌ったコメディードラマ。
3つくらいありました。
そのうちの1つ、「TWO MANS & ONE CHILD」みたいな題名だったかな?
言葉はよく分からないけどなんか可笑しい。
このドラマを見ながらベッドでゴロゴロ。(毎日のようにやっていた)

ホテルの様子からして優雅な雰囲気ですから、気持ちも自然とリラックスしています。
いつものように8時に携帯目覚ましをセットしておやすみなさい。

雷がなっています。
眠りながらでも聞こえる。
雨もかなり降っているよう。

朝目を覚ましカーテンを開けてみる。
うっひゃあ〜、すっごいどしゃ降り。
雷バリバリ。

これじゃあ街歩きできないなあ〜

少し窓を開けてみる。

寒っむ〜〜〜〜〜い((p(>◇<)q))

この雨だし、お昼までクリスティーナの電話を待ってみよう〜

・・・・・結局電話はありませんでした。
残念なような、良かったような。
というのはそれだけ時間が出来たわけですから。

彼女から教えてもらった電話番号にかけて、
「待っていたけど連絡がないので、これから出かけます。」
と留守電に入れ、外をみると止んでる。

私ってやっぱり晴女\(^o^)/

先ずはボストン美術館へ行くことにしました。

もう一度行き方を聞いてみましたが、昨日と同じく
「タクシーで行きなさい。」でした。

クリスティーナ・ローグンから電話があったら私の携帯にかけるようにフロントに言付け出発。

取りあえず行きはタクシーを使うか・・・

「Boston museum please.」

じゃ、通じませんよ!

正しくは
Museum of fine arts,Boston

10分くらいで着きましたが、いくらか忘れましたがチップがあるから結構高い。

人も少なくしっとりと落ち着いた美術館に夢心地。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

入り口
クリックすると元のサイズで表示します

ヨーロッパ絵画エリア
クリックすると元のサイズで表示します

ギリシャエリア
クリックすると元のサイズで表示します

昨年夏、東京で観たゴーギャンの傑作
「我々はどこから来たのか 我々は何者か 我々はどこへ行くのか」
再会しました。
感動。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

そして見事だったのはやっぱりここでも仏様方。
どんな美術品も仏像には敵わないとさえ思います。
しばらく椅子に座りじっとお顔を眺めてきました。

ゆっくりと鑑賞した後、節約のためレストランではなく、地下のセルフサービスのカフェで昼食。
雰囲気としては学食みたいかな〜

地図をみると、近くにグリーンラインという地下鉄が走っている。

クリックすると元のサイズで表示します

2つ隣の駅がシンフォニー駅。
そう、憧れのボストンシンフォニーのあるところ。
小澤征爾先生がいらっしゃる時に行きたかったー!

次の目的地はシンフォニーホールを見ること。

外に出てみると雨上がりの独特な匂い。

湖や川が近くにあるわけではないのに、こうして歩いている。
クリックすると元のサイズで表示します

ああ〜このアカデミックな雰囲気、なんて素敵!

歩きながら落ち着いて周りを見ると電車だ!
しかも緑色。(地下鉄ですが、地上にも出る。)

クリックすると元のサイズで表示します

ボストンの電車は、Govemment Center に向かうのがinbound
離れるのがoutboundとなっているので分かりやすい。

上り電車ホームに行き券売機を探す。探す。探す。無い。

近くに学生らしい男の子がいたので聞きました。
すると彼は、
「キャッシュで2ドル払って乗って、シンフォニー駅でチャーリーカードを買うといい」

と教えてくれました。

そして無事、シンフォニー駅に着きました。

・・・・・・・続く

明日はお休みします。
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ