2010/6/5

13. ニューヨーク最後の日 5/6  NewYork&Boston旅行記

メトロポリタン美術館、クライスラー、ックフェラーと周って、次に行ったのがグランドセントラルステーション。

かつてのテレビドラマ、田村正和主演の「ニューヨーク物語」の記憶がよみがえります。

外国の駅って私の中には「ちょっと物悲しい」イメージがあります。
昔、ブタペストの駅に行った時の第一印象は、「人生の終着駅」(笑)
言い方を変えれば、趣があって素敵!なのかもしれませんけど。

このグランドセントラルステーションは「終着駅」的な雰囲気はなくとても美しい。
天井には星座の絵。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

写真を撮ってる方も結構いました。
ちなみにここからボストンへは行きません。

駅を後にして、次はセントラルパーク側にある自然史博物館。
「メトロポリタンの側にあるからさっき行けば良かったのでは?」
と、地図をみると思うのですが、そこが行ってみないと分からないこと。
かなり歩くか、よくわからない路線バスしかない。

それよりもUの字に地下鉄やバスを使った方が効率が良いのです。

さっそく地下鉄@とD(もう乗り換えまで出来ちゃうんだもんね〜)を使って向かいます。
ニューヨーカーのようにスイスイと地下鉄に乗って間違えた_| ̄|○

59丁目でDに乗り換えるまでは良かったのですが、うっかり急行に乗ってしまった。
81丁目で降りたいのに、ドンドコ進んで103丁目とかになってる。
でも停まらない。
腹を据えたところで停まった。
はっきり覚えていませんが、今地図を見ると125丁目あたりまで行ったようです。
ハーレムですね。

クリックすると元のサイズで表示します

ホームに降りるとガラっと雰囲気が違う。
ホームの至る所にゴミが落ちていて、すべてが汚い。
更に黒人が(しかもヤバ系に見える)多い。

初めて「怖い」と思いました。
白人の女性のそばで電車を待ち、ようやく乗った時はホッとしました。

無事81丁目で降りると駅から自然史博物館に繋がっています。
時間は4時に近かったので空いていました。

ここは恐竜、マンモス、地球上のあらゆる生物、そして宇宙に関する物が展示されています。
とても面白い。
正直、あと3日欲しい。
そうしたら、ここもメトロポリタンももっと楽しめるのに〜

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

閉館時間が迫ってきたので、外に出ました。
まだまだお昼のような明るさと暑さ。

・・・・・ずっと考えていたことがありました。
それはワールドトレードセンター跡に行くべきかどうするか・・・・・

気が進まなかったのですが、やっぱり行くことにしました。
観光ではなく手を合わせに。

地下鉄で20分くらいです。
ありふれた工事現場です。
でも違う。
あの悲劇を鮮明に思い出します。
なんて酷いことを。

改めて胸が痛みました。
手を合わせ帰途に着きました。

夕飯は昨日と同じ「HAMAKATSU」
私が「ざるうどん」を食べるのを見て

北島康介似のチャイニーズの子「冷たいうどんは美味しいですか?私は食べたことがありません。私の国では食べません。」(日本語+英語)

私『美味しいよ。一度トライしてみてね!』


満足してホテルに戻り、鏡を見る・・・(@_@;)・・無い!

ピアスが片方無い!
しかも、1度失くしてこの前買いなおしたヤツ。

もうもうショック・・あっ、もしかして。

HAMAKATSUのレシートを出し電話をかけました。
私『日本語が出来るスタッフはいらっしゃいますか?』

「もしもし、うのと申します。」

{良かったー日本人だあ〜}心の声

ピアスが落ちてなかったか探して頂くようにお願いして、5分後に電話すると
「ペラペラペラペラペラ〜」
どうやら見つかったみたいなのです。

と、うのさんが電話口に出て、
「ありました。良かったですね、どこにお泊りですか?お届けいたします。」

ああ〜なんて親切な方。

ホテル側の交差点で待ち合わせる事にしました。
本当に有難かったです。

NYに来て、ほとんど日本語を話していなかったので気持ちが和らぎました。
時刻は9時に近い。

いよいよ明日はボストンへ向かいます。

やっと慣れてきて、地下鉄もバスも自由に乗れるようになってきたと思ったらもうニューヨークを離れなければなりません。
もっといたかった。
せめてあと3日。
名残惜しいです。

荷物をまとめてからベッドに入りました。

明日は11時発のアムトラック(中距離電車)です。
ニューヨークにはもっといたいけど、ボストンは昔から行ってみたかった街。
初めてボストンシンフォニーオーケストラを聴いたときから。
そして今は龍ちゃんがいる(笑)
                  ・・・・・・・続く
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ