2010/5/31

今日は演奏会の事を書きます。  Ryu

今日は昨日のコンサートについて書かせて下さい。
『五嶋龍&ファビオ・ルイジ:ウィーン交響楽団』

記憶に残る演奏会の一つになりました。
なんと素晴らしい、全くもって言葉が見つかりません。

まず、初めにオーケストラ
【ブラームス大学祝典序曲】
深みのある雄大な響き・・・これはっ!!!ベト7に期待が持てる。

そして龍ちゃん登場
【ブラームス:ヴァイオリン協奏曲】
カーネギー(カーネギーではブルッフ:ヴァイオリン協奏曲)でも感じたのですが、今回はっきりと感じました。

龍ちゃんの音楽が変わりました。

これまで時々荒削りな所もあるけど、若さいっぱいのパワー溢れる瑞々しい演奏をしていた龍ちゃん。
カーネギーも今回も「荒削り」が無い!

音の響きを更に極め、隅々まで丁寧に歌いこんでいる。
音が色っぽ〜い!
それでいて持ち味の瑞々しい若さ溢れる男っぽい演奏。
静・動共に見事な演奏。
アンコールのパガニーニアーナ。
完ぺきな超絶技巧とロマンチックさ。

もうもうもう〜〜〜どうにかして〜〜
あまりの素敵さに倒れそうですハート(笑)

そして今回、それだけではなかったのです。
このファビオ・ルイジ:ウィーン交響楽団の
【ベートーヴェン:交響曲第7番】

「のだめ」をご存知の方にはお馴染の曲。
もともと人気の高いこの曲を、私は生でこれまで4,5回は聴いていますが、驚くべきテンポでの演奏でした。
そう、凄い速さの演奏、特に4楽章。
目の回るような速さなのに、躍動感、深みのある響き、ダイナミックス・・
言い表す言葉がありません。

本当の話、私は聴きながら指揮をしたくなりました。
ちらっと斜め前をみると、手元で指揮をしている方がいる。
全身の血が大騒ぎ!
叫びたくなるような衝動にかられました。

この演奏会、チケット代がとても高かった。
でも大大満足。
なかなか出合えない素晴らしい演奏会でした。

昨日は2時からの演奏会でした。
かぶさん、myuさんもご一緒だったので、夕方から浅草に行き仲見世をブラブラしながらお参り。
美味しい釜めしを食べて帰ってきました。

龍ちゃんのファンで幸せです。
本当に幸せな1日でした。

明日は旅行記の続きです。
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ