2010/5/17

1.トロントで大慌て  NewYork&Boston旅行記

5月2日17:00、予定通り成田空港を出発しました。
座席はもちろんエコノミー。しかも3列の真ん中。トイレが心配・・・

トロントまで12時間の間、期待でいっぱい。
これまた予定通り、現地時間15:50に到着しました。
荷物がなかなか出てこない。
イライラドキドキ。。。
やっと出てきて、さあ〜と思ったら、税関が長蛇の列。
しかものんびりのんびり。
おまけに申告書の書き方が違うと言われ、ここでも大慌て。
NYまでの飛行機出発時間は17:15。
時計を見るとすでに17:20。

『大丈夫なの?』と時計を指差し訴えても知らん顔。
ようやく税関を抜けたと思ったら、アメリカ入国のセキュリティーチェックは本当に厳しかった。
10本すべての手の指の指紋を取り、鞄を開けたり靴を脱ぐのは当然。
こちらは問題無くOK!

さあ〜〜〜〜〜どこいったらいいの〜。
ゲートナンバーはチケットに書かれてないので電光掲示板を探しチェック。

重い荷物をゴロゴロと転がしながらようやく乗り継ぎ機のゲートに到着。
すると
受付のオバサン「大丈夫だから水を飲んできなさい!」
私『水はいいから、大丈夫なの?』
オバサン「水飲んできなさい!GO,AHEAD!」


しぶしぶ水飲んで戻ってきて何気にボードをみると、出発予定時刻が30分遅れになっている。
見ているとどんどん遅れていく。
他の乗客も間に合わないわけなのです。
結局、1時間遅れでNYラガーディア空港へ向けて出発。

約1時間遅れの19:30頃到着。

いよいよ着きましたよ〜NYにヽ(^o^)丿
荷物も無事出てきてターミナルを出るとむあ〜と暑い。

ホテルを廻るシャトルバスにするかタクシーにするか迷っているとちょっとキタナイおじさんがやってきた。
おじさん「ホテルまで送るよ、おいで」
私、{げっ、怪しい}と思いながらオジサンの車を見ると、お金持ちっぽいご夫婦が乗っている。そこで
私『いくら?』
オジサン「25ドル」


シャトルバスやタクシーよりも安かったので乗りました。

カーチェイスですよ、カーチェイス。
大げさでなく信じられない乱暴な運転。
私は助手席で、両足つっぱらかして手で身体を支え、ヒェ〜の連続。
後ろを振り返ると外人のオバサマ、両手を広げヤレヤレのポーズ。
それでも無事に7番街にあるホテル「パークセントラルニューヨーク」に着きました。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

                           ・・・・・・・続く
1

2010/5/15


昨日の午後3時に無事成田に着きました。
重複しますが、この2週間本当に長かったような短かったような・・・

体調を崩した時はくじけそうになりましたが、皆さんの温かい励ましのコメントに助けられました。
有難くて泣けてきました。
ここに改めてお礼申し上げます。
本当に有難うございました。

楽しいことがいっぱい、今考えると困ったことや辛かったことは無かったように思います。
でも、今すぐまた行け!と言われたらイヤだな〜(笑)

先ずは月曜日から詳しく旅行記を書いていきます。
少しずつにしますので、何日かかるか分かりませんがぜひぜひ読んでください。

時差は13時間、距離と時間の違いだけ文化の違いが大きいです。
日本は本当に素晴らしい国、アメリカは気を遣わないラクな国。

信じられない乗り換えの様子から龍ちゃんのカーネギーデビュー、エアコンが壊れたり、トイレが詰まったり、アメリカ人に道を聞かれた話など、出来るだけ細かく様子を報告いたします。

では月曜日に!
1

2010/5/14

帰ってきました!  NewYork&Bostonひとり旅

今日夕方帰ってきました!
ブログにたくさんのコメント、本当に本当に有難うございました!

少しずつ今回の旅行記を綴っていきます。
また写真も整理でき次第アップします。

とりあえず今日は寝ます。
明日から仕事頑張ります\(^o^)/
0

2010/5/13

あっという間のような長かったような  NY&Bostonから

ヒルトン・ボストンローガンエアポートホテルに移りました。
さすがに素晴らしいホテルで、空港までの行き来のサービスはすごいです。
今日は曇りでしたが、ボストンハーバーミニクルーズに参加しました。まあまあかな。

明日朝、8:55の飛行機で帰国します。
あっという間のような長かったような不思議な気持ちですが、皆さんのコメントに支えられ頑張れました。
これまでの日記はIndexです。帰りましたら詳しく詳しく旅行記を書きます。
早く皆さんに会いたいです\(^o^)/
0

2010/5/12

明日帰国  NY&Bostonから

昨日行ったガードナー美術館、大変素晴らしかった!ガードナー夫人が住んでいた家そのままが美術館になっています。お庭も見事。家の中に小さなコンサートホールもあります。ただ写真禁止が残念。午後はポールリビアゆかりの地を巡り、もう一度トリニティ教会へ行きボーとしました。

長かったように思った旅行も今思うと夢のようにあっという間です。いよいよ明日帰国。
ボストンからはあと一回日記を書きます。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ