2010/1/5

私の冬休みpart2 龍ちゃんコンサート  Ryu

6時開場の宗次ホールに到着。
宗次徳二氏が入り口でお客様のお出迎えをしていらっしゃいました。

宗次氏は丁寧にご挨拶をしてくださり、私も感激!
相変わらず腰の低い、いい方だわあ〜。
5月の龍ちゃんカーネギーに行かれるかはまだ分からないそうですが、「行きたい。」とおっしゃっていました。
NYで会えるといいですねえ〜とか話しちゃったりしててへへ〜

【今回の龍ちゃんのプログラム】
ディニーク:ホラ・スタッカート
ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ第10番ト長調
ブラームス:ヴァイオリン・ソナタ第1番ト長調「雨の歌」
ショーソン:詩曲

アンコール
サラサーテ:ツィゴイネルワイゼン
クライスラー:美しきロスマリン


1曲目のホラ・スタッカートはまるでホラー・スタッカート
何じゃこれは・・というようなスタッカートの超絶技巧。
弓を1回引く間に、いったいいくつの音符がスタッカートで奏されるのか。
楽しそうに弾いていました。

そして圧巻がショーソン:詩曲とサラサーテ:ツィゴイネルワイゼン
ショーソン:詩曲はマイナーな曲ですが、一言で言うと官能的。
どこまでも落ちていくようなピアノの前奏とバヨリンの冒頭はずっし〜んと心に入ってきます。
徐々に渦巻くようなメロディが激情的に現れてきます。

深く濃厚な静と情熱的な動、そして潮が引くようなPPP(極弱い音)

龍ちゃんにぴったりの曲だと思いました。
アタクシ・・・・・おとされました(爆)

生では2回目のツィゴイネルワイゼン。
もんのすごい速さ。
今まで聴いたあらゆるツィゴイネルワイゼンの中で1番速かったですね。
でも細部まで鮮明正確。
素晴らしいの一言。

そして忘れてはならないのが、ピアニストの鳥羽亜矢子さん
私、この方のピアノとても好きです。
上手い!本当に上手い!
龍ちゃんとも息がぴったり合って、素晴らしいです。
ツアーの時の伴奏をされているピアニスト:マイケル・デュセクさんよりも上手いと思っちゃいました。

あっという間の約2時間でした。
そのあとはサイン会。
真夏のような半袖Tシャツで現れた龍ちゃんは、一人ひとりに笑顔でサイン&握手。

私にも「ありがとうございます!」って笑顔で握手してくれました。

なのに〜〜〜

覚えてないの、思い出せないのよおおお〜、龍ちゃんのお顔を。
ずっと見ていたのに・・ずっと見ていたのに・・

目の前で龍ちゃんがニコってしてくれた瞬間に舞いあがってしまって頭真っ白。
ああ〜でも龍ちゃんのお手手の感触は覚えていますはう〜ん

いつもそうなんです。
その時はしっかり穴の開くほど見ているのに、後になってみると思い出せない。

これが乙女心ってものなのねえ〜(笑)

ということで、昨年も最高に素敵な年末を過ごしました。
感謝感謝です。

翌日、優雅に朝食をいただいてから帰京。
大みそかを迎えたのでした。
クリックすると元のサイズで表示します

1日は河西家新年会を品川のホテルで楽しみました。
今回は私の母も招いてくれて有難かったです。
そして3日はマラソン応援と初詣。
氏神様にお参りに行ったら獅子舞をやっており、頭を噛んで頂きました。
今年もバッチリ良い年になることでしょう
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

私の冬休みはまだまだ続きます。
明日はまたまたコンサートに行きます。
(ご報告は8日にします。)

さあ、これからFaceBookにいきます。
メールやコメントをいくつか頂いているので、これから英語に浸ります。
YE━━━━━━ d(゚∀゚)b ━━━━━━S!!
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ