2009/5/23

指のトレーニング  練習

私の好きなヴァイオリンソナタの1つに
サン=サーンスのヴァイオリンソナタがあります。

特に第3楽章を聴くと、血が燃える!
聴くたびに血が燃える(笑)

そして同時に伴奏に耳が行く。耳
それは、伴奏がスケール(音階)の連続で出来ているからです♪x3

どんな楽器も、歌も、音階を美しく弾くのは大変に難しいのです。
真珠を散りばめたように音の粒を揃え、淀みなく流れるように演奏される音階は美しいです。
でも本当はこれは至難の業。
楽器をいじったことのある方はお分かりだと思います。

音階は基本且つ、目標でもあります。

このサン=サーンスのヴァイオリンソナタ第3楽章は、ヴァイオリンもピアノも最初から最後まで超速で一気に演奏されます。

前々から気になっていたこの伴奏、意を決して昨日楽譜を購入しました。

どうして意を決さなければならないか・・・
ヴァイオリンの楽譜は高いのです

ピアノ譜の3倍近くするものもあります。
(このサン=サーンスも3倍◎o◎

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

楽譜を見ると、この音階達、妙に弾きにくい。
指使いをしっかり考えないと出来ない。

これは・・・・・・・・・
いいトレーニングになるぞ!

指のトレーニングの教材はたくさんありますが、つまらない。
でも好きな曲ならばやる!

ちょこちょこ練習して、
龍ちゃんのバイオリンDVDに合わせて弾いてみよっかなあ〜´з`

弾けたら快感になりそう○

4



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ