2008/3/5

TANTO クラシック  音楽

昨日はプレミアムモルツさんと一緒に池袋にある
「東京芸術劇場」に行って来ました。

日本テレビで放送している
「TANTO クラシック」
http://www.ntv.co.jp/tanto/
という番組の公開録画にプレミアムモルツさんが応募して当たったのです。
そして誘って頂いたのです。

プレミアムモルツさん有難うございました。

6時に芸術劇場の長〜〜〜〜〜いエスカレーター(ご存知ですか?)で待ち合わせ。
お得で美味しいセットを食べた後ホール内に入りました。

見覚えのある古市幸子アナが出てきて演奏者の紹介、コンサートが始まりました。

曲目は
・ベートーヴェン:ヴァイオリン協奏曲 ニ長調
・ドヴォルザーク:スラブ舞曲集 第1集

指揮:下野竜也
Vn:コリヤ・ブラッハー
読売交響楽団

ベトコンは大好きな曲の1つです。
胸が苦しくなる曲の1つと言ってよいでしょう。

一時期凝って、毎日聴いていた事があります。
協奏曲(コンチェルト)にはカデンツァというものがあります。
このブログでも何度も出てきているのですが、もう1度説明しますと、
【器楽の協奏曲の楽章の最後に設けられる、ソリスト(独奏者)が技巧を誇示するための部分。】

今回の演奏はこの「カデンツァ」がとても変わっていました。
大抵の場合、カデンツァはソリスト1人で弾きますが、昨日のは大太鼓が一緒だったのです。

ヴァイオリンと大太鼓でのカデンツァはなかなか面白かったです。

このカデンツァはベートーヴェン期では作曲者本人が作ったものではなく、別の色々な人が作ったりします。
なので何種類もあります。
今回のはちょっと派手めでしたね。良かったですよ。

スラブ舞曲も8曲続けて聴く機会はあまり無いのでドヴォルザークらしさを味わいました。

一昨日といい昨日といい、とても幸せな時間を過ごしました。
感謝しています。

さて今日は久し振りに午前中は時間があります。
忘れていた心電図の結果を聞きに行ってきましょう。
ついでに高血圧の薬も貰ってきましょう。
ああ、一気に現実
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ