2007/5/4

ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン  音楽

5/2〜5/6までの「熱狂の日 音楽祭」
ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン
にプレミアムモルツさんと行ってきました。

聴いてきた曲目は
1.ドビュッシー&スクリャービン(ピアノ)

2.シベリウス:ヴァイオリンコンチェルト

3.フォーレ:レクイエム

プレミアムモルツさんは2ではなく「ラプソディ・イン・ブルー」

この音楽祭、ニュースでも取り上げられたりアニメ「のだめ」効果もあり大混雑でした。

クリックすると元のサイズで表示します

野外で音楽が始まると踊り出す外人

クリックすると元のサイズで表示します

この混雑の中、Anneさんご家族ともお会いいたしました。

お昼は「ごはんカフェ」で「特別ご膳」
本当に特別でした。
安くて美味しい!びっくりです。これで1500円・・しかも1割引いて1350円。
満足。

クリックすると元のサイズで表示します

さて音楽はどーだったかというと

1.のピアノ
なかなか良かったです。ドビュッシーは柔らかく、スクリャービンは力強く。
でも1番驚いたのは、45分間10曲ぶっ続け。
曲と曲のインターバルも拍手をさせない演出?
ピアニストは手を膝に戻さず、宙に浮いたまま。

疲れただろうなあ〜が1番感じた事です。

3のフォーレのレクイエム
レクイエムの名の如く、たんたんと厳かに、大変美しく仕上がっていました。
名匠コルボ健在という感じでした。
でもちょっと物足りないかな・・・。

そして私の大好きな2のシベリウス:バヨリンコンチェルト
シベコン大好きで小うるさい私は思わずひっくり返りそうになりましたよ。

全部を通して【あまい(about)】な音程。
フレーズ処理も指がおぼつかず、おまけに時々弓が弦を上滑りでヒ〜〜(笑)

あげくに3楽章の一部、違う事弾いちゃったよ(ノ_-;)ハア…
(忘れたか、間違ったか)

こ・これがシベコン???( ̄Д ̄;)

才能・・神様から与えられた才能、どうにもならないのでしょうか・・・

身体をイナバウアーの如く反らせ(かなりの背筋の持ち主とみた)、ツイストのように膝を左右に移動しながら頑張ったヴァイオリニストでしたが・・・
そしてオケも締まりのない演奏。
指揮者が女性で期待したのですが・・・。

終わった瞬間ブーイングがでるとちょっとビクビクしていたら

ブラボー!

えっ、え〜〜〜〜〜Σ(゚д゚;) ・・(`□´/)/ ナニィィイイイ!!

・・・・・・・・・・・・

「広く一般の方にもクラシックを見直し、楽しんでもらいたい」
との趣旨の音楽祭。
とっても良いことだと思っています。

今までシベリウスを聴いた事がなかった方々もこうして聴いて、クラシックを見直してくれる。
このような音楽祭がもっともっと浸透して、いろいろな演奏家のコンサートに行くようになるといいなあ〜と思います。

あー、それにしてもRちゃんはやっぱり凄い!またこれ


そして驚いた事といったらプレミアムモルツさん手作りのバッグ。
手作りですよ、このバッグ。
売れます!

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

これこそブラボー!です。

フォーレでビバ・イナバウアーも合流し夜は3人でベルギービール店へ。
お目当てのムール貝やフライドポテト。
「天使の海老」も美味しかった!

クリックすると元のサイズで表示します
ムール貝
クリックすると元のサイズで表示します
イナバウアーの手
クリックすると元のサイズで表示します
天使の海老

帰る時は店員さん
「有難うございました。・・ウィ、シブブブレ」

笑いました。

本当に楽しい1日でした。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ