2006/9/26

調律  

昨日は調律をしていただきました。

調律さんとは約25年の付き合いです。
本当は作曲家なんですが、作曲じゃ食べれない?(ごめんなさいm(*- -*)m)
でもモスクワ音楽祭なんかに呼ばれたり、雑誌の批評なんか書いちゃってます。
ユンディ・リや、私の大嫌いなフジコ・ヘミングなんかの調律もする事があります。

私のピアノは自分で言うのはなんですが、とても良い音です。
でも古くなってきたので高音部の響きがキャンキャンぽくなってきました。
弾いていて気になって仕方がありません。

昨日もその事を訴えました。
高音のキャンキャンさを抑え、尚且つ温かみのある音にして下さい!
低音は深みのあるボ〜ンと響く音にして!
全体に重厚感のある音にして下さい。


私の要求を聞き、調律さん
「昭和55年前後に一生懸命練習した人の要求ですね。音の要求でその方の勉強した年代がわかります。」

私・・・( ̄Д ̄;;


変わった方ですが腕がいい。
どちらかというと学者肌。
初めてお願いした時に「442サイクルでお願いします。」な〜んて言っちゃったら「あのですね、ピアノの響きというのは・・中略・・弦と合わせたり、広いコンサートホールで弾く場合はいいですが・・中略・・だから440サイクルが一番美しいのです。波長はですね・・・」

参りましたね、(━_━)
延々1時間は続きました。(笑)


凄い要求があるそうです。
【赤道直下の国の5月の明るさ】のような音(大笑)

分かるけど、ちょっと恥ずかしくて言えないですよね。

【深みがあり哀愁を帯び、時として軽やかに、温かみがあり、シャープで洗練された色彩感のある音にして下さい!】とでも言ってみますか!(笑)

調律って単に音の狂いを直す事だと思われていますが、音色を作るのも大きな仕事なんですよ。

以前、誰だっけかなあ〜、ピアノのコンサートに行った時、開場時間になっても入れてくれない。
調律が終わってないという事。
どうやらピアニストがクレームつけたみたいでやり直しているらしい〜
30分以上遅れての開場でした。

一昨年、松尾ホールで弾いたピアノ、忘れられません。
開場直前まで調律してくださり、休憩時間にももう一度調律。

弾きながらうっとりしちゃいました。
ピアノの中を見ながら弾いちゃいましたよ。
あんなに弾きやすくて、美しい音は初めてでした。
いつもあんなピアノを弾いていたらひょっとして上手くなるかも・・・o(*^^*)o

昨日の調律で良い音になった私のピアノですが、まだ練習してないの(;;)
調律に3時間かかっちゃったので、生徒さんのレッスンの時間になっちゃいました。
小さい子がレッスン後に「ねこふんじゃった」を弾いてるのを見て、泣きたくなりました(笑)
「あああ〜、お母さん早くこの子のお迎えに来て〜」(泣)


今日も練習出来ないです。
これから病院に行きますが、待つから午前中はダメ。
午後は1:30からレッスンが始まります。

明日練習します。
久し振りに練習が楽しみです!♪o(^o^o)(o^o^)o♪

【月曜日】
朝・・コーンフレーク10g(薬を飲む為にちょっと食べた)
昼・・ご飯、焼き魚、お味噌汁
夜?5時・・おにぎり1個
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ