2006/8/23

1960.8.23生まれ  

1960年8月23日、北海道紋別市で生まれました。
(ヤクザもんの町ですね。)
その頃、父は学校の先生をしながら、夜はヤクザ(暴力団ではない)の流し(ギター片手に酒場をまわる歌手のようなもの?)にギターを教えていたそうです。

なので私が生まれた時は、「〇〇組」とか「〇〇一家」から花輪が届いたとか(笑)

花柄の着物の袖をみてニヤニヤ笑う赤ん坊だったそうです。
母の証言
・泣かない子
・ここに居なさい!といったら絶対に動かない子
・石鹸を食べた
・池に落ちた
・おしりから虫が出た


その後父は楽団を持ってダンスホールやテレビ等に出たりする事になるのですが、
・・・父はドラム、ギター、トランペット・・なんでも出来ました。作曲もしていたみたい。手書きの楽譜がたくさんありました。ドラムとギターは聴いたことあります。
かなり上手かった・・・

グレン・ミラーなど音楽が鳴っているとスヤスヤ寝ていて、音楽が止むと起きる子で、
初めてのおもちゃが、赤いピアノのおもちゃ。

お気に入りで、その上にオシッコするほど離れなかったとか(笑)

父が全く違う職種(興信所)を始めた為、東京にやってきましたが、
幼稚園に入る前は、近所の男の子に石を投げる乱暴者。でも幼稚園ではお友達の輪の中に入れず、ポツンとしていた軟弱者。
おまけにガリガリで(笑)直ぐ脱臼していたひ弱者。

小学生では、音楽と体育だけが得意な勉強しない典型者。
ある日、音楽の時間に先生が弾いてくれた幻想即興曲を聴き、
「世の中にこんな素晴らしい曲があるのか!!」とビックリ。
レッスン曲をほったらかして「幻想」ばっかり練習していました。

中学から音楽に進みましたが「井の中の蛙」
自分は上手い!と思っていましたが、一番ヘタでした。
ビバ・イナバウアーと出席番号が隣で仲良くなり、よくイナバウアーをいじめていました。
ごめん、イナバウアー。ホントにごめん。

大学で恩師水野喜生子先生に出会い、音楽観が変わり、真剣にピアノに取り組むようになりました。
でもピアノが好きだ!と思うようになったのは卒業してから。

結婚式での先生のスピーチ
「美智子さんは卒業されてからよく練習をされるようになり・・・」(笑)

暴走族と見紛うようなタイガーと結婚し、皆様とも知り合い幸せなまま今に至っています。

その間に父が亡くなったり、尊敬する恩師が亡くなったりとありましたが、
人生いろいろあって当たり前です。

いつも思っている事があります。
・人には親切に。
・私の使命はピアノを練習する事。

この2つをちゃんとしていれば、幸せである!と。

こんな私ですが、これからも仲良くしてくださいね!
どうぞ、宜しくお願い致します。m(._.)m
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ