2006/7/4

五嶋龍コンサートVとP.S  Ryu

昨日はサントリーホール。
myuさんと早い時間から落ち合って銀座でおしゃべり。
話題は龍ちゃんオンリーかと思いきや、いろいろなお話をしました。
音楽の話、観客の話、自分の時間の話・・・。

ただ笑っちゃうのは、二人ともこの日を迎える為にいかに緻密な計画を練ってきたか(笑)

まずは家族の協力をいかに気持ち良く取り付けるか。
そして当日面倒事が起きない様にひたすら願い、用意周到に準備を進めておく。
それから健康管理。
特に食中毒は恐い!
風邪だったら這ってでも行けるかもしれませんが、食中毒は行けません。

気を付けましたよ!
危険性のある物は食べない。私なんかなま物はもちろん『えびバーガー』でさえ食べなかった。(笑)

myuさんは東京まで片道3時間かかる。
私以上の計画を立て昨日に望んだ事でしょう。(笑)

さて昨日の龍ちゃんの演奏は・・・

初めからエキサイティング!
今まで私の行った3回の中では1番の出来かも。
龍ちゃんの演奏はリズム感、メリハリが抜群。
それが昨日は更に見事でした。

会場で会ったビバ・イナバウアーへお願いし、彼女の1列目と私の席13列目を交換してもらいました・・・音は13列目の方が良いと思う・・・
でも近視の私には近い方が(笑)
1番端でしたが、さすがサントリーホール!
音響良いですよね。ホント綺麗に聴こえました。

昨日のコンサート、ドイツグラモフォン、TBSが録音録画収録に来ていました。席から舞台そでが見えましたが、龍ちゃんがそでに下がった時もカメラが回っていました。
ドイツグラモフォンは機材をドイツから空輸してきているのです・・・
という事は
・・嬉しい予感!!!ライヴDVD!!!

私はこれまで数え切れない程コンサートに行っていますが、
スタンディングオーベーションを見たのは龍ちゃんが初めてでした。
本当に素晴らしい血の騒ぐ演奏でした。

コンサート終了後、またまた楽屋口へ。
地下の駐車場にあるのでその暑さたるや見事でした(笑)

ところが、マネージャーさんが出てきて、今日は「フォト&セッション」がある為、何時に出てこられるか分からない、との事。
「10時は絶対に過ぎます。この暑さの中、お待ち頂くのもかえって申し訳ないので・・・」

だれも帰りません(笑)
私はmyuさんの電車の時間が心配でしたが、終電覚悟のmyuさん。
頼もしい限りです。10時半まで待とう!という事にしました。
・・・が、10時ちょっと前に出てきてくれました。
待ってるファンの為に途中で来てくれたみたい。

疲れている様子でした。
龍ちゃんは疲れるとかわゆいお顔に吹き出物がでるのです。
(数年の龍ちゃんチェックで分かった(笑))

30日の横浜ではすべすべお肌だったのに、昨日は赤いものが。

そりゃあ、疲れますよね〜
時々中休みがあったってせいぜい1日。
毎日日本各地を移動しながら演奏、取材、収録。
いくら若くてもものすごく疲れてると思います。

でも『今度はいつ会えるの〜』と思っちゃうと行ってしまうのですよね〜楽屋口。
自己嫌悪に陥りながらも行かずにはいられない。

今日もまた行ってしまうでしょう・・・

「またいる」なんて思われないかしら(笑)

ううん、(( ( ̄  ̄*)(* ̄  ̄) ))きっと「たくさん来てくれて嬉しい!」
と思ってくれる!と良い方に考えます。


でも心配、大丈夫でありますように!
(*・人・*) オ・ネ・ガ・イ♪

P.S
コンサート後、音楽・スポーツ評論家の玉木正之さんを見たので、かれのHPを見ると、書いてありました。昨日の事

http://www.tamakimasayuki.com/

最後に客席に向かって「グッ」とこぶしを握りガッツポーズ!
カッコイイ〜
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ