2006/6/10

エチュードOp,25 Nr12  音楽

ショパン  エチュードOp,25 Nr12

両手のアルペジオの練習曲。
音の大波が恐ろしい暴風雨の後で、大洋のまんなかで、大きなうねりをなして、上がったり下がったり動揺している、そのような感じの曲。
したがってこの曲は「大洋練習曲」というあだ名を持っている。
・・・・・・・・・・・・名曲解説全集より


とまあ、こんな曲ですが、これを弾いてるとショパンってホント『天才』と思います。

だって、両手ともアルペジオのみ。
旋律も伴奏も無い・・・
ゆっくり弾いてると不協音の連続ですが、速く弾くとメロディが現れて来る・・・
ところどころに付いているアクセント記号がメロディになるのです。
カッコイイ!
ショパンって凄いです。


自分の教室の発表会と、明日の会と時間的な関係で同じ曲を弾けなかったのはちょっと辛いものがありましたが、大好きな曲なので頑張ります。

この半年、体調の事もあり例年になく苦しかったですが、明日が終われば楽しい事だらけ。

私らしく弾けるように・・・
3分間の勝負です!
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ