2017/8/11

石田泰尚 in 宗次ホール その1(ひつまぶし編)  音楽

名古屋の宗次ホールに行ったのは何年ぶりでしょう。
CoCo一番館創業者の宗次徳二氏が代表を務めるNPO法人イエローエンジェルhttp://www.y-angel.jp/から、五嶋龍さんがストラディバリウスを貸与されている時は毎年行っていましたが、今は別のヴァイオリンを使用しているため数年前から宗次ホールには来なくなってしまいました。
このホールはこじんまりとしていますが、本当に素晴らしい響きをもつホールなのです。
その中で、ホールのオーナーでもある宗次徳二氏とは色々な御縁もあり、私には懐かしい方になっていました。

今回は神奈川フィルハーモニー管弦楽団ソロ・コンサートマスター石田泰尚氏のコンサートに伺いました。
風貌とはかけ離れた美しい音と、惹きつける力を持った素晴らしいヴァイオリニストです。

クリックすると元のサイズで表示します

ずっと、石田さんの演奏を宗次ホールで聴きたいと思っていたのでした。
念願叶い、8/9に名古屋へ。

8:57発の新幹線。
クリックすると元のサイズで表示します

なんでそんなに早く行ったかというと、ひつまぶしを食べるため。
あつた蓬莱軒のひつまぶしを食べるために並ばなければなりません。
11時開店には間に合いたかった。

あつた蓬莱軒
http://www.houraiken.com/

本店が休みなので松坂屋店。

さて、名古屋駅に着き地下鉄東山線で栄(2駅)→名城線で矢場町(1駅)に乗って直行!
11時丁度に到着・・・・・・・・・
フロアにはすでに1周の列ができている_| ̄|○
(見えないところにもたくさんの人が並んでいます。)

クリックすると元のサイズで表示します

仕方ないので並ぶことに。並んでも食べたい!
1時間後には席に着きました。もちろんひつまぶし。

クリックすると元のサイズで表示します

わけぎとワサビと海苔をかけて
クリックすると元のサイズで表示します

薬味と出汁をかけて
クリックすると元のサイズで表示します

肝焼き
クリックすると元のサイズで表示します

はあ〜なんて美味しいの〜
大満足!

この松坂屋は名古屋の一番の中心地にあり、いつも泊まるホテルと宗次ホールとも近いのです。
ひつまぶしを食べて一息ついた私は歩いて栄にあるホテルへ。
行きは急いだので地下鉄で栄→矢場町でしたが、この間は歩いてもすぐ。
のんびり歩いて15分くらいでホテルに到着です。

クリックすると元のサイズで表示します

2時のチェックインまで1時間あったので、荷物を預けて徳川美術館へ行くことにしました。

・・・・・・・・つづく


1



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ