2016/4/7

下肢静脈瘤を治療する。  健康

かれこれ15年以上前になるでしょうか。
左足に下肢静脈瘤と思われる症状が出てきたのは。

当初、近くの病院で診ていただいた時には「初期なので治療や手術の必要は無い」ということでした。

年月が経ち、ここ2、3年で悪化したようです。
じっとしていられないだるさ。
血が出るまで掻きむしる程の痒み。
頻繁に起こる腓返り。←痛くて泣く


左ふくらはぎは傷だらけで、皮膚の色も変わってきた気がしました。

そこで先日、労災病院の血管外科で検査診察して頂き、手術した方が良い。ということになりました。
右足にも下肢静脈瘤が認められるけど、手術は左足だけ。
先生からは「最新のレーザー手術を勧めます、ただしこの病院ではまだレーザー手術をしていないので専門病院を紹介します。」
と言われ、すぐに紹介状をくださいました。

ピアノ教室から歩いて3分の病院(笑)

昨日行ってきました。
やはり、右足もいずれ手術することになるけど今回は左足。

今までの通常の手術はストリッピング手術と言い、
静脈瘤の原因となる血管を皮膚の下から抜去する方法でした。2、3日の入院が必要です。

最新のレーザー手術は、
H23から保険適用になり、逆流している血管に細いレーザーカテーテルを挿入し、レーザーの熱で血管の内側を焼いて血流を無くす方法です。
その日のうちに歩いて帰れます。


入院して上げ膳据え膳もいいけど(笑)痛くなく、傷も殆ど残らず、費用も大してかからず…今の医学はすごいです!

6月1日に手術します。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ