2013/5/31

虎ノ門病院  健康

先週の火曜日、夜間救急で病院に行ってから10日経ちました。
あれからは酷い動悸は起こらず安定していますが、いつまたあのような症状が出るのじゃないかと不安がつきまとっています。

17年前、当時からタイガー父が診て頂いていた虎ノ門病院の先生に心臓痛で診てもらった事があります。
その時は心臓神経痛でした。

そのあと、その先生はアメリカへ行かれました。

数年前、再び虎ノ門病院に戻ってこられていました。
父の診察や手術を通し、私のその先生への信頼は大きなものでした。
今年に入り、体調が思わしくない日が続き、激しい動機や心臓痛、胸の痛みや苦しさが増え、いつもその先生の事が頭にありましたが、外来は受けていらっしゃらないのでそのままにしていました。
父にも心配をかけないために相談しないままでいましたが、先日の救急騒ぎをタイガーが父に話し、父から先生に頼んでくれたのです。
それが一昨日のことでした。

そして昨日、父も一緒に来てくれ虎ノ門病院に行きました。
自分が信頼している事もあり、先生の話や指示は心強く、それだけでも安心し気持ちが落ち着きました。
「病は気から」ですね。

検査を初めからやり直す事になりました。
昨日は2種類の心電図と、特殊な採血検査をしました。
これから色々調べて頂きます。

「自分が全面的に信頼できる」が大切なんだと実感しています。

ストレス症状であることを願っています。
2



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ