2012/11/30

クリスマス会で弾けなかった原因  練習

27日のツィメルマンを聴きながら、自分の演奏を考える時間を得た私・・・
どうしてあのような状態になったのか・・
なぜあんなに練習したのに「ふっと」分からなくなったのか・・・

「よし、最初から頭の中で楽譜を追ってみよう〜」
これで分かったのです。

なんと、音の一部分が言えない。
例えば、
1曲目の5小節目の左手と3ページ一番下の右手の・・・アレ?
8曲目の3小節目の左手・・・アレ?
9曲目の最後の段の右手・・・アレ?
10曲目の中間部分の左手・・・アレ?

この曲は、今年の6/30の発表会でも弾いているのです。
その時は6曲、上の4曲も含まれています。
クリスマス会では、さらに4曲を加え10曲にしました。
そして今回上手くいかなかったのは、すべて長く練習している方の曲。
始めて間もない方は問題無かったのでした。
6月の発表会の前も、今回と同じように頭の中で楽譜を反芻しています。
即座に音を言う事も出来たし、鍵盤の上で動く自分の指を頭の中で確認できていました。
それなのに今回はできない。
これで明らかです。
最初の6曲は6/30の発表会に照準を合わせピークを持って行ったからです。
そのあと「もう大丈夫!」という甘えが惰性的な練習に変わってしまったのです。

暗譜も完璧、一度、いえ正確に言うと大森音楽教室発表会もありましたから2度、お客様の前で弾いているのだし、そこそこ出来たからという甘えが原因です。
その証拠にクリスマス会のために加えた4曲はまあまあ弾けました。

心得ていたつもりだったはずなのに、時間だけを無駄に使ってしまった練習だったわけです。
もう一度暗譜からやり直し、16日の浅野先生の発表会では上手く弾けるように練習し直します!

クリックすると元のサイズで表示します

そして〜今日は夜、私のRyuちゃんのコンサート

はあ〜楽しみ〜かぶさんとmyuさんは魂を抜かれたそうです(笑)
きっと私も〜

2



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ