2012/6/25

ラジオ体操  健康

先日テレビで「ラジオ体操を見直そう!」と言って、出演者が先生の指導のもとやっていました。
寝っ転がって見ていた私も立ち上がり、ティーちゃんの怪訝そうな顔を横目にテレビと一緒にやってみた。

・・・・・キツイ(=_=)
先生の言うことをきちんとやろうとすると体操の(音楽の)流れが速すぎる。

子供のころから親しみのある・・といっても何十年もやってないけど・・ラジオ体操がこんなにキツイとは。
腕を広げる時の足は、カカトは一瞬だけ床につけてもいいけど、あとはつま先立ちとか。
腕を上にあげるときは、引っ張られるように最短距離でスパッと真上に上げるとか。

でも3分というのがいい!

ラジオ体操が見直され始めている今、こんな効能があると言われています。

ラジオ体操は、人間の体をまんべんなく動かすために必要な運動を組み合わせてつくられています。しかも、健康な人なら負荷も少なく、だれでも手軽にできる体操です。
これを毎日続けることで、加齢や生活の偏りなどが主な原因となる体のきしみを取り除き、人間本来がもっている機能をもとの状態に戻し、維持する効果があります。

事実、ラジオ体操会に毎日参加するようになった人の多くから、風邪をひきにくくなったという話も聞きます。
又、血圧や血糖値が下がった、坐骨神経痛やギックリ腰の症状が軽くなったという声を聞きます。
ただこれはラジオ体操が症状を改善させたのではなく、継続することで体全体の血流がよくなり、筋肉に弾力性ができ、結果、症状が緩和されたと考えるほうが正しいのです。

平成12年に日本体育大学の浅岡直美さんが「ラジオ体操についての一考察」というテーマで調査し、まとめた論文には、ラジオ体操の効果について「13種類の運動によって全身を動かし、ふだんの生活では使用しない筋肉や関節、骨に影響を与える。
特に筋肉や関節を十分動かすことによって柔軟性の向上、血行増進からの肩こり、腰痛の予防・回復を期待することができる。
また、骨に刺激を与えることによって骨の成長・活性化を促し骨密度低下の予防・回復も期待することができる」と、述べられています。

しかも想像以上にカロリーを消費するそうで、速いペースのウォーキングと同じ消費カロリーなのだとか。

たった3分やったからといってどおってことないかもしれませんが、やらないよりはやった方が良いと思い、やっと今日、重い腰を上げました。

今日は教室に来てからPCでYoutubeを開き体操しました。

クリックすると元のサイズで表示します

・・ひと汗かいた(笑)

スマホのYoutubeにもお気に入りに入れました。
いつでも出来るように。

これで痩せるということはなくても気持ちは確かにいい!
出だしから私の身体はギシギシ言っていました(笑)

三日大坊主
の私ですが、続けるように頑張ってみます(*^^)v


2



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ