私達は「らくうた」という合唱団です。2006年3月に誕生した合唱団で、福岡で活動しています。団員は九州はもとより、遠く関東、関西からも合せて歌う事を至上の喜びとする合唱猛者達が集まり、より良い音楽創りを目指して、日夜、悪戦苦闘しております。
1月23日  

今日は1月23日です。

去年の今日は、火曜日でした。
そして、私たちが、ベース01番とハモった最後の日です。

ちょうど1年前の今日は、らくうた01番の舞台挨拶代わりの「よかったなぁ」の練習日でした。仕事で遅れて練習会場に着くと、ベース01番が一人でピアノに向かっておりました。ソプラノ01番はまだだったけど、3人でさっそく始めました。あ〜でもない、こ〜でもない、と言いながら、もうちょっとそこ上げてみて、とかなんか上ずってない?とか。結論!「やっぱ、メロディが居ないとわからんね。」(>_<)

遅れることもうしばらく・・・待望のソプラノ01番が「ごめんね〜!」とやって来ました。構わん、構わん!仕事、大変やったね!やろう、やろう!

そこはもう少し早くやろうか、ここは少しためようか。最後はこういきたいよね。♪♪♪・・・お〜、良いじゃない!ねぇ、ねぇ、ここで「携帯電話はお切り下さい」をこう入れようよ!
ベース01番は、なかなか自分の歌い方に納得がいきません。何度も歌い変え、「今、さっきより少し深く歌ってみたんだけど、どう?」他01番、一斉に「うん!今のほうが絶対歌いやすい!!すごく安定したっ!」「そう?ホント?よ〜し、じゃ、やっぱここは少し深くやるワ」「うん、うん、それが良い!」

「俺、明日は会社の健康診断があるから、21時から水も飲んじゃいけないんだ。」と言い、いつもなら終わって居酒屋なんだけど、その日は「じゃぁ、土曜の新年会でネ〜!」と、一人帰って行ったベース01番。それが最後でした。

今も練習でよく使っているパピオの小練習室。あの日、練習の間中回しっぱなしだったMDを、私たちはまだ聴くことができません。でも、昨日のことのようにあの瞬間瞬間のハーモニーを思い出すことが出来ます。

今度の1月本隊練習のある27日は、ベース01番が倒れ、心肺停止状態でICUに運ばれた日です。ちょうど1年前だったんだなぁ。今も思い出すと胸が痛くなりますが、第2期まではアイツも企画に携わったので、仲間に入れておいてやろうと思います。天国から見守っていてね、なんて甘いことは言いません。魂でも響きくらいは出せるでしょ!ベース足りないんだから、顔晴ってねっ!!!
0




AutoPage最新お知らせ