私達は「らくうた」という合唱団です。2006年3月に誕生した合唱団で、福岡で活動しています。団員は九州はもとより、遠く関東、関西からも合せて歌う事を至上の喜びとする合唱猛者達が集まり、より良い音楽創りを目指して、日夜、悪戦苦闘しております。
講習会秘話  

翌朝は、張り切ってらくうた全員9:15アミカス前集合!
・・・でも、アミカスはしっかり9:30まで開きませんでした(>_<)
そりゃそうだけど・・・ワサワサ集まる人々の群れは、なんともお邪魔な感じでした。ゴメンナサイ。

大急ぎで椅子を並べ、早速来場された方々の受付を開始!
午前中は女声合唱です。U島さんの暖かい八女弁と、木下先生のシャープな標準語がなんとも言えない不思議な世界を生み出しておりました(^0^)思わず先生が熱弁をふるわれる場面もあり、クールなお姿からは想像もできない、熱き血潮をお持ちの方だと実感しました。

お昼休みをはさんで、午後は混声合唱の講習です。今度は関西弁の指揮者殿との微妙な掛け合い・・・「ここは、こういう思いでこうされたんですよね。」「・・・そう・・・だったかな、もう20年も前のことで忘れました!」な〜んていうお茶目なやり取りを交えながら、和気あいあいとした雰囲気の中にもピリッと的を得たアドバイスを頂きました。先生、とってもステキでした!講習に来られた方も、たくさんのお土産を持って帰っていただいたと思います。楽譜販売に来られていたYA○HAさんも、たくさん楽譜が売れたそうです。それだけ多くの人が先生の楽曲に魅了されたということでしょう。

講習会が終わった控え室では、楽譜を持った若者達が長蛇の列!先生、お疲れだったでしょうに、嫌な顔一つされず、丁寧にサインと握手、写真撮影をお付き合いくださいました。さすがプロですね。本当にありがとうございました。

その間にらくうた人みんなで会場の撤去作業です。ごみ集めから椅子運びから機材の搬出まで、みんな嫌な顔一つせず、それどころかとても積極的に動いてくれました。この人たちってすごいな、とすごく感じました。つい半年前までは見ず知らず同士だったのに、今は一つの合唱団の団員として、協力して、笑いながら作業している皆さんを見て、今度の演奏会も絶対に成功するなと妄信したのでありました。

空港へは、指揮者殿と01番と荷物持ち3人の計8人でお見送り。最後に夕食をご一緒させていただきました。話がはずんでしまい、結局めんたいを買うヒマもなく、先生は機上の人へ。

本当に、本当にステキな2日間でした(^0^)/~~~

先生、めんたいはお歳暮でお送りしますね〜!

0

公開練習秘話ー2  

本業の方が忙しくて、ご無沙汰しておりましたが・・・やっとこ、つづきを・・・!

そのころT口家は、徐々に集まり始めたらくうた人をロビーに押しとどめ、参加費を徴収したり、ピアニストの先生のホテルの支払いに走ったり、木下先生の服をかけるハンガーを調達したり、お疲れの先生方の血糖値を上げていただく為のシュークリームを買いに行ったり、A二@関らくから明石焼きを貰ったり、F原@福らくからジャガイモを貰ったりしていました・・・なんのこっちゃ。

そう、らくうたは結局練習が間に合わず、まるでテスト中の中学生が10分休みにかけるように、公開練習直前に姑息にもちょこっと練習しようと、早目に集まっていたのです(>_<)
Aちゃんのソロの練習が終わり、いよいよ直前の悪あがき練習・・・ゲッ、すでに聴講の方が座っておられる・・・これじゃ、秘密の練習にならないじゃ〜ん!

いよいよ時間になり、木下先生ご登場!
まずはア・カペラで「祝福」を一発。「わざわざ東京から来たけれども、何も申し上げることはありませんね、素晴らしいサウンドですね!」と嬉しいお言葉(^0^)
事前に「どの程度、本音でお話していいのかしら?」と尋ねられ、「らくうたも指揮者も全くへこみませんので、超辛口でお願いします。リップサービスは一切いりません!」とお願いしていたで、これはお世辞じゃないよねと思いつつ、でもこのまま終わるわけはないなという予想通り、その後は出るわ出るわ・・・暖かくも的確で、ごもっともな諸注意の数々。ものすご〜く肝に銘じました。これから本番までの4ヶ月をどうして行ったら良いか、明確な指針をいただけました。感謝、感謝!
会場に来ておられた合唱界の重鎮、K月先生から「九州の宝」と呼ばれた指揮者殿も、いつもの倍の汗をかきながら顔晴ってくれました。
2時間30分の練習時間があっという間でしたね。お付き合いくださった聴講の皆さんも、本当にありがとうございました。これからもらくうたを温かく見守って下さいm(_ _)m

そしていよいよ「木下先生と飲む会」へ!
定員35人のお店に無理を言って45人押し込み、飲めや歌えやの大騒ぎ!先生もお疲れのところ遅くまでお付き合いくださり、老いも若きも先生と談笑させていただいたり、写真を取らせていただいたり・・・。一生の思い出になりますね!
先生がお帰りになる前に、みんなで「鴎」を大合唱!「あ〜、泣きそう」とおっしゃってくださったのが、その日一番のらくうたへの賛辞のように感じて嬉しかったです(^0^)

そして翌日は合唱講習会・・・

0

雑感−2  

なんとか「コーラスワークショップ in Fukuoka」が終わりました。改めて、木下先生を初め、お付き合い頂いた全ての方々に心よりお礼申し上げます。

で、我が家はと言うと・・・やり慣れない作業をしたせいか・・・疲労困憊の上に寝不足で、こんな時に限り仕事が忙しかったり(特に奥しゃんは)と、疲れが抜けない日々を送っています。
 ・・・ ネ ・ ム ・ イ ・・・ へ(+_+へ)・・・

さて、今回はワークショップと共に公開練習も行いましたが、聴講された皆さんは、どんな感想を持たれたのでしょうか?ぜひ、掲示板に感想を書き込んで下さいね。
また、聴講に来られた方、講習を受けに来られた方、もっとスムーズに進行しないといけなかったのですが、ドタバタとさせてしまい大変申し訳ありませんでした。
手伝ってくれた人達も失礼いたしました。私が色々とミスっています。でも、これに懲りずにまた助けてね。
それで、団員の皆さんはどんな感じでしたか?いつもは自分達だけの練習(たまに見学者は居られますが)ですので、緊張しました? 木下先生も居られましたしねぇ。 まぁ、指揮者どのは平然としてましたが・・・どうだったのかな?

今回の公開練習ですが、やはりこの時期に人前で歌えて良かったですね。まだまだ自分達ができていない部分など、これからの課題が“テンコ盛り”の練習でした。
これを糧に、2月の演奏会では、もっとシッカリ歌える様にお互い顔晴りましょう!人に聴いてもらって、自分のいたらなさに気付いて、とても有意義な練習でした。

ちなみに私は、公開練習からワークショップ終了までに記憶がトンでる部分があります・・・なぜ?・・・こちらでもいたらなさを痛感している旦那さんでした。
ε=(+△+;) 『トシ』かな・・・
0

公開練習秘話-1  

10月14日(土)快晴!強烈な雨男(今までに2回、豪雨と台風を呼んだ)H田くん@福らくの運にも負けず、気持ちの良い朝を迎えることが出来ました。朝っぱらからT口家のピンポンを押す男が一人・・・ベース01番のA石くんです。そりゃ、10:50に福岡空港にお着きになる木下先生のお出迎えを、ソプラノ01番Aちゃんと一緒に行ってと頼んだけど・・・いくらなんでも早かろう!まだ8:15よ〜(>_<)「イヤ、俺は早めに行動するんだ」って言ったってねぇ・・・。

超早めのA石くんの行動の甲斐あって?無事に木下先生をお迎えして、まずは一路tuttiさんの待つ久留米へ!
お昼は久留米の自然食の美味しいお店でとっていただきました。tuttiさんの有能な役員さんの一人で、かつらくうた人でもあるS津浦ちゃんが予約を入れておいてくれたお店です。美味しかったってよ!ありがとうさんです。
tuttiさんの公開練習の様子は、近日中に指揮者のU島さんが掲示板の方に書き込んでくれると思います。乞うご期待!ね、U島さん!

T口家は、頑張って仕事を済ませ、ソリストの公開練習がある会場へ急ぎます。
途中、Aちゃんから連絡が・・・「今、公開練習が終わったんだけど、みなさんがなかなか先生を解放してくれなくて!」「・・・ん〜、なんとか略奪してお連れして!」
気持ちはよ〜くわかるけどねぇ(^。^;)

Uっちー@長らくが貸してくれたマイクや、椅子やピアノを準備してスタンバイOK!ワクワク、ドキドキ(^0^)
・・・・・・・・しかし、待てど暮らせど、会場に先生方が現れてくれない(;_;)もう時間が来て、聴講の方々も来られているのに・・・ゴメンナサイ(T0T)
でも、皆さん、事情をご理解してくださって、気持ちよく待って下さいました。感謝!
予定より20分ほど遅れて木下先生ご登場!
ワ〜イ!お久しぶりです!今日もお美しい\(^0^)/秋色ジャケットに細身のGパンがカッコイイ!
そしてソリストとピアニストと木下先生の優しくも熱いバトルが繰り広げられたのです。これも詳しくはAちゃんが掲示板の方に書き込んでくれると思います。乞うご期待!ね、Aちゃん!

そのころT口家は・・・。

〜つづく〜
0

お礼  

本日、無事「コーラスワークショップ in Fukuoka」を終了いたしました。
参加された皆さんが楽しそうに帰っておられたので、少し安心いたしました。
今回、木下牧子先生には、昨日の合唱団tuttiさん、境敦子さん、らくうたと3つの公開練習と、本日の女声と混声の合唱講習会と、大変あわただしい日程を文句も言わずにこなして頂きまして、お礼の申し上げようもないほど感謝しております。
まぁ、代表はもう少し考えて日程を組めと言う話のような気がしております。本当にありがとうございました。
また、公開練習の聴講、合唱講習会の受講の皆様も、慣れない進行や不手際など、ご迷惑をおかけした事と思います。なにぶん初めての講習会でしたのでご容赦下さい。次の機会がありましたら、今回の反省は活かしたいと思っております。何かお気付きの点がありましたら、掲示板でもメールでも構いませんのでご連絡頂ければと思います。
そして、きっと誰より慣れない事をしていただいた、牛島先生と山本君そして神本先生、古閑先生にもお礼を申し上げます。本当にお疲れ様でした。
最後に今回の「コーラスワークショップ in Fukuoka」に係わって頂きました全ての方々に感謝いたします。本当にありがとうございました。

今回のワークショップの模様は明日にでも書き込みたいと思います。
我が家も今日はこれまで・・・
0




AutoPage最新お知らせ