2009/9/10

シータヒーリング  日常のエトセトラ

ブログを書かない間に、転機かなぁーと思うような、色んな事がありました。

そのうちの一つに、ご縁あって、
長岡市のレイキティーチャーさんをはじめ、
有志の方々のご協力で、8日から長岡で行われていた、
『シータヒーリング基礎DNAセミナー』 を、
本日無事終了することができました。

遠方からお越しいただいたインストラクターの吉原さん、
ご参加いただいた皆さんには、感謝の気持ちでいっぱいです

そして今回のセミナーでは、中越地区で私を含め、
新たに9名のプラクショナーが誕生いたしました!
パチパチ

と、いっても新潟県内では、まだプラクショナーが少ないため、
聞きなれないヒーリングかもしれませんので、
この出だしでは何のこと?・・・と、いう方のために
シータヒーリングについて簡単に説明をしますと。

自然療法士でもある
ヴァイアナ・スタイバルさん という女性が開発した、
脳波をシータ波状態にし、直観的な能力を使って、
思考パターンなどのリーデイング&心身のヒーリングなどを行っていく、
注目のヒーリング法なんです。

それはまさに、
自分自身を輝きを取り戻したり、あるべき姿を思いおこさせてくれる
ヒーリングワークではないかと思っております

じゃ、どんなことができるの?

ご興味のあるかたは、
こちらのスペースではお伝えしきれませんので、
シータヒーリング・ジャパン公式サイト をご覧になり、
参考になさってみてくださいね。

最後に、
私もまだコースを終えたばかり、見習いの身でございます。
正式メニューとしては、少しお待ち頂くことになりますが、
セッションを受けてみたい(^0^)/
という方は、近いうちにモニターを募集する予定でおります。
その時は、ご協力を宜しくお願い致します m(_ _)m
3
タグ: 生活 癒し 仕事

2009/5/2

12年のお付き合い (〜_〜;)  日常のエトセトラ

飛び石で、フロントガラスが傷ついた、
私の相棒、My Car デミオちゃん。

さてどーするか・・・と、いうことで、
ダーリンと二人で車屋さん巡りをしてきました。

せっかく買い換えるなら、私のシ−ズンカラーや、
パーソナルデサインを活かしてと考えてはいたのですが、
予算からみていくと、
殆どが曲線的なフォルムの可愛い系になりまして・・・ (>_<)

ん? これ、イイじゃん!
少し 奮発すれば、パッソ セッテ が買えるじゃん
と思いきや、車庫に入らず断念。
(lll ̄□ ̄) ガーン!!
なかなか、上手くいかないものですね

なんだかんだと言いながらも、
Vitz、Ractis、Verisa の、3車種まで絞り込んでみました。

う〜ん、どうしよう。
あなたは、何を基準に選びますか?
イタイ出費だけど、WAKU・WAKU でもあります。

(^-^)ノ 今回は多分、広さと機能性。
そして、ドジをしにくいものを選ぶと思います。
0
タグ: 生活 癒し 仕事

2009/3/16

レイキヒーリング  日常のエトセトラ

昨日、レイキ・ライセンス再取得のため東京へ行ってきました (^^)/

レイキには、西洋レイキ、現代霊気などなど、
たくさんの流派みたいなものがありますが、
私が学ばせていただいているのは、西洋レイキをベースにしたもの。

で今回は、新しいスタイルに変わったということで。
さらに3月いっぱいまで、再受講の料金で受講できるということもあり、
ならば、この機会に行かねば!と、
またまたワクワク気分で行ってまいりました

アチューメントは、前回同様、長谷マリ先生
大好きな先生です
以前よりパワーアップした感じ。
ここ最近は、レイキ本をはじめ、執筆活動にも力を入れていらっしゃるご様子。
改正版も含め、1・2ヶ月内にまたまた出版されるみたいで、これもまた楽しみ。

そして、セミナーが始まってから、やたらと先生と目が合いまして・・・。
実は、寝不足状態での参加 (>_<)
見抜かれておりました〜。
ヒーリングしているから、大丈夫よ。
と、声をかけていただき、感謝の連続です。

今回は9名の受講生だったのね。
その中の殆どの方に、セミナーでご一緒させていただいた? そんな感覚。
私以外にもそう感じていらっしゃる方も多く、
今回の参加者はみんな繋がっているのだとか。
また、テーマが同じということもあり、懐かしくもあり、
強く感じるらしいです。

すごく不思議な感覚と、充実した1日でした。
ご興味のある方は、ぜひお声をかけて下さいね。
0
タグ: 生活 癒し 仕事

2009/3/2

映画 ベンジャミン・バトン  日常のエトセトラ

今日は久し振りに映画鑑賞。
観たい映画リストを上げていったら、迷うほどの数に。

結局、TV予告を見ていて、一番気になっていた、
『 ベンジャミン・バトン ─数奇な人生─ 』 を観てきました

80代の老人の容姿で生まれ若返っていく、
ブラットピット演じる・ベンジャミンの一生と、
ケイト・ブランシェット演じる、デイジーとの愛の物語、
そして、様々な出会いと別れが描かれています。

物語は、
年老いたデイジーが娘・キャロラインに読ませた日記による回想で進んでいきますが、思っていたより、淡々としたストーリー展開。
表現するとしたら、四季の移り変わりのような感じかな。

不幸に見える人生を、
受け入れるベンジャミンの姿勢は、
環境や育ての母である、クイニーの存在も大きかったように思うのは、私だけ?

ここで、感動。
ここが良かったよ〜。
という目立ったシーンはなかったけれど、気がつくと涙がホロリ
人生について考えたり、
じんわりと心に残るものがある作品。

最後は、デイジーの腕の中で天国へ旅立つことができた、
ベンジャミンにとっても最高の贈り物だったかも
0
タグ: 生活 癒し 映画



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ