2009/12/12

色とリンク? カールじいさん  TV・映画

カールじいさんの空飛ぶ家 も観てきました。
『 サイドウェイズ 』を観に行った時の予告で、
観たくなちゃったんです。

映像がとっても綺麗ですね。
人物の表情にも目がいちゃいました。
デジタルアニメって凄い

内容的には、愛と冒険の感動ストーリーをイメージしていたのですが、
山場となるポイントはあまりなかったように思います。
カールも身近にいそうなおじさんって印象。
その分、冒険シーン以外は、
私たちが直面しそうな心模様や人生への向き合い方が描かれているような気がします。

☆ ☆ ☆

最初に、子供時代のカールとエリー(妻)との出会い、
過ごした時間が描かれた回想シーンから始まります。
(…ウルウル、このシーンはジーンときます

その後、妻エリーを亡くしたカールは一人になりますが、
義父が生前言っていた
「つれあいを亡くすことが一番つらいな…」
この言葉が浮かび、重ねてしまったりもして。

そして、妻との想い出とともに過ごしていたカールでしたが、
一人の少年との冒険がカールを変えていきます。
カールじいさんの再出発ですね。
そのあたりを象徴するのが 『 冒険アルバム 』 と 『 家 』

今まさに、私にも心の内を整理整頓しなさいというかのように、
バイオレット、パープル、ローズたちのグリーンへの変色が止まらない状態。
色が示す意味と向き合う時なのだと改めて感じています。

今回は2本観るというこもあって、3Dだと疲れるかなと、
2Dの方にしてしまったのです
もったいなかったかも〜
もう少し年齢を重ねていってから改めてみてみたい映画でした。
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ