2006/6/19

サロベツ原野  

利尻、礼文の旅も、最終章。

ぱぱさんのお友達お勧めのサロベツ原野に行きました。
どこまでも続く原野の広さにびっくり。。
散策路をあるくと、ワタスゲが、風にゆれていました。
クリックすると元のサイズで表示します
飛行機に乗るまでに、少し時間があったので、美瑛へ
去年、一面のひまわりが咲いていた畑は、ルピナス、ジャーマンアイリスが咲いていました。クリックすると元のサイズで表示します
今回の旅は、旭川で、おわりです。。
あっという間に過ぎていきました。
飛行機からの夜景は、まるで、宝石箱をひっくり返したよう
若かりし頃、聞いたFM放送のジェットストリーム、夜間飛行のイメージそのものでした。。
0

2006/6/18

利尻岳  

海からの利尻岳は、海からつきでているようだと、聞いていたが、霧がこくて、その姿をみせてくない。
あきらめモードで、島へ到着。
とりあえず、キャンプ場登山口まで、いってみる。
甘露水で、水をくんだクリックすると元のサイズで表示します
冷たくて、とってもおいしかった。
利尻岳とポン山の分岐をポン山方面へいく。
(軟弱ならっしー隊は、利尻登山は、ムリです。。)
このあたりから、晴れてポン山につくころには、大絶景!
おもわず、お友達にしちゃいました。クリックすると元のサイズで表示します
後日、利尻岳登山のかたにきいた話だと、本土、礼文はもとろり、サハリンまで、見えたそうです。こんな日は、めったにないとか。。
こんな、大絶景をらっしー隊がひとりじめして、申しわけないような。。

あとは、ツアーの観光コースを行きます。

ここで、今までの、らっしー隊の常識をくつがえすことが。。
岬に続く歩道で、エゾバフンウニを食べました。漁師さんが、採れたてのうにのからを割って、海水につけたものをたべました。
とっても、おいしくて、生くさくありません。
このなのはじめてです
0

2006/6/17

礼文島  


海鳥たちのお出迎えをうけて、ついた雲の中の礼文島。
これでは、礼文岳からの眺めも望めないだろう。。
あきらめモードで、桃岩へ。
霧がはれ、パンフレットとおんなじ景色。
この景色をみるために、何年の月日を要しただろう。。
花ガイドさんの話だと、昨日は、カゼが強くて、ここを通りぬけるので、精一杯で、花の観察どころではなかったそう。。
クリックすると元のサイズで表示します


礼文林道にあるうすゆきそうは、まだ、咲き始めたばかりだった。
クリックすると元のサイズで表示します
策の中のアツモリソウは、盛りをすぎたようだったけど、おもったより、大きなおはなでした。クリックすると元のサイズで表示します




クリックすると元のサイズで表示します
0

2006/6/16

旭山動物園  

雨のなか、朝1番の便で、旭川へ
これから、礼文、利尻の旅のスタートです。
旭山動物園、動物が、身近で見えるとってもすてきなところでした。
もぐもぐタイムといって、動物のお食事時間に、飼育係りの人から、エサをもらって、水槽をもぐる、しろくまくん。
目の前に、いるぺんぎんたち、空を飛ぶ、ペンギン、オラウータンとの綱引き、宙をいくあざらし。。。
来園者が、日本一なのもうなずけました。
まだまだ、見ていたいけど、稚内までは、遠い。
ひたすら、北をめざします。クリックすると元のサイズで表示します
0

2006/6/3

デルフェニューム  

真っ白なデルフェニュームが咲きました。
かぜの強い日が、ちょっと心配ですが。。クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ