2007/10/22

東北の秋  

昨日にひき続き、義兄夫婦と二本松にやってきました。
昨日の安達太良とは、高速道路をはさんで、反対になります。
初めてみる菊人形、ここは、日本最大の菊の祭典で、今年は53回目、その年のNHK大河ドラマをモチーフとして展示するそうです。
で、今年は風鈴火山、↓の写真は山本勘助、
クリックすると元のサイズで表示します

ここはライトアップもされていて、闇夜に浮かぶ、菊人形は幻想てきだろうな


ちょうど、衣換えをみることができました。
ヒバの葉を人形の土台に巻きつけ、下地をつくって、そこに苔で巻いた、子菊の束を差し込んで、完成させるそうです。2週間ほど、もつそうです。


クリックすると元のサイズで表示します

めずらし、円形の菊。
千輪咲きというのだそうです。
1本の台木を剪定を繰り返しして、多くの花を咲かせるそう、1年半ほど、かかるそう、もう、来年の準備もしているそうです。

お城の本丸あとまで、いってみました。
室町時代から、あるそうです。
今の姿は平成5ねんから、5億円、2年もかけて、石垣の修築工事をしたそうです。
晴れていたら、遠くの山々まで、見渡せるだろうな。。
途中の散策路には、もみじがたくさん、植えられていて、もう少ししたら、さぞかし、きれいだろうな。

今にも雨が降り出しそうな天気、このところの寒さで、五色沼の毘沙門池もわずかな、紅葉が始まった。
ここの池に鯉が泳いでいた。
磐梯山の噴火によってできた沼の水の色がきれいだった。
ここは、観光バスの定番コースで、多くの観光客がいた。
お天気がよければ、いろんな沼をめぐるコースもあるきたかったです。

蔵の街、喜多方、
雲り空が、この街のレトロさをよくだしているようだった。
市内には、いろんな蔵があり、今回は甲斐家という蔵をみた。
ここの当主は、ハイカラさんで、シャンデリア輝く洋風な応接室、金はりの座敷など、当時の贅をこらした邸内が見学できた。



クリックすると元のサイズで表示します

こんなお店もありました。

クリックすると元のサイズで表示します
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ