2013/7/9

7月6日忘れられない日  ぷく・まる

一日だけさかのぼって書かせていただきます。

7月6日(土)
この日はよしべーは約束があり外出し、
私とぷく・まるで一日まったりと過ごしていました。

午前中はしんどそうな顔でした。

クリックすると元のサイズで表示します

よしべーも気になって何回もメールが来てぷくの様子を尋ねていました。
こういう時はそばにいる方が気が楽なのです。

午後は私はぷく・まるの目線で写メを撮り遊びました。

ぷくとまるの間には「ベルリンの壁」があります。
2匹とも寝ているのでそこを外して写真をとりました。

クリックすると元のサイズで表示します

手前がまるで赤い〇の中がぷくです。

クリックすると元のサイズで表示します

次に手前がぷくで赤い〇がまるです。

大きくすると

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

いっしょのお部屋にいさせてあげたいけど、「危ないのでダメ」はとても辛かったです。


そして、私のおやつの時間、アイスを食べましたが、内緒でぷくに少しあげました。
口当たりがいいのか、スープはあまり美味しそうに飲まなかったのですが、それはぺろぺろとそれはそれは美味しそうに舐めました。

そしてこのお顔

クリックすると元のサイズで表示します

おいしかったよ!

ぷくのこの顔をよしべーに写メしました。
そして、よしべーも安心したようです。

・・・

しかし4時頃、嘔吐があり(何も出ません)眼振が見られる感じがしたので、
どうしようかと迷いましたが、
病院へタクシーで連れて行きました。

主治医の先生はとてもとてもやさしく、でも、とても辛そうな深刻な表情で処置を考えておられました。
その時には私でもはっきりわかる黄疸が出ていて、厳しい状態でした。

眼振を抑えるステロイド(肝臓には負担がかかりますが、厳しい選択でしたが私も同意しました)吐き気止め、と、もう一種、注射をしてくださいました。

そしてぷくはお返しに、診察台の上で便を出しました。
お〜〜〜!!
先生と私で綺麗に取って拭いて・・・・・ひと騒動は終わりました。
(でも〜いつもの便ではありませんでした(涙 血が混じっているような・・・)

病院に連れて行って本当に正解でした。
あのまま、行かずにいたら、一晩その選択を後悔し、夜を過ごしたかもしれません。

夜、よしべーに
「ぷくな〜、昼間にアイス舐めやってん」(笑
と話すと、
「やったら」というので、
また2人でアイスをぷくに舐めさせました。
やはりアイスは口当たりがいいらしくぺろぺろと食べました。
なんか、幸せなひと時でした。

これがぷくへの最後のおいしいご褒美になってしまいました。

夜中0時や1時、睡眠をとりながら、よしべーも私も気になり、様子を見て水を飲ませたりしました。
この時間帯はまだ舌や喉を動かして飲めていたと記憶しています。
しかし4時頃、水を飲ませようと垂らしましたが、口は動きませんでした。(舌も垂れていました)

一晩中、目は開いたまま、息の方は少し荒い感じはしましたが、心臓の鼓動はドンドンと規則正しく聴こえていました
5時、5時半・・・・・ずっと2人でぷくの様子を見つめていました。
6時、お薬の時間になり、用意をして、
私がぷくの上半身をそっと抱きました。
一滴薬を口に入れました。
・・・・でも、なんかおかしいのです。
息が消えていました。
聴診器をあてたら、だんだん鼓動が小さくなっていました。
いつも聴いている音と違う。
慌てて、心臓マッサージを10回ぐらいしましたが、もう動かないと確信しました。

2人で号泣です。

よしべーが「のりべーに抱かれるのを待ってたんや」と言いました。
これが4時に抱いていたら4時に臨終だったと思います。
5時なら5時に臨終だったと思います。

あ〜泣けてきました。

これにて、ぷくの最期のシーンはやはり一生忘れることはできないと思いますが、
私の腕の中で逝ってくれたことには、大きな意味があると思いました。

良く頑張ったね、ぷく。ほんとにいっぱい褒めてあげるわ。
我慢強いぷくだった。自慢の娘だったぷく。
愛しいぷく。
2

2013/7/8

ぷくは幸せな子です。  ぷく・まる

7月7日午前
ぷくにまるがご対面しました。
といっても、どんな気持ちかな〜
少しぺろぺろして、いつものように上にも乗って、うろうろして、まるはぷくにお別れしました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

7月7日午後から〜
お友達がぷくとの最後のお別れに駆けつけてくださいました。
賑やかなお客様にぷくも喜んでいることでしょう。
たくさんの綺麗なお花に囲まれてぷくは幸せな子です。

まるは心なしかおとなしくしています。なにか感じるものがあるようです。

クリックすると元のサイズで表示します

ぷくのイメージカラー、黄色とオレンジ。
お友達からいただいたバンダナとのりべーが買いよしべーが一番ぷくに似合うと気に入っている洋服をかけてやりました。

7月8日10時〜1時
大東動物霊園にてお葬式しました。

クリックすると元のサイズで表示します

綺麗なお顔です。
ぷく、ほんとうにありがとう!安らかに眠ってね。



お骨になりお家にもどってきました。

クリックすると元のサイズで表示します

よしべーが選んだ遺影 (淡路島ドッグランにて撮影)

クリックすると元のサイズで表示します

2人で一生懸命祭壇を飾り作りました。
皆様のおかげで、またもやお花畑の中にいるような、ほんとうに幸せなぷくです。
ありがとうございました。

クリックすると元のサイズで表示します

まるがお線香の番??!!

今日のお葬式はまるも一緒に行きました。
とてもお利口さんで、・・・でも疲れたね、帰ってからぐっすり寝ました。
その代り、今、目が冴えてぐるぐると歩いています。




虹の橋をわたったら、お友達がいっぱいお出迎えしてくれます。
あちらのお友達、どうぞぷくをよろしくお願いしますね。


そして、ぷく、まるを始め、ぷくの子供たちのさくら、ぷーすけ、サンちゃんがこれからも元気で過ごせるように、ゆっくり休みながら、お空から見守ってあげてね。



よしべー、のりべーは昨夜ぷくとの思い出を夜中にいろいろと思いだし話しました。
ぷくはいい子だったね、かわいくて、かしこくて、穏やかで、我慢強くて、とても自慢の子だったねって。
あまりにも大きな存在だったので、いなくなったのがまだ実感ないです。
まだ、この2日間をご報告することだけで精いっぱいの私です。




たくさんのぷくへのお別れのお言葉、ありがとうございます。
ぷくはこんなに皆さんに見守られて幸せな子です。
必ず、お返事させて頂きます。


2

2013/7/7

ぷく旅立ちました。  ぷく・まる

悲しいお知らせですが・・・

ぷく、今朝7月7日6時00分、旅立ちました。

夜中息が少し荒く、0時過ぎの時は水を飲めましたが、
4時過ぎの時は水を口に垂らしても口を動かしませんでした。
お目目はずっと開いていて、でも意識は遠くの方へいっていたみたいです。

お薬をあげようと私が上半身を抱っこしたら、呼吸が変わり、心臓の音が弱まり(聴診器で)
よく聞いたら止まっていました。

17歳3か月21日の生涯でした。

なんと、良い子でしょう。
日曜日の皆がいる日を選んだようです。

思いっきり抱きしめて、号泣し、
今は旅立ちの準備を整えてあげようと、気持ちも落ち着いています。

クリックすると元のサイズで表示します

安らかなお顔をしています。

ぷく、ありがとう!
私たちの子になってくれて、幸せをいっぱい運んでくれてありがとう!
これからもずっと、ぷくは心の中で生き続けます。


皆様には温かい励ましのお言葉をいただき、見守っていただいて、感謝しています。
ありがとうございました。



クリックすると元のサイズで表示します

みなさん、さようなら   ぷく
0

2013/7/5

吐き気も治まり・・・  ぷく・まる

今日、朝一番、私1人病院に行き、ぷくの様子を相談してきました。

胃薬としてもらったファモチジンに吐き気止めの効果もあるということを聞き、そうなんだ!と知りました。
それでも飲み薬よりも注射の方が効きますと言われました。

そして、その後ぷくの様子を看ていましたが、吐き気は治まったようなので、
夕方、また先生に電話で様子を報告したところ、痙攣も吐き気も治まっているなら、
安静にして動かさない方が良いとおっしゃいました。

ですので、今日、明日は何も変化がなければ家で安静にさせることになりました。

確かに、昨日よりも顔つきがしっかりして、水も飲めるときがあります。
カロリーエースも少し飲めました。
飲んでくれるとほっとします。

0

2013/7/5

痙攣治まっている。  ぷく・まる

昨夜10時半から今に至り、痙攣はありません。
ようやく、お薬が効いたのか。

飲み薬、最初にもらった痙攣を抑える薬、肝臓の薬、胃薬を飲ませました。
(頓服は使わず。)
様子を見ています。

水を少し飲みましたが・・・
吐き気があります。
今日、病院で相談してきます。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ