栗駒山麓広域たんぽぽ村、、、は、、、こちら、、から、、 栗駒山麓広域たんぽぽは、、、  たんぽぽ村民100名募集と、、  特産100品運動を推進いたします。        入村無料かだれーー

2010/11/29

後15日、、、  お知らせ

■ 横手市ごみ処理統合施設 柳田地区が候補地に〜12月には、決定地に、、
クリックすると元のサイズで表示します
横手市内の住民の方々これで、えなだがーー
住民ではありませんが、横手でゴミのような歩空ですが、17年横手に通い
 山と川のある町横手市の、ひゃりぐち、ごみ焼却煙突の、けぶ、を見ながら
焼きそばとゴミ焼きの中心地に通勤することになるのは、いやでございます。
確か、、焼きそば仕掛け人も、市役所ごみ焼場も、、市役所環境、、課の、、
住民に説明以前に、候補地を地権者とすでに、きめており、これで、、12月
議会で市議会議員の賛成があれば、建設されます。
あと15日たらずで、、、
 
秋田県横手市のごみ処理統合施設整備計画で、五十嵐忠悦市長は10日、同市柳田の約5ヘクタールの土地を建設候補地にすると発表した。
 候補地は、秋田自動車道横手インターチェンジの東側。水田や畑などに利用されており、集落まで500メートル離れている。市が候補地の情報を市民から募った際、地権者から寄せられた。
 五十嵐市長は候補地に決めた理由として(1)30の個人・法人の地権者から同意を得られた(2)市の中心部にあり、ごみ収集運搬に効率的―などを挙げた。
 今月中に地権者への説明会などを開き、10月から環境アセスメントを実施。70〜100億円を見込む建設費には合併特例債を活用する。稼働時期は用地選定の遅れから、当初目標の2015年4月から若干ずれ込む。
 市は、市内3カ所のごみ処理施設が耐用年数をすぎたため、3施設を統合した施設を計画。しかし、建設候補地選定で周辺住民らの理解が得られず、2度にわたり白紙に戻していた。
 五十嵐市長は「市民に必要な施設であり、建設に全力を傾けたい」と話した。
クリックすると元のサイズで表示します
ここも、横手市吉野鉱山跡地です、、、今も、、鉱毒が流れ、、、
クリックすると元のサイズで表示します
戦後も、、流れつずけている。
クリックすると元のサイズで表示します
B29に2発爆弾をいただき、、、横手駅前をグラマンに機銃掃射され
まだ、、まだ、、ほじつがね、ーーー
なぜ、、歩空は、B級公認焼きそばの旗をたでねなだが、、、それは、、
、、、学力はC級ですが、生き方はB級になりたくないのでありま
す、ぼんでんかまくらA級環境秋田県横手市よ、、、
横手市役所職員の方々、、もう、、びゃつこ、まてけれーー
インター農産野菜道のきゃど駅をたててほしいものです。
十文字道の駅の3倍くらいの、、
冬はかまくら、ぼんでん、きりたんぽ、農協婦人部、個人菜園、誰でも並べられて、自由屋台もあり、各種個人芸、カラオケ、ひろばもあり、
ふるさと村の観光バスが、ずらりとならぶんたやず、
なんとしてもだめだば、、、全国から見に来るんた、、、
  横手城のまんま、のゴミ焼き城を作り、天主各金のしゃちほこを、
えんとつ、収集入り口は、巨大かまくら、
イオンでねども、、おなじデザインでないことを祈る。
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ