2014/11/13

12月14日(日)札幌コンサートホールKitaraで弾きます。   コンサート

東京のチャリティーコンサートが大変だったので、すっかり準備が遅くなってしまいましたが、コンサートのリーフレット(ちらし)とチケットができました。

この素敵なリーフレットの原稿は、出演者でもある道東・中標津のピアノの先生が作ってくださったものです。(背景は私が探しました。)いつも、本当に、、大変な中で素敵な作品を作ってくださって、感謝しています。

このコンサートでも、昨年のように募金活動をします。

ただ、とても長いコンサートで、終演が夜遅くなるので、昨年のような長いスピーチはできませんから、メッセージをプリントして、プログラム(パンフレット)に挟んで配ろうかとか、今から考え中です。

よろしくお願い致します。(^^)

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



最後まで読んでくださってありがとうございます。


よろしかったらクリックお願いできれば幸いです。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
クリックして表示される一覧から、ピアノメモをクリックしてくださると
INとOUTで1点ずつ入るようです。

もうひとつのブログ「愛の夢のつづき」もよろしくお願い致します。
3

2014/10/3

長江杯国際音楽コンクール入賞者披露演奏会のちらし  コンサート

東京で長く私のレッスンを受けられているピアノの先生が、40代にして、生まれて初めての、コンクール入賞ということで、私も嬉しくて宣伝しています。

クリックすると元のサイズで表示します


第17回「長江杯」国際音楽コンクール入賞者披露演奏会

2014年12月13日(土)

開場  13:00
表彰式 13:15
開演  13:30

新宿区立 角筈区民ホール 3000円

奥村真由子さんが出演し、
アルベニス / イベリア第3巻より 第1曲 エル・アルバイシン
を演奏します。



子供の頃から、または、お若い頃から、コンクールに入賞していたならともかく、40代になって生まれて初めてというところが凄いことですよね。

この記事をアップした後にレッスンでお会いした皆さんは、全員、本当に驚いて、感動してくださっていました。

30代になったばかりのピアノの先生は、(今はまだガチガチだった体がやっとほどけて指が動いてきたところですが、)いつか、そういう風になれたら、とのことでした。

年齢は関係ない、と、そして、方法を学ぶことで若い頃より弾けるようになると、私がいつも言っていることの証拠がまた一つ増えたようで嬉しいですし、他の皆さんのモチベーションにもなりました。

よかったよかった!

最後まで読んでくださってありがとうございます。


よろしかったらクリックお願いできれば幸いです。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
クリックして表示される一覧から、ピアノメモをクリックしてくださると
INとOUTで1点ずつ入るようです。


もうひとつのブログ「愛の夢のつづき」もよろしくお願い致します。
2

2013/12/27

寄付送金&羽生結弦選手、おめでとう!  コンサート

羽生結弦さん、GPFと全日本選手権優勝、おめでとうございます。そして、その偉業を福岡と埼玉で達成しつつ、北海道で募金活動にもご協力ありがとうございました。(^^)


気管支炎が治らなくて遅くなりました(10〜11月にず〜っと治らなかった気管支炎と同じ症状。。どこへ行ったの私の免疫力。。)が、一昨日病院帰りに、やっと震災機構に送金しました。
8日のコンサート終了後にも郵送寄付や手渡し寄付がじわじわと増え続け、東京や大阪でも増え、募金箱約4万だったのが、いつのまにか5万近くまで膨れ上がり、そこへ私の気持ちも添えて、6万円送金させて頂きました。ご協力、応援くださった皆様、ありがとうございました。

クリックすると元のサイズで表示します

演奏後にスピーチして、マイクを置いて走ってロビーへ行き、募金箱のそばにいました。入れ替わり立ち替わり、次々にお客様が募金箱に入れてくださって大変感動しました。ありがとうございました。

クリックすると元のサイズで表示します

上の写真ではちょうどお客様の陰になって分かりにくいですが、募金箱が置いてあるテーブルに1枚と、右上に少し見えるボードに1枚、、下のポスターが貼ってあります。

このちらしを最初に見た時、「羽生選手は震災機構の復興支援の思いを共有する同志です。」という文に、単に象徴として写真使用をOKしているわけではなく、積極的に関わっていくという意志を感じ、感動したのでした。単に金メダルを取ることを目指すのではなく、金メダルによって(復興など社会の)力になりたいと、高校生だったころ言っていた言葉が、現実になりそうですね。ソチでも素晴らしい演技を期待します。

クリックすると元のサイズで表示します


大阪・東京のレッスン中に咳がひどくなって、マスク着用でレッスンしていましたが、帰ってきてからは喋れないほどになり、かなりレッスンをお休みしてしまいました。

幸い熱はあまり出なかったので、ギョンギョン凄い咳をしつつもテレビやスマホで全日本三昧していました。スケオタになりそうでした。(←違ったの?)

というわけで、シューベルトは練習していません。ごめんなさい!でも1回弾いてみたら3年はかからないと思いました(笑)。ゆづる君の金メダルの数が増えるころまでには、合わせられるよう頑張ります!!良い曲です。嬉しいご依頼、ありがとうございます。(^^)

4

2013/12/9

お蔭様で無事終了。(^^)  コンサート

お蔭様でコンサート、無事に終わりました。演奏は、10〜11月にずっと病院通いしていた割には無事(笑)でしたし、実は色々、タッチの実験もできて収穫が大きかったです。(あの曲で以前にも実験したことがあります。長く続くオクターブの所などが分かり易いので。「爆音」というくらい響いたそうです。)

門下生も、長くお休みしていた門下生が全部を聴いて、「みんな、いつの間にあんなに上手になって〜〜!!」というほど、ご本人比で、かなり良くなった演奏ばかりで、本当によかったです。年齢に関係なく進歩できるということを、またひとつ、証明してくれました。(^^)


スピーチは原稿を用意出来ず、フリートークでしたが、熱弁(?)をふるって、なんと8分もお話ししてしまいました。ご静聴くださって、ほんとうにありがとうございました。(席を立った方はおひとりもいませんでした!)

そして、募金は前回(約2万5千円)を遥かに上回り、約4万円(40、892円)!

凄すぎです〜〜〜。ありがとうございます!!


当日折り込んだ震災機構のちらしの裏に、前回と同じように以下の文を載せました。


本日、ロビーに募金箱がございます。よろしくお願い致します。

お寄せ頂いたご厚意は責任を持って、公益社団法人 東日本大震災雇用・教育・健康支援機構へ
主催者のささやかな気持ちも添えて、お届けさせて頂きます。ご協力に深く感謝申し上げます。




その下に、以下の文を載せました。
(土日で震災機構と連絡取れず事後承諾になりましたが月曜にOK頂きました)


震災機構の想いを共有する同志である
羽生結弦選手が、グランプリファイナル優勝!!

おめでとうございます。

羽生選手の想いが実現しますよう、心からお祈りしています。



羽生結弦君、素晴らしい演技でしたね。(企業秘密・音なし練習しながら見ました。笑)

裏方スタッフをお願いしている音楽事務所の方もご覧になったそうで
よかったですね〜!、なんて言ってくださっていました。


8分間スピーチの要旨は以下です。

*常識という名の先入観に囚われないことが大切だと思う。

・私は左腕神経を傷めて完治せず、重いものを持てなくても、大きな音が出る。
 大きな音を出すには大きな力を使わなくてはという(常識的な)考え方をしなかったから
 今、ピアノを弾いていられる。
 (これを言う為には音の出る演奏が必須ですよね、笑)

・コンクールや、海外マスタークラスの経歴は、50を過ぎてから。

・チャリティーも、ただ、お金を集めて被災地に届けるのではなく、
 考え、工夫することが大切で、そういう活動を震災機構はしている。
(芸術的仮設住宅店舗での歌って踊るパン屋さんのこと等を詳しく説明しました。)
(その前に、日本で一番値上がりしたのが被災地の住めそうな土地だとかも色々)

・もし北海道に震災があって、世の中がピアノどころではない期間が長く続いたら
 生きていたくないと以前は思っていたけれど、歌って踊るパン屋さんの録画を見て
 ピアノがなくなっても、歌って踊りながら、笑顔でパンを作って、売って、
 生きていきたいと思った。それほど、素晴らしい笑顔だった。

・世の中はお互い様だと思う。今は、住む家があり、
 ピアノを弾いたり聴いたりも できている私たちが寄附をして、
 北海道が被災した時には、他所の皆さんから寄附を頂いて生活するのだと思う。


で、「これからロビーに行きます!よろしくお願いします!」と締めくくって、
走ってロビーの募金箱の所へ行き、「お願いします!」と叫んでいました。

嬉しかったのは、全然知らない方が、何人も何人も、
「素晴らしかったです。」と(演奏の)感想を言いながら寄附してくださったこと。

年単位のお久しぶりの方に沢山お会いできたことも嬉しかったです。


聴いて下さった皆さん、応援メッセージ下さった皆さん、
お花やプレゼントくださった皆さん、
「素晴らしかったです。」と感想言ってくださった皆さん、
そして、寄附して下さった皆さん・・・

皆さん、本当に、ありがとうございました!!(^^)


9

2013/10/8

【写真追加】初めての名古屋  コンサート

(前記事の続きは次回書きます。)

門下生のリサイタルを聴きに、初めて、名古屋へ行ってきました。
何度も、意欲的なリサイタルをされているので、
なんとか、1度くらいは、行きたかったのです。。

ほんとうに、素晴らしかったです。身贔屓なしに。

Yさん、おつかれさま。ブラボーでした!

先月末に、自分の東京のコンサートと、レッスンと、大阪でのレッスンで、
10日近くも留守にした、すぐ1週間後に、また留守をして、
札幌の門下生の皆さんには、本当に、本当に、申し訳なかったのですが、
わがままさせて頂きました。

いつもレッスンが日曜の方には、前もって、理由も言って、
その日はできないとお話ししてあったのですが、
本番を控えて急遽レッスンご希望だった方には大変申し訳なかったです。
まさか、またすぐに留守だなんて思わないですよね。
(体調など考えると100%絶対行くとも言えず)ブログなどでの告知は
できなかったのです。ごめんなさいね。


脚の方は、やっと薬で炎症が治まってきて、
重いものを持たずにゆっくり歩けば大丈夫な感じになってます。
(食料品の買い出しなども、キャリーバッグを使うように言われました。)

旅先では用心してどこへも出かけず、
ホールへ行く途中、タクシーの窓からテレビ塔を見たくらいです。
シルバーの、品のいいテレビ塔でした。(写真撮れませんでした)
お城も見てないけど、
素晴らしい演奏が聴けたので大満足でした。(^^)



クリックすると元のサイズで表示します
どこにも行けなくて名所旧跡の写真はないけれど、
帰りに名古屋駅の売店で買った自分用お土産。
ういろうも八丁みそまんも美味しかったですが
うみぁーっ手羽がうみぁーかった!
ちょっと脂質があるので、小分けにして頂きました。
6

2013/9/26

東京オペラシティのコンサート  コンサート

スマホがうまく充電できない現象で苦戦しています。一度札幌のショップでOS(?)のバージョンアップをしてもらったのに、まだ時々こうなるので、帰ったらまた相談します。大阪のホテルでPCが使えるようになったので、22日のコンサートの報告です。。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

今回は東京でレッスンしている皆さんがほとんど来られたので、嬉しいと同時にプレッシャーもありました。ガッカリしてやめると言われるかも・・とか、良くない想像してしまうし。。困ったものです。(^_^;)

で、派手なミスもあったのですが、ロビーへ面会に出ると涙目で感動してくださってる方が多くて、メールではこういう反響もあって、とりあえずホッとしました。(メール掲載許可済)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

先日の演奏会、素晴らしかったです。いつものように、先生がステージに現れた途端に会場全体がキラキラな空気に包まれ、演奏が始まってからはまるで夢の世界のようでした。

あまりに美しい音に涙が溢れてきて大変でした。隣にいた夫も感動していました。
(中略)
先生は本当に世界的なピアニストになるはずだった方なんだなあと改めて確信しました。
いつも感動を有り難うございます!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最後の一文は少々説明の必要があります。この方からは、私が演奏するたびに、もしも、子供の頃から恵まれた環境で教育を受けて、若い頃から可能性を発揮できていたなら、「先生は、絶対に、私なんかが口もきけないような、世界的な演奏家になっていました。」と言われます。
そういう風に思ってもらえるだけで、人生が報われたような気がします。

実は、スケートで言えば「転倒」級のミスをしたとへこんだら、こんなメールもいただきました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お疲れ様でした♪( ´▽`)

まろやかなピアノの音に、超癒されました♪( ´▽`)
先生は、転倒なんておっしゃってましたが、先生の音はやっぱり格別です☆
なんか、他の人には絶対出せない音なんですよね。だから…きっと表現力とスケーティングとかで巻き返していたはずです〓(((o(*゜▽゜*)o))))笑
細かい所まで、これ以上なく丁寧に音が揃っていて、なおかつ、音が綺麗なもんで、まとまると、本当にまろやかな音楽の連続で、本当に心地よかったです♪涙

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

スケートねたで書いてくれたメール、もう1通いただきました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コンサート、お疲れさまでした!
ロビーのモニターでしか聴けなくて本当に残念でしたが、外で音響がよくないのに、いち音いち音に、想いがあるというか、すごく繊細に響いているのがわかりました。素晴らしかったです、聴きにいけてよかったです〜。

転倒は歴代のフィギュアの女王もみんなしてるからドンマイです〜。
個人的には、こけた後にぐっと集中して立て直す姿に一層感動しちゃいます、なんて(^○^)

また琴線に触れる素晴らしい演奏を聴けるのを楽しみにしています(*^^*)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

みなさん、ありがとうございました。

9

2013/9/23

ありがとうございました。  コンサート

コンサート、何とか終わりました。来て下さった方、来られないけれど、祈ってくださった方、ありがとうございました。

昨日は、ホテルへ帰ったら、もう、どっと疲れが出てご報告もお礼もちゃんとできずにダウンして、今日はレッスンたくさんして、遅くなりました。


スマホが、、充電中なのにバッテリーが減っていくという怪奇現象がまた起きていて(ネットで見たら、ギャラクシーシリーズに時々あるらしい)ホテルのロビーの誰でも使えるパソコンから書いているので写真もアップできず、長く使えないので、今日は、とりあえず、お礼まで。

ほんとうに、ありがとうございました。(^^)

7

2013/9/20

2回目のちいさなコンサート  コンサート

昨日、木曜日にも、ひとりのためのコンサートをし ました。

以前から、「世界的なピアニストの値段の高いコン サートを聴いてもさっぱり泣けないけど、先生の演 奏は絶対泣ける。」なんて言ってくれる門下生です が、この日も1曲目から大泣きしてくれて、演奏が 終わってからも、泣きながら、笑いながら、、色々 話してくれました。

いっぱい泣いたので「あーなんか浄化された!すっ きりしました。」なんて、笑顔で言ってもらえてよ かったです♪(^^)

一昨日も、昨日も、聴きに来てくれたのは、(うち に一番多い)アラフォー世代のピアノの先生でした 。

感動してもらえるのはもちろん嬉しいですが、さら に嬉しいのは、こういうことを刺激として、ピアノ の先生方が勉強をしてくれることです。

どちらの先生も、とても変わってくれました。

絶対に人前では弾きたくなかったのに、勉強して、 少しだけ勇気が出て、キタラのステージで演奏する ようになってくれた先生と、、「小さい子ばっかり だから・・」と卑下していたお仕事を、勉強したこ とで熱意を持ってできるようになり、生徒さんをコ ンクールで受賞させるまでになった先生、、そうい う意欲のきっかけになれたなら、なんと幸せなこと か思う訳です。

金曜日、夜、東京に移動しました。いよいよです。 (^^)
4

2013/9/18

ちいさなコンサート  コンサート

コンサートの前後に時々あるのですが、
どうしても演奏を聴きたいので、
レッスンとして演奏を聴かせてほしいという門下生が
今日午後、来てくれました。

つまり、ひとりのためのコンサート。

でも、聴いてくれる人が、ひとりでも、100人でも、
音楽の感動を共有したいという気持ちは同じですし、
ちゃんと緊張もします。

ノクターン嬰ハ短調とバラード3番の曲目を
2回通して、2回とも、まあまあ上手くいったので
とても良いリハーサルができました。

1日の演奏会の時とは全然違うとびっくりされて
(半月以上経ってるので、けっこう変わったかもしれないです)
とにかく大感激してもらえてよかったです。

バスがつながって表現できている等の他に
ゴージャス・・とか色々言ってくれました。

ゴージャスなバラード。。
・・そうね、水の精がゴージャスな美女であるという設定で。。(笑)
(アンジェリーナ・ジョリーとオーランド・ブルームでいかがでしょう?)

昨日あたりからとっても気持ちが前向きです。
耳鳴りももう慣れて、全然平気です。
がんばります。(^^)v
5

2013/9/11

9・11 自然災害と戦争を想う  コンサート

もう日付が変わってしまいますが、
今日は震災で亡くなられた方々の月命日であると同時に
アメリカの同時多発テロの日でもありますね。
震災と、テロと、その後の紛争の、
両国の犠牲者の皆様のご冥福をお祈りします。

自然災害は、予防するという手段はまだないので、
耐震構造の研究とか、津波対策など考えたり
予測の研究を続けるくらいが今は精一杯ですが、

戦争は、違いますよね。恨みの連鎖、憎しみの応酬ではなく、
良いことも思い出せたら、回避できるかもしれません。

近隣諸国との関係悪化が心配ですが、
東日本大震災の時には、近隣諸国から多額の寄附をしてもらいました。
そういうふうにお互いに「してもらったこと」への感謝も、忘れたくないですね。

人間が少しずつ成長して、色々な差別や暴力が
人間の歴史から少しずつ減っていくことと、
そのことによって、戦争がなくなっていくことを、祈りたいと思います。

そして、防ぐことのできない自然災害は
可能な限り、色々な角度からの「想定」をしながら、日々最善を尽くして生き、
被災しなかった人々が、被災された人々のために、
できる支援を続けていけたらと思います。

先日のコンサートの募金の最初の記事の時、ある方から
ゆづをシンボルに使ってくれてありがとう、、と、
本当に喜んでくださっているメッセージが届きました。
その中で、募金、減っているんですね、と
わがことのように心配されていて、感動しました。

少しずつでも、続けられたらと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・

告白すると、、戦争のこと書いておいて、
戦争映画は見られないいくじなしです。ごめんなさい。。
心臓が苦しくなったり、過呼吸になりそうになって、どうしてもだめです。

あるブログで、私のコンサートをご紹介くださった時、
即座に、行くと意思表明してくださった方のプロフィールに
映画・戦場のピアニストがお好きとあったので、
あの映画で有名になったノクターンも弾くことにしましたが、
実は映画は見ていないんです。

でも、深い深い悲しみに満ちた曲が、最後の最後に
明るい長調の響きで終わるのを、
戦争にも災害にも負けない、人間の希望の光として弾きたいと思います。


耳のこと、ご心配かけてすみません。1日の演奏会以来、
シャーっという耳鳴り(ホワイトノイズというらしい)はしていますが、
ピアノは弾けています。大丈夫です。22日のオペラシティ、がんばります。


 

5



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ