2015/3/21

今までの自分では信じられないほど・・・   ピアノ

(長くお休みしましたが、こちらのブログも更新再開します。)

しばらく前の話ですが、本番が無事終わった方から、

感激が伝わってくる報告メールを頂きました。

ご了解のもと、ごく一部分、掲載させて頂きます。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
今までの自分では信じられないほど暗譜が安定していたこともすごいことですが、今回は先生の運指に衝撃をうけました。
上達は亀のように遅いですが、毎回このように発見があり先生には感謝の気持ちでいっぱいです。
ありがとうございました。m(_ _)m
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


この方、学生時代は、「あなたの指は動かないから・・」と、

和音を叩く曲ばかりさせられていたそうですし、

本番はすぐ「真っ白になって」暗譜も危なかったそうです。

そういう方は多いです。


レッスンに来られた時には既に40代、今やアラフィフですが、

レッスンで弾き方を変える努力を重ねることで、

学生時代には絶対に弾けなかったという、忙しく指を動かす曲を、

今は人前で演奏されています。


40〜50代のピアノの先生方がうちには多く来られていますが、

なぜかと言うと、そういう年代でも、変われるからです。

そして、そういう年代でも変われるという事の重大さを、理解されているからです。


音楽が好きだからこそ音大へ行ったのに、

その音大時代に周囲より下手だと劣等感を持たれていた方々にとっては、

弾き方を変えれば昔弾けなかった曲が弾けるというのは、とても嬉しいことなわけです。


もちろん、ピアノの先生方に限りません。楽になる弾き方や、

練習方法の価値を分かって下さって、取り入れようとして下されば、

職業関係なく変われます。


私の「運指」というのは、この場合、指番号のことではなく、

文字通り指の運び方、使い方のことですが、

何度か、目の前の至近距離で、曲の一部分ですが、指の動かし方も実演しました。


速い曲を触ってから弾くとどう見えるか・・・など、

ピアノのレッスンでは、口での「説明」と共に、やはり、

ほんの一部分でもいいので「実演」はできた方が良いかなと思います。

この先生も生徒さん達の成長が著しいそうで、それも嬉しい事です。


伝えることの難しさをつくづく感じることもあり、

くじけそうになることもありますが、こうして、

年齢に関わらず、進化をを喜んでもらえることがあると、

これからも頑張ろうと、思えます。


最後まで読んでくださってありがとうございます。

クリックして頂けたら嬉しいです。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ