2015/3/21

バラ1を弾くピアニストたち【6・カツァリス】ショパン・バラード第1番  ピアノ

シプリアン・カツァリスは、フランスのピアニストです。「ショパンを弾く」というタイトルで教育TVでレッスンをしていたことがあるのを、ご記憶の方もいらっしゃるかもしれません。チャイコフスキー国際コンクール、エリザベート王妃国際コンクールなどの入賞歴があります。

個性豊かな演奏です。普段隠れている(主役ではない)声部、内声(ソプラノやバス以外の内側の地味な役割の旋律)やバスを強調することで、その曲の意外な姿を見せてくれます。ショパンのワルツ集のCDでびっくりした覚えがあります。

演劇に例えれば、脇役を、主役より目立たせる演出と言うと伝わりやすいでしょうか?

そこまで内声を強調して弾いてほしいと、ショパンが思ったかどうかは、また別の話です。

でも、もし、ショパンの意には添わなかったとしても、「この曲には、こういう魅力もあるんだよ。」と見せてくれるような演奏は、それ自体、魅力も価値もあると思います。

実際、ショパンはあらゆる声部が素晴らしい!!

ショパンを弾かれるときは、是非、是非、各声部をバラバラにして、吹奏楽などで言えば「パート練習」をゆっくりしたテンポで、じっくり、その美しさを味わいながら、して頂きたいと思います。

「え?ここに、こんなメロディーあった?」となると思います。そうすることで曲への理解が深まります。



バラードでは、脇役の強調は、ほんの少しですが、もっと内声を強調したワルツ、載せておきます。ひらひらと速いところで、内声を強く弾いています。意外な面白さで、「こういうのも素敵かも・・」と思わせます。(カーネギーホールでの演奏です。)





最後まで読んでくださってありがとうございます。


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
2



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ