2014/12/5

演じる1、ピアノコンサート  ピアノ

先日、雑司が谷でピアノのコンサートを聴いてきました。

ネット上で知り合ったからではなく、長いお付きあいの門下生の、強い強い勧めで決めました。行ってよかったです。

響くホールで音を聴くのは耳の病気に良くないと病院で言われているので、全部は聴かずに失礼でしたが。

素晴らしかったです。

言葉では簡単には説明できないほど、素晴らしかったです。

アマチュアにしては、とか、音大じゃない割には、とかいう話ではないです。

有名なプロの演奏家の演奏でも、ここまで濃い音楽表現には、なかなか出逢えないくらいに、非常に濃い表現で、感動的な演奏でした。

まず、音楽に対する感受性が素晴らしいのだと思いますし、今、師事されている、「海外の音大だけ」で学ばれた先生も、素晴らしいのだと思います。

その素晴らしい表現を支える技術も、タッチの変化や、音と音を繋いで長いフレーズを作っていく繋げ方、絶妙なペダリング等、極めて素晴らしいものでした。

長いブランクがあると知ってしまうと、こういう演奏は「絶対に」想像できないと思います。

本当に、素晴らしかったです。

各曲の演奏前のお話も、とてもよかったです。

これからも、日本の音楽の世界の学歴重視の先入観に負けず、(嫌がらせにも負けないで、)音楽活動を続けて頂きたいと思います。

それは、私が戦い続けてきたものでもあります。地方の無名の短大卒の私が、東京の一流音大卒の皆さんのレッスンをしていることを、(意訳すると)実力ではなく、おだてたり優しくして、人を集めているんだろう的なことを言われたりもしました。
(上手になりたいと思っている皆さんが、そんなことで集まるわけはないです。)

体力が大変なのは膵臓の悪い私も同じなので、お察しします。
でも、できる限りでいいですから、続けてください。

kさんの演奏を聴きたくて集う熱心なファンも既にいらっしゃるようですが、もっと広く人々に聴いてもらって、日本的な先入観から目を覚まさせ、感動を伝えてください。

そして、ご自身も先入観を持たないで頂ければと思います。

ご活躍お祈りしています。



最後まで読んでくださってありがとうございます。


よろしかったらクリックお願いできれば幸いです。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
クリックして表示される一覧から、ピアノメモをクリックしてくださると
INとOUTで1点ずつ入るようです。

もうひとつのブログ「愛の夢のつづき」もよろしくお願い致します。

0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ