2014/12/5

感動を共有するのに経歴は関係ない  ピアノ

「アマチュアいじめ」があるのだそうです。

「アマチュアなのに演奏会を開催するなんてけしからん。」的な趣旨のメールが、演奏会を控えたアマチュアの方に届くのだそうです。

なぜ、アマチュアの方が演奏会を開催することが悪いのかとか、そもそも、アマチュアとプロって、どこで線をひくのか、とか、いっぱい疑問があります。

音楽の学校を出た人がプロなら、ポリーニ(ミラノ大学で物理専攻)はアマチュアです(笑)。

逆に、うちの門下生の中には、音楽の学校を出ても、「ピアノは趣味」と言い切る方もいますし、音大を出てもピアノに自信がなくて、普通のお仕事をされていた方も複数います。(現在は、その大部分が、少しずつ自信を得て、ピアノのお仕事されていますが。)


それとも、実力の問題だというなら、多くの音大を出た方と同等や、むしろそれ以上に、素晴らしい演奏をされる、会社員さんや、銀行員さんや、公務員さんや、看護師さんなどを、何人も知っています。
一切の資格を問わないチャリティーコンサートの主催・運営を10年以上もしていると、つくづく関係ないと思います。そこにあるのは、個人差だけです。


音楽の学校を出ても、出なくても、いくつになっても、いくらでも、勉強はできるし、学べばレベルは変われます。

件のいじめメールを受け取られた方も、勉強はされています。海外の音大で学んだ先生から、専門か、趣味か、などという区別のない、熱心なレッスンを受けて学ばれているそうなので、それで充分と思います。

私も、レッスン内容に区別はしません。出身学科も、職業も関係なく、「その人の可能性を、最大限に引き出す」ということだけを考えます。

逆に、趣味の方に、「自分で、ドシロートとか言って自分を差別するのはやめましょう。」とお説教したこともあります。そういう意識は、自分で自分の可能性を削ってしまうから。。

同じ内容を、同じ真剣さで伝えています。

その結果、某大規模コンクールで、会社員さんや看護師さんが、多くのピアノの先生方より高い点を得たこともありました。

でも、必ずしも、そういうコンクールを受けるような難しい曲を弾かなくても、人を感動させることはできるし、良い音楽で感動を共有したいという意志が演奏者にあり、聴きたくて来る人がいるなら、コンサートはそれで成り立つわけです。

感動に学歴は関係ないです。

私のお友達の旦那様は、慶応大卒で国際コンクール優勝のオペラ歌手です。ヨーロッパで大活躍の後、現在、日本の有名音大教授です。海外の音楽院で学ばれたのは、日本のコンクールで得た賞金を使ってでした。
これは極端な例であっても、音楽活動されるのに、音大を出る必要など、どこにも、少しも、ないのです。

コンサートのご成功を心からお祈りしています。
コメント欄に書くには長すぎるので記事にしました。頑張って下さい!(^^)

最後まで読んでくださってありがとうございます。



最後まで読んでくださってありがとうございます。


よろしかったらクリックお願いできれば幸いです。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
クリックして表示される一覧から、ピアノメモをクリックしてくださると
INとOUTで1点ずつ入るようです。

もうひとつのブログ「愛の夢のつづき」もよろしくお願い致します。



2



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ