2014/10/8

ずんだ ずんだ ずんだ 宮城  ピアノ

タイトルは、4拍子で、ずんだは、「ずん」が長い、付点の(スキップの)リズム、「みやぎ」は3つの音の長さが同じ、3連符です。・・・・冗談です。


レッスンで、幼稚園の年中さんにアナリーゼ(楽曲分析)の入り口みたいな話をしていて、3部形式の曲を「サンドイッチの形」と説明し、まんなか(中間部)をおんなじように弾いたら、パンとパンの間にパンがはさまってるみたいでつまらないよね、と言って、自分でウケて笑ってしまいました。(^^;)

まんなか(中間部)は2小節のモチーフが、音程だけちょっと上がって、2回繰り返されていることを話すと、「おんなじだーー!」と、びっくりして感動してくれていました。

うんうん、その調子♪

「音符が読める」ではなく、「楽譜が読める」子になろうね♪(^^)


♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪


以前、もっと体力あったころは、東京レッスン中に、3時間くらいでも間があったら、美術館へ行ったりしたのですが、最近なかなかそういうことができなくて、先日も、レッスンと、その合間の自分の練習だけで、何もしないで帰ってきてしまいました。

ただ、池袋で2つ利用しているスタジオのひとつは、すぐ向かいに「宮城ふるさとプラザ」があり、レッスン帰りによく買い物をします。(8時までなので、間に合わない時もありますが)

最終日に買った、今回の自分へのおみやげ♪

クリックすると元のサイズで表示します

もう、復興に協力などという次元ではなくて、本当に、大好きなんです。特にずんだ饅頭(右)は大が5つくらいつく大好き。ほぼ、ずんだでできているというか、ずんだの塊に薄〜い皮をまとわせた感じで、枝豆の香り豊かな餡が美味しいです。

笹かまぼこのずんだ入り(左)は、初めて見つけて買いました。ほのかな甘みを感じるずんだ入りのかまぼこは、不思議な味です。ずんだ大福(中央)もしっとりした薄めのお餅の中にたっぷりのずんだ餡で、美味しいです。

東京にお住いの皆様、是非どうぞ♪


最後まで読んでくださってありがとうございます。


よろしかったらクリックお願いできれば幸いです。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
クリックして表示される一覧から、ピアノメモをクリックしてくださると
INとOUTで1点ずつ入るようです。


もうひとつのブログ「愛の夢のつづき」もよろしくお願い致します。
3



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ