2014/9/14

長江杯国際音楽コンクール入賞者披露演奏会  ピアノ

多分2006年頃から1年程レッスンに来られ、数年間、事情でお休みのあと、再開してからはずっとレッスンを続けられている東京のピアノの先生が、40代で、初めて、コンクールというものに入賞されました。

そういうレベルではないとご自分でも言われていたし、伴奏や室内楽では演奏されても、そもそもコンクールで弾くようなソロの曲を弾く自信がなかったのです。でも、海外でも勉強されたこともある、真摯な「学ぶ姿勢」がまずあって、さらに、控えめな良いセンスというか、音楽的感性が見え隠れしていたので、、私は、是非、それを、ソロでも生かして花開かせてほしいと思っていました。そして、何より、良い意味の、自信をもってほしいと思っていました。


緊張のあまり派手なミスもあったそうですが、それでも4位になり、「自分はもっとできるのかも・・」と前向きな、良い意味の欲をもってくださって、本当によかったです。40代はまだまだこれからです。今後さらに大きく花開いていくことを、心から楽しみにしています。


====ご本人からのお礼メールの一部です============

数年前まではコンクールなんて私には全く縁の無いものと思っていましたが、
こうして入賞することが出来て大変嬉しく感慨無量です。

それも野谷先生のご指導やあたたかいお言葉に励まされたおかげです。
本当に感謝しています!!ありがとうございます!!

=====

おかげさまで本当に少し自信がついてきました(*^_^*)
次はもっと良い演奏ができると思います。

=============================


最後の1行が大事!それです!そう思ってほしかったんです。
「次はもっとできる・・」って。

入賞演奏会の日、私は門下生コンサート前日で、どうにも聴きには行けませんが、
聴きたいと思ってくださる方がいらしたら、彼女のノルマを手伝おうと思いますので、
どうぞ、ご連絡くださいませ⇒ pianoon★nifty.com (★を@に替えて)

演奏曲は、

アルベニス:イベリア第3巻より第1曲「エル・アルバイシン」(約7分半)

はい、チャリコンで同じ曲を弾かれる奥村さんです。(^^)

演奏会は12月13日(土)新宿の角筈区民ホールです。
(出演時間など詳細は分かり次第発表します。)

どうか、よろしくお願い致します。

追記
※コンクールの結果で総てが解るとは考えていません。また、どなたにでもコンクールを勧めるコンクールマニアでもありません。ただ、、時には、とても可能性があるのに、自信がない方に、勇気を出して、自信を持つ「証拠」にしてほしいと考えて、お勧めすることがあります。

最終目的は、コンクールではなく、少しでも大きく可能性を花開かせ、少しでも良い表現で、少しでも良い音色で、少しでも良い演奏を、聴いてくださる方々と共有する喜びを味わうこと、と思っています。

最後まで読んでくださってありがとうございます。

★ランキングに参加しています。下のひまわりのついた四角いバナーか、「にほんブログ村」という文字をクリックして頂けると嬉しいです。

★そして、リンク先で表示される一覧表から、「ピアノメモ」をクリックしてくださると、INと、OUTの両方で1点ずつ入るという仕組みのようです。

よろしくお願い致します。ありがとうございます!!(^^)

Megumi

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ