2014/7/24

震災だけでなく・・・  チャリティーコンサート

今日移動で、明日から大阪レッスン、土曜にまた移動して、日曜から東京レッスンです。毎月の事ではありますが、まる1週間の出張前は準備などで色々落ち着きません。。

今日は、震災ではないチャリティーのことを書かせてください。

最初にチャリティーコンサートを開催するきっかけとなった日本移植支援協会の機関誌に、掲載して頂きました。A4サイズの誌面の上半分のスペースに、こういう感じです。

クリックすると元のサイズで表示します

この機関誌を、チャリティーコンサートで配布させて頂こうと思います。来てくださる皆様、是非、他のページもお読み頂き、患者さんのこと、頑張ってくださっている医療関係の皆様の事、募金活動されるボランティアの皆様のことなど、知って頂ければ幸いです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日本移植支援協会は、HPの「本協会について」というページに詳しく書かれていますが、移植手術がかなわず亡くなった、3人のお子さんのご両親3組が集まって、移植手術が必要な人々のために活動されている会です。ご自分のお子さんが、移植できずに亡くなったのに、他の人々の移植手術のために尽力され、ひとりでも多くの命を救おうと15年、活動を続けられています。

私は子供はいませんが(その前に結婚もしてませんが)、我が子を失う悲しみは想像を絶することと思います。なのに、同じ移植手術を必要とされる他人のお子さん、あるいは大人の皆さんのために尽力される、そのお気持ちに心打たれます。


10月19日のチャリティーコンサート開催を決意した1番の理由は、震災を語る金メダリスト・羽生結弦選手に胸打たれて、(無力なんかじゃないですよ、と言いたい)ということで、100%を震災支援に寄附しようかと、本当に、何度も、何度も、何度も、考え、悩んだのですが、やはり、ごく一部でも、移植医療へ寄附させて頂こうと決めたのは、上記、設立の経緯を思い出すたび、胸打たれ、忘れられないからです。


ご協力くださっている皆様、ありがとうございます。


★業務連絡

出演者で、ちらしチケットお送りすることになっている皆様、発送遅くなっていますが、荷物に入れました。
大阪で個別に封入し発送することになるかと思います。もう少々お待ちくださいね。
5



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ