2006/12/31


あと少しで年が明けます。今年は家族を失いましたが、それも含めて深い意味での学びの多い年でした。悲しいことではありますが、親は見送らなくてはならないのですから、私が先立ったりせずに、無事に見送ることができてよかったですし、レンアイとかケッコンとかにさっぱり縁のない人生でしたが、だからこそ、最後の数年間、頻繁に入退院を繰り返す母の傍にいられてよかったと心から思います。色々なことが偶然ではなくて、これでよかったのだと思います。

そして、自分のことのように泣いてくれた友人・知人・大人の生徒の皆さんがいてくれて、私はなんと幸せなのかと思います。
さらに、人生半世紀を過ぎてから初の海外留学・・しかも学費全額免除でなどという、夢にも思っていなかったこともありました。これも、偶然ではないタイミングと思いますし、人からも言われました。後はただ、感謝を持って、きちんと生きていこうと思います。向こうの世界に居る母に心配をかけないように。

9月にロシアへ行った時、モスクワ音楽院の帰り道で、雨上がりの虹を見ました。ロシアでは夢がかなったというより、夢にも思っていなかったことが実現したので・・・きれいな虹を見上げても、かける願いはありませんでした。

除夜の鐘が聞こえます。皆さんにとって、来年がいい年になりますように。
クリックすると元のサイズで表示します
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ