2012/9/29

人生は波乱万丈・・・東京の演奏会・その1  コンサート

クリックすると元のサイズで表示します

すみだトリフォニーでのコンサート、Dream in Music、無事終わりました。

前日の25日、ホテルを移動する際、鋭く尖った石が表面に出た状態の
未完成舗装の道で、荷物と共に凄いころび方をして、手足にけがをして
左手のひらの手首近くに深い傷があり、手を開くと激痛。
捻挫もあって、バスを弾く小指を使うと手の甲まで伝わる痛み、
右膝もペダルを踏むと痛いという状態で演奏しましたが、
「誰にも気づかれなかった」というのが奇跡です。必死でした。

祈って下さった皆さん、念力送って下さった皆さん、
本当に、本当に、本当に、ありがとうございました。。。


怪我した瞬間、「なんで今日なの!?」と思いました。
近くの薬局で、消毒薬、化膿止めの塗り薬、
大きな傷用パットのついた絆創膏など買って、
薬剤師さんが手当てをしてくれて、
ホテルに荷物を置いてからスタジオへ向かいました。

その日は、演奏会当日、どうしても来られない方のレッスンが
複数あって、レッスンの中で演奏すると言う約束になっていました。
スタジオについて、最初の1時間は自分の練習にとってあったので
ちょっと弾いてみても傷の痛みより捻挫の痛みがひどくて
特にマラゲーニャのオクターブのフォルテが無理。。

でも、凄く感覚を研ぎ澄ましながら用心深く弾くと、
いつもレッスンで言っている体の使い方の中のいくつかを
うんと意識すると痛みが少し楽になることを発見!!!
衝撃的な勉強でした。

それでも、今、無理に使って本番で動かなくなると困ると思ったので
最初のレッスンと、次のレッスンの中では、3曲中の1曲目と2曲目だけ弾いて、
3曲目はパスさせてもらいました。(ごめんなさいね。。)

その次のレッスンでは「片手練習でもスローモーションでもいいから、
無理でなければ、練習を聞かせてほしい」とのことで、
マラゲーニャも右だけで演奏しました。
本当に、泣いて感動してもらって、「右手しか弾いていないのを
この目で見ているのに、左手が聴こえてくる!何の不足も感じない!」と
泣きながら言ってもらったことが、翌日の本番へ向かう心の支えになりました。

・・・・・つづく

8



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ