2010/10/11

先生が学ぶことの素晴らしさ 2  ピアノ

次は、生徒さんたちの発表会で最後に演奏するために
レッスンに来られたピアノの先生のメールからの抜粋です。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
鐘は大きなミスは無く弾けました。まだまだ未完成ですが、
毎日の練習、リハーサルを聞いていた息子は「一番、良かった」と。
・・・(略)・・・
和音の揃わなかったところは自分のからだの力が抜けてくると、
揃うようになってきました。3連符のミスは、先生に教わった練習法で
完璧ではありませんが良くなったと思います。
本番での演奏は冒頭のラ・ソ・ドの後の4小節は手が震えました。
その後は出したい音色・ベダル・体の使い方・表現などが
自然に頭の中に浮かんできて集中できました。
今までで一番、ピアノを練習して楽しいと思いましたし、
本番もすごく気持ち良く弾けました。細かいミスは山ほどありますが
演奏することがこんなにも楽しいと46歳で初めて思いました。


子供達と同じ気持ちで、本番までの練習は物凄く、
生徒のレッスンにプラスになる事ばかりで、今まで聞こえてなかった音、
聞こうとしてなかった音、フレーズ、ペダルと、次から次へと聞こえてきて、
恵先生のレッスンは数回だけで私の脳が活性化させられた気持ちです。
ただ時間だけかけてピアノを弾いても、無意味と実感しました。

発表会は大きなトラブルもなく生徒も大きなミスは無く終了しました。
恵先生のレッスンを受けたお陰で生徒の演奏までかなりレベルが上がりました。
ありがとうございます。
手伝いに来てくれた先生とお嬢さんも「音の綺麗な子が多い!」との評価で、
とてもうれしかったです。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

演奏することがこんなにも楽しいと46歳で初めて思いました。
・・・という表現に感動しました。

ほんの数回のレッスンで生徒さん達にも影響があらわれて
レベルが上がったというのは、
この先生が、私のレッスンから得た「知識」だけを伝えたのではなく、
「子供達と同じ気持ちで」学ぶ喜びや上達する喜びを感じながら
レッスンを受け、演奏したということが、
子供の生徒さん達にも伝わったのだと思います。

その後のメールには、こんな一文も・・
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

学びの再スタートはなんとも豊かになったような?財産???が増えていくような?
不思議な感覚です(*^_^*)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

今後もレッスンを継続することとなり嬉しいですし、
なんと、文中の「手伝いに来てくれた先生」(同世代)も
この直後にレッスンを受けに来られました。

ベテランのピアノの先生方が、こうして学ぶことそのものが
ほんとうに素晴らしいことと思いますし、
さらに、それが子供たちの世代に伝わっていくことを
心から素晴らしいと思います。

私もこれからもがんばります。(^^)

19



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ