2009/9/8

十年後に、きっと若い、という話♪  ピアノ

東京から帰ってきました。その話は次の記事で。。

実は東京へ行くちょっと前に、
また膵炎になっていることが分かりました。
完全に慢性という程、今回は酷くはないそうですが、
それに近い状態のようで、
もう、ステロイド治療をしないというだけでなく、
普段飲んでいるメニエールの薬なども減らした方がいいようです。
(食生活は気をつけ続けています。)

それにしても、突発性難聴の後遺症と、メニエールに加え、
膵炎ともずっと付き合うのかな・・とか、
ずううっと「美味しいもの」が食べられないのかな・・とか、
思うと、少々凹みました。。

が・・・何とか、良い方向に考えられないか・・・と
色々考えるうち、いいことを思い出しました。

摂取カロリーを低く抑えると、健康に良いだけでなく、
外見も若く見えることが、
猿での実験では実証されたという番組を以前見たのです。
同じ年齢で、食べ物以外は全く同じ条件で、
たっぷり食べている猿と、摂取カロリーを低く抑えた猿では、
親子かと思うほど、後者が若く見えたのです。

しかも、若く見える方は、動作も機敏で、よく動き、
年寄りに見える方は、不活発でした。

膵炎にいい食生活は、カロリーが低くなりますから、
きっと、十年後の私は、若く見えるはず。。
うん、それを楽しみに、がんばります♪♪(^^)
クリックすると元のサイズで表示します
スタジオに持ち込んだ低カロリーのお昼ご飯。
ケフィアという乳酸菌が入った大豆バー「KEFIR」。
コラーゲンペプチドが入ったタイプの他に、葉酸や、
カルシウムが入ったタイプもあります。
これ、札幌では売ってないようです。



5



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ