2015/4/16

肩骨折の重傷を越えて・・・  ピアノ

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ


昨年12月の門下生コンサートで、特に印象に残ったとか、上達したなどで、お名前が挙がった中に、実は、昨年春先、肩骨折の重傷を負った方がいます。

ピアノの先生ですが、春先に転倒し、複雑骨折でボルトを入れる手術をし、1か月入院するという大変な事態でした。
長く固定された後は、リハビリで少しずつ腕を動かすことから始めなくてはなりませんでした。

やっと腕も動くようになり、ピアノも少しずつ弾けるようになった頃に、今度は、肩に入れたボルトを摘出するための再手術。。そして、また、リハビリから・・・。

本当に、昨年は苦難の年でした。

なのに、返って上達したのです。まさか・・・と思いますよね。でも、事実なんです。

私が手の中の骨(有鉤骨)を骨折した時もそうでしたが、長い間練習ができなかった後だからこそ、練習ということに凄く意識が集中し、なんとなく弾いて終わってしまうような時間の使い方をせず、あの練習も、この練習も、と、工夫した練習をしっかりしたわけです。

結果、トータルの練習期間も練習時間も少なくても、いつもより良い演奏になりました。(練習方法は、その曲にもよりますし、本当に色々なのですが、文章だけでも伝わる基本的なことを少しだけ書くと、丁寧な音楽的なパート練習とか、スローで1小節を感じるなど具体的に色々あります。)


最後まで読んでくださって、ありがとうございます。


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
4

2015/4/16

タッチ:深いか浅いかだけではなく・・・  ピアノ

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ


タッチ・・・ピアノの鍵盤に、どう触れるか・・・ですが、日本語では「打鍵」という言葉で分かるように、どう打つかと考えがちです。これ、訳す時に、触鍵と訳せばよかったのかもしれませんね。(^^)

「打つ」という言葉は、スピードの速いイメージにつながります。

スピード速く打っていると、当然深い所まで行くし、無理に浅くしようとしてもコントロールが難しく、スカスカの音になったりします。

スピードも、深さ浅さも、コントロールしながら使い分けると、色々な音が出ます。

深く打つべきか、浅いのがいいのか、という、白か黒か的な感じではなく、真っ白と真っ黒は使わない、つまり、これ以上行かないような深すぎるところへガッと打ったり、鳴らない程浅くはせず、その中間の千差万別のグレーを使いこなす感じです。

そのための出発点ともいえるのが、感触を敏感にすること。

何度も書いた「触ってから弾く」というのは、そういうことなのです。(但し、沢山の指が全部触っていると動き難いです。)

こういうことが自由自在になるには、指先の事だけを考えるのではなく、やはり、体のことも考えなくては、と思います。

そして、タッチを磨く練習は、電子ピアノでももちろん可能です。

誤解を招かないよう、ずっと以前には書くのを控えていましたが、近年の東京での演奏会では、本当に多くの方が、私の音に感動してくださったので、今なら書いても大丈夫かな・・・と思いますが・・・

私の練習は、電子ピアノが多いです。

耳の病気に、大きな音を聴くのが良くないので、耳の負担を減らすためというのも大きな理由ですし、ご近所迷惑にならないように(レッスンだけでも沢山音を出しているので)というのも、理由です。

昔(20年前に買った頃)は、電子ピアノで練習した後は、タッチが悪くなりましたが、今は、当時よりずっと感触が敏感になっていて、タッチのコントロールができるので、ほとんど関係なく、練習できます。

また、キタラでの門下生コンサートで、「最初の方から、もう音が素晴らしくきれいで、びっくりして・・」と言って頂いた出演者の皆さんのうち、複数が、実は、電子ピアノです。


要は、使い方次第、ということです。(^^)


最後まで読んでくださって、ありがとうございます。



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
4

2015/4/16

選曲:ヒャクマンエンもらっても弾かないという大反対  ピアノ

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ


ハンガリーの3人の恩師のうちのおひとりがまだ日本に住んでいらした頃の話です。急に決まった3か月後のコンサートで弾く曲のご相談をしたことがありました。

人前に出していない曲を弾きたかったので、候補は、ちょっとは譜読みしかけたことのある曲の中から、2曲に絞っていました。

シューベルトのさすらい人幻想曲と、バッハ=ブゾーニのシャコンヌ。

楽譜を見た感じも、ゆっくり譜読みしている感じも、シューベルトの方がずっと簡単に思えました。でも・・・

先生は、「あと3か月でさすらい人を弾けと言われたら、自分だったらヒャクマンエン(ここ日本語)もらっても断る。」と猛反対。。

「ピアニストとしても素晴らしかった作曲家たち、リストや、ラフマニノフ、ブゾーニも、どれほど難しく見えても、弾けるように書く。でも、ピアノがヘタだったシューベルトは、無茶を書く。その無茶を弾きこなすには、年月が必要だ。3か月では足りない。シューベルトはもっと先の君のビッグリサイタルのためにとっておきなさい。」とのこと。

譜面はずっとシューベルトの方が簡単に思えましたが、多くの経験をされた世界的ピアニストで、世界最高峰の音楽院の先生が、そこまで仰るなら、やめておいた方がいいのかな・・と考え、シャコンヌにしました。

数年後に、「君のビッグリサイタル」ではなく、活発に演奏活動していた友人たちとのジョイントリサイタルでしたが、さすらい人を演奏した時、先生が「ヒャクマンエンもらっても断る」と仰った意味がつくづく分かったのでした。

最後まで読んでくださってありがとうございます。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
1

2015/4/16

バラ1を弾くピアニストたち【7、アムラン】ショパン・バラード第1番  ピアノ

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ




マルカンドレ・アムラン。カナダのピアニストです。非常に難しい曲や珍しい曲を良く取り上げるピアニストです。ピアノを弾く父親の影響で、幼い頃から近現代の曲に接していたという影響も大きいと思われます。

作曲もするようで、そういう視点からも考えているのでしょう。個性的な演奏ですが曲の魅力を引き出し、生かしています。

短い単位で聴くと、テンポがフラフラっと走ると感じるところがあると思いますが、大きなフレーズでカウントすれば、しっかり時間をコントロールしています。なので、ぐいぐいと引っ張られ、ついていけます。

音価の差(長い音は長く短い音は短く)は、つけすぎなくらい大袈裟な時もあり、それも、独特な魅力になっています。

表情豊かというか、変化に満ちたドラマティックな演奏です。コーダは見事にコンフォーコ(炎をもって)でありながら、各声部が整理されて、それぞれの音楽をしていて圧巻です。

最後まで読んでくださって、ありがとうございます。


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ