2014/10/10

音楽という言語(1)  ピアノ

20代までは、音楽とは、感性で「感じる」ままにするものなのだから、そこに理屈を持ち込むなんて邪道だ・・と思っていました。
 
でも、30歳から延べ8年(2+3+3年)お世話になった3人のハンガリーの先生方(おひとりは東京、お二人は札幌に住まわれていました)のレッスンで、度々、「楽譜がこうなっているから・・」という説明の元に、表現のアドヴァイスがあり、そういう目で楽譜をよく見ると、そこは表現のヒントの宝庫でした。
 
さらに、30代半ばから10年間お世話になった、東京の音大でも講義されている作曲家の先生も、非常に的確な表現で、楽譜を根拠に、表現のアドヴァイスをされ、それが、「腑に落ちる」感じで、レッスンの最後には、「私はこういう風に弾きたかったんだ・・」と目から鱗が落ちるように感じました。
 
楽譜を良く見て「考える」ことは、「感じる」ことの邪魔をするどころか、「感じる」ことを助けてくれるものでした。
 
自分の勝手な解釈・・・というのとは、違うのです。
 
某所で、自分の勝手な解釈の押し付けというのではない「伝統の継承」といったものがあるのではないか・・という、素晴らしい言葉で表現されていましたが、まさしく、そういうことだと思います。文章の読み方のようなもの・・・。
 
 
あくまでひとつの例ですが、「2回同じことがあったら、2回同じに弾いてはいけない。それが西洋音楽のルールだ。」と、西洋人の先生が仰ると、それだけでも、「なるほど!」と、意識が変わるわけです。そういった、明確で、応用のきくアドヴァイスを沢山頂いて、いつの間にか、楽譜の見え方が少しずつ、変わっていきました。
 
それらは、レッスンでも生かすことができるものでした。バイエルも、ツェルニーも、ちゃんと考えると、まるで別の曲のように、とても素敵に、聴こえました。
 
音楽という言語(language)で語りなさい・・・と、帰国される時(お別れのとき)に、素敵な言葉を書いてくださったハンガリーの先生がいらして、人に語るように演奏しようと思いました。
 
フレーズ・・・文章のひとまとまり・・・をどう設定して読むか、つまり、演奏するかで、雰囲気は大きく変わります。
 
大抵は短くとらえられています。
 
スラー=フレーズ、と思ってらしたピアノの先生が、片手では数えられないと言うと、「もう1人数えてください、(^^;)/ 」と手を挙げた先生も・・(^^) そのユーモアと謙虚さが素敵だと思いました。
 
そうなんです、もっともっと長く作れた方がいい。スラーがフレーズと一致する「場合もある」という感じです。しかも、短いフレーズ、「モチーフ」と私は言っていますが、言葉でいえば「単語」のようなもの。単語を連ねて、文章ができるわけです。
 
つづきます。
 
 
 
最後まで読んでくださってありがとうございます。
 

よろしかったらクリックお願いできれば幸いです。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
クリックして表示される一覧から、ピアノメモをクリックしてくださると
INとOUTで1点ずつ入るようです。
 
もうひとつのブログ「愛の夢のつづき」もよろしくお願い致します。
6

2014/10/8

ずんだ ずんだ ずんだ 宮城  ピアノ

タイトルは、4拍子で、ずんだは、「ずん」が長い、付点の(スキップの)リズム、「みやぎ」は3つの音の長さが同じ、3連符です。・・・・冗談です。


レッスンで、幼稚園の年中さんにアナリーゼ(楽曲分析)の入り口みたいな話をしていて、3部形式の曲を「サンドイッチの形」と説明し、まんなか(中間部)をおんなじように弾いたら、パンとパンの間にパンがはさまってるみたいでつまらないよね、と言って、自分でウケて笑ってしまいました。(^^;)

まんなか(中間部)は2小節のモチーフが、音程だけちょっと上がって、2回繰り返されていることを話すと、「おんなじだーー!」と、びっくりして感動してくれていました。

うんうん、その調子♪

「音符が読める」ではなく、「楽譜が読める」子になろうね♪(^^)


♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪


以前、もっと体力あったころは、東京レッスン中に、3時間くらいでも間があったら、美術館へ行ったりしたのですが、最近なかなかそういうことができなくて、先日も、レッスンと、その合間の自分の練習だけで、何もしないで帰ってきてしまいました。

ただ、池袋で2つ利用しているスタジオのひとつは、すぐ向かいに「宮城ふるさとプラザ」があり、レッスン帰りによく買い物をします。(8時までなので、間に合わない時もありますが)

最終日に買った、今回の自分へのおみやげ♪

クリックすると元のサイズで表示します

もう、復興に協力などという次元ではなくて、本当に、大好きなんです。特にずんだ饅頭(右)は大が5つくらいつく大好き。ほぼ、ずんだでできているというか、ずんだの塊に薄〜い皮をまとわせた感じで、枝豆の香り豊かな餡が美味しいです。

笹かまぼこのずんだ入り(左)は、初めて見つけて買いました。ほのかな甘みを感じるずんだ入りのかまぼこは、不思議な味です。ずんだ大福(中央)もしっとりした薄めのお餅の中にたっぷりのずんだ餡で、美味しいです。

東京にお住いの皆様、是非どうぞ♪


最後まで読んでくださってありがとうございます。


よろしかったらクリックお願いできれば幸いです。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
クリックして表示される一覧から、ピアノメモをクリックしてくださると
INとOUTで1点ずつ入るようです。


もうひとつのブログ「愛の夢のつづき」もよろしくお願い致します。
3

2014/10/7

○の、その先 〜結弦君も、ツィメルマンも、できたところで終わらない  ピアノ



できなかったら、できるまでやる

できるようになったら、完璧にできるまでやる

完璧にできるようになったら、何度でも完璧にできまでやる



これは、いかにも羽生結弦らしい考え方と思いますね。だから、世界一になったのでしょう。(こういう考えなら、必ず世界一になれるわけではもちろんないですが。)



一方、ツィメルマンは、1曲を人前に出すまでに10年かけるそうです。彼くらいのレベルなら、難しい曲でも1か月や2か月あれば弾けるでしょうに。。

つまり・・・できるようになったところから、10年、なのですよね。

あ、できた、弾けるようになった・・・で終わりではなく、そこからが出発だと、私も思うわけです。


最近教えている小学生の生徒ちゃん、ピアノを始めてやっと1年です。連弾(ディアベッリ・旋律的小品集)で、私がいっしょに弾くと、かなり格好よく聴こえるので、弾けるようになって○にする時、「○にはするけれど、弾きたかったら、何回でも持ってきていいよ♪」と言います。

すると、必ず、○になった後も持ってきます。そして、また弾いて、レッスンしていると、さらに、素敵になっていきます。


つまり、弾けるようになった後、「追究」する楽しさを覚えてほしいのです。

ピアノは、○の数や、終わった教則本の冊数に価値があるわけではありません。

素敵な曲を弾き続ける楽しみや「もっと素敵にする」という姿勢を、小学校低学年でも分かってほしくて、そして、それを「自分がしたいから、する」という形で、してほしくて、「また持ってきてね」ではなく、「持ってきてもいいよ」というわけです。

「★★ちゃんが弾きたかったら、何回でもつきあうよ」と。

ねらい通り(笑)、時には、ずっと前に○になった曲と、前回のレッスンで○になった曲と、新しい曲と、連弾3曲持って来てくれたりします。

いつもはお仕事で来られないお母様が、お仕事がお休みの時に見学に来られ、「感動しました。」と言ってくださいました。ピアノを習い始めて1年でも、お母様を感動させる演奏が可能です。

○の数や、終わった本の数を誇るのではなく、追究し続けて、曲の感動を深めることに喜びを見出す人に育ってほしいと思っています。

それはきっと、ピアノ以外にも、良い効果があると思っています。(^^)

最後まで読んでくださってありがとうございます。


よろしかったらクリックお願いできれば幸いです。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
クリックして表示される一覧から、ピアノメモをクリックしてくださると
INとOUTで1点ずつ入るようです。


もうひとつのブログ「愛の夢のつづき」も、どうか、よろしくお願い致します。
2

2014/10/5

本物の月光  ピアノ

名曲を、そのままでは難しくて弾けないので、簡単に編曲したものを弾いて楽しむという事は、よくあります。もちろん、そういう風に楽しむのもいいと思います。
ただ、本物の魅力には、遥かに及ばないのは確かで、弾く感動も、遥かに及ばないのも確かです。

数年前に、私より年上世代のバイエルレベルの方が、うんと簡単に、短く編曲された楽譜で、ベートーヴェンの月光の第1楽章を持ってレッスンに来られました。

いわゆる大人の音楽教室のような感じの所で、そういう簡単バージョンの有名なメロディーを、沢山されていたそうです。

その曲でレッスンを始めたものの、調も、音程も、リズムも変えられた「月光」に、私がどうしても耐えられなくて・・・。

本物の月光の楽譜を出してきて、第1楽章を全部弾きました。
その結果・・・「いやぁ〜、ステキ!!全然違う〜!!こっちの方が全然ステキ!!」と、大感激してくださって、簡単バージョンよりずっと手数や時間はかかるけれど、本物の月光を弾くことになりました。

もちろん、ひたすら練習して、弾けるようになってください・・・なんていう話ではありません。

音楽の基礎である時間の感じ方、1拍目の重さなどの話から、声部という概念、各声部を弾き分ける方法、その練習の仕方、技術的な鍵盤への接し方、入っていくスピードや、打つ深さのコントロール、などなど。

そういったピアノの先生方にもお伝えしているような事と共に、もうひとつ重要な勉強が必要でした。

楽譜を読む、ということ。

なぜ、簡単バージョンで弾くかというと、技術の問題の他に、楽譜が難しいというのも大きな理由です。だからといって、読めるようになるために沢山の練習曲を弾いている時間(年月)は、熟年世代にはありません。

書く勉強を並行して取り入れるなどの工夫で、乗り越えました。

期間は長くかかりましたが、書いてある音を、ただ間違えずに弾くというレベルではなく、表現も含めて、弾けるようになりました。

そして、ご事情で数年お休みされた後も、弾けたのです。

現在は、ショパンの、もちろん本物の、ノクターンを勉強中です。

これからまた、1ヶ月か2ヶ月か、ご事情でピアノを弾けない環境に行かれることになりましたが、ピアノがなくても、楽譜を書いたり読んだりして、「楽譜と親しむチャンスにしましょう♪」ということになりました。

きっとまた、一段と楽譜が楽に読めるようになりますね。
11月くらいに、またレッスンでお会いできるのを楽しみにしています。(^^)


最後まで読んでくださってありがとうございます。


よろしかったらクリックお願いできれば幸いです。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
クリックして表示される一覧から、ピアノメモをクリックしてくださると
INとOUTで1点ずつ入るようです。


もうひとつのブログ「愛の夢のつづき」もよろしくお願い致します。

2

2014/10/3

長江杯国際音楽コンクール入賞者披露演奏会のちらし  コンサート

東京で長く私のレッスンを受けられているピアノの先生が、40代にして、生まれて初めての、コンクール入賞ということで、私も嬉しくて宣伝しています。

クリックすると元のサイズで表示します


第17回「長江杯」国際音楽コンクール入賞者披露演奏会

2014年12月13日(土)

開場  13:00
表彰式 13:15
開演  13:30

新宿区立 角筈区民ホール 3000円

奥村真由子さんが出演し、
アルベニス / イベリア第3巻より 第1曲 エル・アルバイシン
を演奏します。



子供の頃から、または、お若い頃から、コンクールに入賞していたならともかく、40代になって生まれて初めてというところが凄いことですよね。

この記事をアップした後にレッスンでお会いした皆さんは、全員、本当に驚いて、感動してくださっていました。

30代になったばかりのピアノの先生は、(今はまだガチガチだった体がやっとほどけて指が動いてきたところですが、)いつか、そういう風になれたら、とのことでした。

年齢は関係ない、と、そして、方法を学ぶことで若い頃より弾けるようになると、私がいつも言っていることの証拠がまた一つ増えたようで嬉しいですし、他の皆さんのモチベーションにもなりました。

よかったよかった!

最後まで読んでくださってありがとうございます。


よろしかったらクリックお願いできれば幸いです。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
クリックして表示される一覧から、ピアノメモをクリックしてくださると
INとOUTで1点ずつ入るようです。


もうひとつのブログ「愛の夢のつづき」もよろしくお願い致します。
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ