2014/7/24

震災だけでなく・・・  チャリティーコンサート

今日移動で、明日から大阪レッスン、土曜にまた移動して、日曜から東京レッスンです。毎月の事ではありますが、まる1週間の出張前は準備などで色々落ち着きません。。

今日は、震災ではないチャリティーのことを書かせてください。

最初にチャリティーコンサートを開催するきっかけとなった日本移植支援協会の機関誌に、掲載して頂きました。A4サイズの誌面の上半分のスペースに、こういう感じです。

クリックすると元のサイズで表示します

この機関誌を、チャリティーコンサートで配布させて頂こうと思います。来てくださる皆様、是非、他のページもお読み頂き、患者さんのこと、頑張ってくださっている医療関係の皆様の事、募金活動されるボランティアの皆様のことなど、知って頂ければ幸いです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日本移植支援協会は、HPの「本協会について」というページに詳しく書かれていますが、移植手術がかなわず亡くなった、3人のお子さんのご両親3組が集まって、移植手術が必要な人々のために活動されている会です。ご自分のお子さんが、移植できずに亡くなったのに、他の人々の移植手術のために尽力され、ひとりでも多くの命を救おうと15年、活動を続けられています。

私は子供はいませんが(その前に結婚もしてませんが)、我が子を失う悲しみは想像を絶することと思います。なのに、同じ移植手術を必要とされる他人のお子さん、あるいは大人の皆さんのために尽力される、そのお気持ちに心打たれます。


10月19日のチャリティーコンサート開催を決意した1番の理由は、震災を語る金メダリスト・羽生結弦選手に胸打たれて、(無力なんかじゃないですよ、と言いたい)ということで、100%を震災支援に寄附しようかと、本当に、何度も、何度も、何度も、考え、悩んだのですが、やはり、ごく一部でも、移植医療へ寄附させて頂こうと決めたのは、上記、設立の経緯を思い出すたび、胸打たれ、忘れられないからです。


ご協力くださっている皆様、ありがとうございます。


★業務連絡

出演者で、ちらしチケットお送りすることになっている皆様、発送遅くなっていますが、荷物に入れました。
大阪で個別に封入し発送することになるかと思います。もう少々お待ちくださいね。
5

2014/7/21

誰がショパンを弾いたか(羽生結弦選手新プログラム・バラ1について)  ピアノ

金メダリスト・羽生結弦選手の新プログラムは、ショパンのバラード1番!・・とニュースになった後、演奏者は誰だと思うかと複数の方からご質問を頂きました。

その時、お返事にも書いたのですが、昔、あるTV番組の中で、日本を代表する超有名女流ピアニストさんが、ご自分の演奏を当てるという企画で、自信をもってこれだと言った演奏が、全く別人の外国の巨匠の演奏だった・・ということがありました。(^^;)

つまり、演奏家ご本人が間違えるほどですから、特定は難しいですし、数えきれないほどあるバラ1の演奏を、片端から聴き比べている時間はないので・・と、ご容赦頂きました。

具体的にピアニスト名を複数挙げられた方もいらっしゃいましたが、同じピアニストでも若い頃の演奏と、10年、20年たってからでは考えも感覚も変わると思うので、やはり断言はできません。
が、有名どころを数人、聴いてみました。アルゲリッチ、アシュケナージ、ポリーニ、ホロヴィッツは、明確に違いますね。ツィメルマンは確かに似ていますが、違うところもあります。

分かりやすいようにポイントを絞って、コーダ(イタリア語でしっぽの意。最後に1回だけ出てくる締めの音楽)で比較します。この曲では、prest con fuoco(prestは極めて速く、con fuocoは英語のwith fire=炎を持って=激しく)と指示された聴かせどころで、ジェフの編集ではここをほとんど使っています。


アルゲリッチのコーダの演奏は、凄い速さなのと、あまりバス(最低音の声部)を出さないで軽い感じに疾走しています。ホロヴィッツも、それに近いくらい軽く速く疾走しています。こういう疾走感も魅力ではあっても、こういう演奏ではあの振り付けはできないです。
(ただ、アルゲリッチは、第1テーマでゆらりと踊るような表現をしていてそれは凄く魅力的)

逆にポリーニのライブ録音のコーダは内声も含めてすべてをしっかり出して豪華ですが、やや重い感じ。アシュケナージは高音を出していて、バスはあまり聞こえてこない感じです。

結弦君の演奏者とツィメルマンは、バスの音楽が聴こえて、次のページに続く音楽の盛り上がりに重要な役割を果たしています。そして、バスが出ているからこそのリズム感があり、極めてテンポの速い激しい踊りのような雰囲気が出ています。


では、結弦君の演奏者はツィメルマンなのか?というと・・・イントロもそっくりですし、共通点は多いのですが、最後の締めの3つの和音のタイミングが明らかに違います。

ツィメルマンの方がラストの和音を(時間的に)溜めてから弾いているので、堂々と「終わった!」という感じ。結弦君の演奏者は勢い余って最後の和音へ飛び込んだ感じ。

もちろん、同じ演奏者でも、その時の演奏によって違うこともありますが、ツィメルマンはレパートリーを人前に出すまでに10年かける人ですし、さらに、若いころからのレパートリーですから、もう、体に浸み込んでいるはずです。溜めるつもりだったけれど、勢い余って飛び込んじゃった・・・とは、まず、ならないと思います。


というわけで、この人!と断言できる演奏者には出会っていません。

でも、誰が弾いたか・・より、私が気になるのは、なぜ、この演奏を選んだか・・ということです。


結弦君の演奏者は、コーダでバスを生かし、どこか踊りのような独特のリズム感も生かしています。また、第1テーマの長い音をたっぷり長く響かせ歌っている(歌うように表現している)ことも含めて、とても魅力ある演奏です。


それだけ良い演奏だからこそ、世界的な有名演奏家の名が挙がるのでしょうけれど・・・例えば、これが、若い無名のピアニストの演奏を、ジェフが動画などで発見し、気に入って使った・・とかいう話だったら、さらにステキだと思ったりします。

立派な経歴であるほど、演奏も立派とは限りません。

もちろん、普通に考えれば、有名演奏家の演奏を使うでしょうけれど、そういう基準ではなく選んだ演奏であったらいいなと、ちょっと思いました。

3

2014/7/17

チケット到着♪ラスクは100個超え♪♪  ピアノ

♪大阪のくるりんさんからチケットが届きました。

とってもきれいな色彩!(^^)

普通に物を持つのも大変な、ご不自由な手で、
作って寄附してくださいました。

ありがとうございます!
ご協力くださった旦那様もありがとうございます!

大切に使います。そして、1枚でも多く売ります!!


♪ラスク売れ行き順調です!

既にご予約、100個超えてます。

ありがとうございます。

ご予約くださった皆さんはもちろん、
ブログやツイッターで宣伝協力してくださった皆さんも、
本当にありがとうございます。

色々な形で応援してくださるすべての皆さん、
そして、
心の中で祈ってくださっているあなたも、
ありがとうございます!!!


クリックすると元のサイズで表示します
4

2014/7/13

ラスク、予約販売。羽生結弦選手ポスター差し上げます。  チャリティーコンサート

震災機構プロデュース、モーモーハウスのラスクの予約販売をします。3個以上のご予約で、能登直さん撮影の羽生結弦選手のお写真を使用した、震災機構のポスターを差し上げます。3種類の中から選べます。

10月19日(日)、チャリティーコンサート当日に、ホールの受付で、ラスクとポスターをお渡しします。

ラスクは、岩手県の震災機構プロデュースのパン屋さん、モーモーハウスで、被災者の皆さんが作られているものです。一流シェフの指導を受けた、大変おいしいラスクです。

岩手から東京へ輸送して頂くので、売れ残りが出るリスクを避けるために、予約販売としました。

どうか、よろしくお願い致します!!


詳細PDFはこちらです。(ちらし=フライヤーの裏面に掲載します。)
http://megumi-notani.up.seesaa.net/image/chari_tokyo_b_ura2.pdf

ラスクの写真は、今回は私が撮影しました。
クリックすると元のサイズで表示します


ポスターは、以下の3種類です。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

ポスターA(左)とB(中央)は、残り僅かですので、先着順でご希望を承ります。
ポスターC(右)は、部数に余裕があります。

★お申込み方法:お名前、ご予約チケット枚数、ラスクの種類別個数、合計個数、ポスターご希望の方は ポスター希望(A,B,C)、とお書き頂き、Charicon_yoyaku@yahoo.co.jp へメールでお申込みください。

【例:岩手花子。チケット3枚。ラスクのシュガー風味2個、黒糖風味1個、計3個。ポスターB 希望。】

確認のお返事を差し上げますので、 Charicon_yoyaku@yahoo.co.jp のメールを受け取れるよう受信設定確認お願い致します。


よろしくお願い致します。

ご協力、心から感謝致します。ありがとうございます!!(^^)



2

2014/7/11

チャリティーコンサート内容決定!!  チャリティーコンサート

コンサートの内容、演奏順が決定しました!!

進行表を兼ねた、詳しい時間月のちらし、公開します。
配ってくださる方には、お送りします。

以下のURLをクリックすると、PDFが開きます。

http://megumi-notani.up.seesaa.net/image/chari_tokyo_b3.pdf

お蔭様で、〆切日、7月11日には、こうしてコンサート内容が決定し、
公開できるという流れの良さで、
初の東京でのチャリティーコンサートを運営できることを
本当に感謝しております。

皆様、ご協力、ありがとうございます。

よろしくお願い致します。
 
5

2014/7/8

チャリコン業務連絡と、藍染展と、冷風扇風機  チャリティーコンサート

★まず、チャリコン出演者の皆さんへ業務連絡♪

10月のコンサートの演奏順、原案の原稿をPCアドレスへお送りしました。
チェックお願いしますね♪♪

・・・とりあえず、原案まとまって、ほっとしています。

★その後、藍染展へ

門下生のお母様が趣味でされている藍染の展覧会が
道新ギャラリーであるとのことで、伺いました。

用があって、あまりゆっくりは拝見できなかったけれど、
深い藍色の、総絞りの浴衣の生地、素晴らしかったです。

(今日が最終日でした。)


★扇風機壊れたし、マンションは修繕工事でエアコンかけられないしで、
冷風扇風機というのを買いました。水を入れて使います。
保冷剤も使います。・・・・時代は変わる。。(^^;)

明日から、涼しくレッスンできます!!(^^)

クリックすると元のサイズで表示します

不思議な形・・・・
3

2014/7/5

【訂正!!】チャリコン曲目一覧・お申込み順  チャリティーコンサート

ミスを発見してしまいました。。
 
受付開始から今までの間に、受け付け順に曲を追加してきましたが、その間、変更のご相談メールやキャンセルメールなど裏では色々色々メールのやりとりがありました。・・・というのは、「色々大変だったので・・」という言い訳ですが(汗)
 
キャンセルされていない方を、キャンセルされた方と間違えて、一覧から消すという、とんでもなく怖ろしいミスをしていました!!orz (←これはこういう時に使う象形文字ですよね?)
 
演奏順を考えながら、沢山のメールのやりとりをひとつひとつ読み返して確認していて、発見しました。印刷前でよかったです!キャンセルは6番と9番の方です。訂正してお詫び致します。
 
昔々、、某音楽団体で、まだまだ不慣れなのに、役員のひとりに任ぜられ、印刷係を一人でまかされて、コンサート当日配布するパンフレットで重大な印刷ミスをし、直前に分かって、コンサートに間に合うかどうかぎりぎりで・・・
 
自分もオーディション直前だったのに、練習もできず、、印刷屋さんで間違えたページをはがす作業を手伝い、印刷やり直してもらい、音楽団体トップの方にお詫びに伺ったりした悪夢を思い出してしまいました。(怖・・)

 
 
★10月19日(日)東京建物八重洲ホールでの「愛の夢チャリティーコンサート」の曲目、お申し込み順です。演奏順は考え中です。
★受付は終了し、キャンセル待ちのみ、お受けしています。現在、3名の方がキャンセル待ちされています。
 

【曲目(お申込み順)】  

現在の総演奏時間 約3時間7分前後

1、ショパン エチュードOp.25-11「木枯らし」 4分50秒 ピアノ

2、ブラームス ラプソディ 第1番ロ短調op.79-1
                 第2番ト短調op.79-2  計13分 ピアノ

3、ブラームス インテルメッツォ Op.118-2  6分30秒 ピアノ

4、シューベルト アルペジオーネソナタ イ長調 D821 第1楽章 9分 ビオラ+ピアノ

5、ラフマニノフ プレリュードOp.32-5  3分30秒 ピアノ

6、キャンセル

7、米山正夫   津軽のふるさと  
  ロペス     Let It Go! (End Credit Version)   
  サルトリ    Time to  Say  Goodbye     計 9分20秒 声楽(ソプラノ)+ピアノ

8、ドビュッシー アラベスク 第1番 4分50秒 ピアノ

9、キャンセル

10、
中村 由利子 / Whispering Eyes
   西村 由紀江 / せせらぎ
   西村 由紀江 / Esplanade   計9分20秒 ピアノ
 
11、アンドレ・ギャニオン 静かな生活   4分未満 ピアノ
 
12、リスト 3つの演奏会用練習曲より「軽やかさ」 4分50秒 ピアノ

13、ショパン  バラード 1番 Op.23  9分50秒  ピアノ 

14、シューマン パピヨン Op.2  13分 ピアノ

15、リスト  リゴレットパラフレーズ  8分30秒  ピアノ

16、ベートーヴェン  チェロソナタ第1番 第1楽章 約13分 チェロ+ピアノ

17、加古隆 鎮魂歌(Requiem)
   加古隆 パリは燃えているか
   ラフマニノフ 楽興の時 第4番 9分45秒 ピアノ
 
18、「恋は魔術師」より
   序奏-きつね火の踊り・恐怖の踊り-魔法の輪・火祭りの踊り 12分 ピアノ
 
19、ガーシュウィン 三つのプレリュード T.U.V 7分 ピアノ
 
20、アルベニス イベリア第3巻より第1曲「エル・アルバイシン」7分30秒ピアノ
 
21、レハール ワルツ「金と銀」op.79 8分  ピアノ
 
22、ラフマニノフ エチュード音の絵Op33-8  4分30秒 ピアノ 
 
23、メトネル おとぎ話 Op.26
   メトネル ソナタ=エレジー Op.11-2  約11分 ピアノ
 
24、シベリウス 樅の木    4分未満   ピアノ

25、ドビュッシー ベルガマスク組曲より プレリュード 4分50秒 ピアノ

26、リヒャルト・シュトラウス 愛を抱いて  3分 声楽+ピアノ


この他に、現在3人の方がキャンセル待ちされています。


応援、ありがとうございます。

聴きにいらしてくださいね!!(^^)

8

2014/7/1

ハンディキャップを持つ子供たちのための音楽サークル  ピアノ

★前記事で、チャリコンの曲目、更新しました。


もう、7〜8年前からレッスンに来られている私の門下生で、
ピアノ講師の永宮さんは、
ダウン症のお子さんの子育てに奮闘する中で、
ハンディのあるお子さんたちが音楽を学ぶ機会がなかなかなく、
普通の音楽教室には、やはり気後れして行き難いことから、
お知り合いの先生とご一緒に、
そういうお子さんたちのための音楽サークルを立ち上げました。

ハンディキャップを持つ子供たちのための音楽サークル
「にじおとひろば」

素晴らしい発想と行動力に心から拍手です。

応援したくて、ご本人の了解のもと、掲載させて頂きます。
こういった試みが、他の各地でも、されるといいと思いました。


クリックすると元のサイズで表示します

講師プロフィール:永宮千里

ダウン症のひとり息子ちゃん(6才)の子育て奮闘中!
元ヤマ八音楽教室システム講師
現在児童デイサービスにてリズム講師、
自宅ピアノ・エレクトーン教室にて指導中

6



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ