2014/2/22

羽生結弦くんの、そして、奈々美先生の、白鳥【追記有り】  羽生結弦選手またはフィギュアスケート

今日の深夜というか、明日未明になりますが、フィギュアスケートのエキシビションで、羽生結弦くんが、ホワイトレジェンド(原曲白鳥の湖)を演じます。(NHK総合23日午前1時30分〜4時)

カナダへ行く直前まで師事していた阿部奈々美先生振付の作品で、2011年の全日本選手権EXで見て私が惚れ込んだきっかけのプログラム(今でも一番好きなプログラム)で、本当に素晴らしいので、深夜ですから録画されてでも、是非、ご覧下さい。


なぜかメディアには全くお名前が出てこないのですが、カナダへ行く前、ニース世選まで指導されていた阿部奈々美先生の振り付けによるプログラムは、どれも、結弦くんの魅力を本当に良く引き出していて素晴らしいです。それでいて、試合で点をとれるよう、その時々の結弦くんにとって難しい鬼構成プログラムでした。

そういうプログラムを作り、指導をされていた奈々美先生のことを、世界ジュニア選手権に優勝した後、結弦君自身が著書で語っています。

「僕がここまで来られたのも、仙台のリンクが無くなった頃(※筆者注:経営難で2004年12月〜2007年3月閉鎖)から見てもらっている、阿部奈々美先生のお蔭です。
先生は、いつも僕のことを真剣に考えてくれるし、ジャンプに関しても、奈々美先生の教え方がすごく僕に合っているので、先生のアドバイスをしっかり聞いています。(中略)
奈々美先生のことを信頼して、ずっと一緒に練習してきて、先生の作ってくれたプログラムを滑ってきたから、世界ジュニア選手権で優勝することもできました。」


その後も四大陸選手権など、シニアの国際大会ですぐに頭角を現しましたが、奈々美先生について、別の機会に「もっと、もっと、と気持ちを外へ出すよう指導してくださった」という趣旨の話も、結弦くん自身が語っていたのを読みました。

そういう指導や、魅力を引き出すプログラムがあったからこその成長があり、その上に積み重ねたクリケットでの学びがあって、今があると思います。


カナダへ行ったのは、新聞報道(←クリック)によると関係者(つまりスケート連盟?)の意志のようですね。

世界トップレベルに環境の整ったクリケットで、世界トップレベルのコーチ陣に学んで、もちろん、本当に、本当に、よかったと思います。この2年の素晴らしい成長とオリンピックの金メダルは、オーサーコーチはじめクリケットのコーチ陣のお蔭と思います。

でも、まず、世界へ出て行くまでを導いてくださった奈々美先生のことも、世の中に(最近の活躍で結弦くんを知った人々にも)知ってほしかったので、EXで奈々美先生のプログラムを演じてほしいと願っていました。願いがかなって嬉しいです。


奈々美先生のプログラムをEXで演じるのは、これ以上ない、恩返しメッセージになると思います。




=========追記==========

白鳥の湖・・・チャイコフスキーですから、ロシアでのEXにふさわしいですね!!

オリンピックも終わりに近づいた今頃、思い出しました。2006年に、コンクール入賞のご褒美でモスクワ音楽院のマスタークラスへ受講費免除で行かせて頂いた時、1日だけ、観光の日もあって、チャイコフスキーがよく散策したという池のほとりの遊歩道にも行きました。

その池を見ながら、白鳥の湖のインスピレーションを得たのではないかといわれているそうです。道の周りにはお花が咲いていて、池には水鳥が泳いでいて、とてもきれいなところでした。


白鳥の湖の池の写真はないのですが、チャイコフスキー像含め、ロシアで撮った写真です。

モスクワ音楽院の正式名称は、「チャイコフスキー記念国立モスクワ音楽院」。象徴のように入り口正面にチャイコフスキー像があります。

クリックすると元のサイズで表示します

下、小さくて見えにくいですが私です。音楽院入口で。(今より太っていました。)



結弦くんの2季前のSP「悲愴」の作曲家、スクリャービンの家です。(中は撮影禁止なので外観だけ)



2

2014/2/21

浅田真央さん、ブラヴォー!!  羽生結弦選手またはフィギュアスケート

まさかの失敗連続SPで、まさかの16位のあと、
あの演技ができたというのは、素晴らしい精神力ですよね。

私は、特別、真央ちゃんファンというわけではないのに、
もう、演技中から泣けて仕方ありませんでした。

エイトトリプル達成も素晴らしいですが、
スピードもすごく速くて、色々な点で、
バンクーバーよりレベルが上がっていることが明らかでした。

そのことが素晴らしい。。


4年間、基本から直そうと、結果が出ない時もくじけずに、
ずうっと頑張り続けて、よかったですね!!

思い通りの演技、心からおめでとう!!素晴らしかったです!!

6

2014/2/18

東京&大阪、レッスン再開します。  ピアノ

予想以上に皆さんにご心配をかけてしまいました。申し訳なく思っています。

また、3月、4月に本番を控えている方はもちろんですが、
そういう急ぎの需要(?)ではなくても、
コツコツと勉強を積み重ねている皆さんにも申し訳ありませんでした。

上の記事にある日程で、東京と大阪のレッスンを再開します。

お休みする連絡の時のお返事メールの一部に、
こんなことを書いて頂きました。(掲載許可済)

===========
想像以上に難しい状況のようですね…
ここはしっかり休むべきでしょう。
先生にはできるだけ長く続けてほしい思いがあります。
また私にしても、先生のレッスンかなり有意義な人生の時間になっています。
===========

「有意義な人生の時間」という表現に感動してしまいました。

5年ほど前、私の東京での演奏会を聴いて、習いたいと連絡くださって以来、
コンサートやコンクールを目指すのではなく、
ただ、趣味で、淡々とレッスンを重ねて来られた40代の方です。

お忙しくて練習時間は取れないので、その代り長い期間をかけて、
バッハやモーツァルトなどの地味なのに難しい、でも深くて素晴らしい曲を、
コツコツと仕上げ、本当に美しく表現できるようになった方です。

現在は音楽表現のコツを学ぶためにチェルニーの8小節エチュードと
リストをほんの少しずつ練習中。
練習時間が取れなくても、その代わりに、年月と、熱意があれば、
こんなにも、人は変われるのか、というくらい、変わりました。

レッスンをこんなにも大事に思っていてくださったからですね。

これからも、ピアノレッスンを「有意義な人生の時間」にできるように、
そして、少しでも長く、東京へ(大阪へも)通い続けられるように、
がんばります。 (^^)



P.S.

大雪が降った地方の皆さん、大丈夫でしょうか。

「今月レッスンに来られたら大変でしたね・・」というメールも頂きました。
ほんとです!行っていたら大変でした。
空港で一夜明かすなんてしたら、どうなったことか・・

行こうと思う時は、台風も道を譲ってくれるし、本当に不思議なことが
書くときりがないくらい、あります。
神様か、ご先祖様か、運命が、賛成してくれていると思っています。
がんばらなくては・・・

どうか、皆さん、お気をつけて。


3

2014/2/17

羽生結弦くん、金メダルおめでとうございます!  羽生結弦選手またはフィギュアスケート

結弦くん、金メダルおめでとうございます!

ほんとうに、よく最後まで諦めず頑張りましたよね。立派でした。

五輪の特別な緊張も、もちろんあったでしょうが、それだけでなく、随分過酷なスケジュールだったようですね。

前夜、とても遅い時間までショートの試合があって、その後にフリーの滑走順抽選もあったという情報も見ました。(点数の順でいいのに・・)

しかも、その後、SP成績上位3人(結弦くん、パトリック、ハビエル)は、記者会見もあったそうで、帰ったのは午前3時とか4時とか?・・で、公式練習が朝7時から始まるので、6時起きで、2時間くらいしか寝られなかったとか?・・体調不良、当然です。


特に、団体にも出た結弦くんとパトリックは、その疲れと、この強行スケジュールと、点数が僅差で、どちらが金メダルかというプレッシャーもあり、二人とも本番が思うようにできなくてアタリマエだったわけです。

ハビエルも、ジャンプの回数違反のミスなんて、する人ではないそうです。極度の緊張の中で演技した後に2時間睡眠では、頭が働かなくて当然ですよね。

スケジュールを、ペアと交互にして、つまり、男子SP→ペアSP→男子フリー→ペアフリー、にして、中1日開けるとか、あるいは、SPの開始時間を早くして、FSの開始時間を遅くし、公式練習ももっと遅くするなどの工夫で、SP上位3人も睡眠がとれるように予定を組めば、もっと良い演技ができたと思います。

それが、選手だけでなく、客席の観客と、世界中でTV観戦している観客のためにも良かったと思うのですが。。


本当は、少しずつ、別の原稿を書いてありました。奈々美先生のプログラムをEXで見たいということと、奈々美先生のことでした。
でも、練習拠点へ行くのを中止するほど体調が悪いと知ったので、やめておきます。


一番、負担の少ないEXを見せてください。


喘息は、私もなってから分かったけれど、本当に疲れが「敵」です。
FS後発作を起こしたとか。。どうか、ゆっくり休んでください。




====================

日本の3選手が全員入賞ってほんとうに凄いです。

高橋大輔選手も、立派でしたね。
あの騒動が平気だったはずはないし、
脚の怪我もよくはなかったらしいですが、
思いの伝わる素晴らしい演技でした。

前十字靭帯断裂から復帰する時の努力にも感動したけれど
ライバルだったランビエールに振付を依頼し
ランビエールの繊細な表現を取り入れようとした時
さらに凄いレベルに進化するだろうと、
その学び方に感動しました。
あのEX、もう一度見たいです。


町田樹選手も、特にフリーは凄かったですね。
気迫に満ちた熱い火の鳥で、素晴らしかったです。
ティムシェルSPは、世選で神演技を見せてください。


==================

プルシェンコ選手・・・どんな思いだったか。。。

そして、もう、趣味としてスケートを楽しむこともできないというのは
一体どういう意味なのか。。。
少しでも、良い状態に戻るようお祈りしています。








1

2014/2/14

あなたは もっと 素晴らしい!!     羽生結弦選手またはフィギュアスケート

    (フィギュア・カテゴリで書きますが、ピアノにも関係ある記事です。)

羽生結弦くんの個人戦SP、素晴らしかったですね。

100点越えで歴史を変えたのに、ご本人は、「(思い描いている演技には)まだまだ、ほど遠い」とのこと。フリーでは、さらに素晴らしい演技になると信じます。今度こそ、思い描く通りの演技で、本当の素晴らしさを世界に見せてくれると信じ、祈っています。

以下は、感じるところあって、結弦くんと、オーサーコーチの2年間の努力の一部を垣間見た記事についてです。記事お借りします。(抜粋です)

====================

【ソチ五輪】羽生、功を奏した「6分間練習」の調整 フィギュア

産経新聞 2月7日(金)20時33分配信

 演技に勢いをつけたのは、冒頭の4回転ジャンプ成功だった。

 直前の6分間練習。体の軸を確認した後に一本跳んだだけで、感触をつかんだ。昨季から練習拠点を置いたカナダで師事するオーサーコーチと当初、この6分間の調整をめぐる衝突があった。

 「ジャンプを何本も跳ばないと気が済まない」という羽生に対し、コーチは体への負担も考慮して最小限にとどめることを求めた。否定された自らの調整。慣れない英語でのやりとり。「感覚、思考の違いに、信頼関係を築くことすら難しかった」と振り返る。

 コーチの意図を理解するのに1年の期間を要したが、試合を重ねる中で集中して少しの本数で感覚をつかめるように対応。体力も温存できる新たな調整は、個人種目が控える五輪の団体戦で大きな効果を発揮した。

 「全力で滑ったけど、自分のマックスの滑りではない」と余力を残した羽生。日本に大きな「10ポイント」をもたらした上で、個人種目までの計算も立てた理想の滑りだった。(田中充)

最終更新:2月7日(金)20時38分
===================

若くても、ジュニア時代から国際的な実績も積んでいたので、「自分のやり方」が色々な面でできていて、それに拘ったのでしょう。

でも、アドヴァイスされたことを「否定された」と感じると、学ぶのは「苦しいこと」になります。

アドヴァイスとは、その人の可能性を認めているからこそ、この「部分」(全存在ではなく、あくまで「いち部分」)をこうしたら、「あなたは 本当は もっと 素晴らしい。」との想いで言うものと思います。

そこを理解してくれたのか・・・

結弦くんがどう考えたのか分かりませんが、とにかく、意志の強い(=頑固な部分もある)自分を説得して、アドヴァイスを取り入れてくれて、本当に、本当に、よかったです。



ピアノも「指導する難しさ・指導を受ける難しさ」は共通するところがあります。何かを少しでも変えようとすることを、あたかも人間として否定されたかのように感じてしまう場合があります。

なので、良いところは良い、前より良くなった部分は良くなったと、褒め言葉も挟みながら伝えていきます。

「だめ」とか「できてない」とか否定ばかりを何年間も言い続けることは、私は、絶対に、しません。当たり前ですが、否定だけしていたのでは、努力する方向が分からなくなるからです。(当たり前ならなぜ書くと突っ込まないでくださいね。ちょっと書いておきたい理由があるだけです。)


オーサーコーチも、きっとそういう気を遣いながら指導されたことと思います。
結弦くんがカナダへ行ったばかりの頃、

  「直さなくてはならないことが山ほどある。
   山ほどあるのに、彼はすでに世界の3位だ。」

と笑って語ったオーサーコーチ。『山ほどある』直すべきことを、どう、指導されたのか。。
さぞかし、大変だったことと思います。


結弦くんご本人に「おめでとう!!」はもちろんですが、衝突も乗り越えて、あそこまで指導されたコーチにも、結弦くんファンとしてひとこと・・・「大変でしたね。ありがとうございます。」と言いたいです。そして、「これからも、どうか、よろしくお願い致します」と。。

フィギュアスケートの歴史を塗り替えたけれど、まだまだ・・とご本人が言うなら、まだまだできるし、まだまだ伸びますよね。プルシェンコ選手から「フィギュアスケートの未来だ」とまで言われた結弦くんは、未来に向かって進化し続けるでしょう。


結弦君だけでなく、本当はすべての人が、自分で信じられさえすれば、今より進化できると私は信じています。

結弦くんは、本当は、もっと、もっと、素晴らしい。。

そして、これを読んでくださっている「あなた」も、年齢や、今までの経歴に関係なく、本当は、もっと、もっと、素晴らしいのです。



最後まで読んで頂いてありがとうございます。
9

2014/2/8

東京と大阪のレッスン、お休みします。  ピアノ

昨秋、気管支炎でかかった東京池袋の病院で、
8年間、毎月、札幌から東京へレッスンしに来ていると言うと
「え〜、それは凄いですね!!凄いバイタリティー!凄い!」と
「凄い」を連発されました。

本人はそんな「凄い」こととは、全然思ってなかったです。(^^;)


特にここ数年は熱心な方が増え、常にどなたかが、
何か本番(演奏会、発表会、コンクール等)を控えている状態で、
1回も休めなかったのは、むしろ嬉しいことでした。


毎月、1週間ほど家を空けて、札幌→大阪→東京→札幌と、
1週間に3回、飛行機に乗って長距離を移動しても、
ぜ〜んぜん、平気(なつもり)でした。


でも、昨年、9月と10月に、耳が遠くなりました。

9月のは、多分4回目の突発性難聴だそうです。
(聴覚過敏の症状のひとつである耳の痛みが少し悪化しました。)

10月のは、気管支炎の影響で、耳まで炎症を起こし、
内耳に水がたまったのが原因でした。

目は、初めてアレルギー性結膜炎になり4か月経っても治りません。

何より秋以降、ほぼ毎月、東京レッスン中に風邪をひき、
その後、気管支炎になっています。(1月も)
そこから喘息にもなり、副鼻腔炎にもなりました。。

秋の股関節の痛みと動き難さは治りましたが、
年末には、右足の甲にガングリオンができました。
足の甲が腱鞘炎って・・・我ながらずいぶん器用です。(^^;)

もう、笑うしかない状態。。

自分では、というか、
自分の心は、嬉しくてしていることなのですが、
身体は疲れて、知らない間にストレスが溜まっていたのかもしれません。


金曜日、かかりつけの内科へ、別病院で撮影したMRI画像を持って
行ってきました。(膵臓にがんはなかったです。よかった♪)

その時、毎月1週間の出張をご存じの先生に、
最近、色々あり過ぎるのは、
「疲れてるのかな・・と思うんですけど・・」と言うと・・

「そりゃ疲れるよ!当たり前でしょ。今ごろ何言ってんの(^^;)」と
思い切り呆れられました。

そっか。今ごろ・・ってくらい当たり前だったか(笑)


そんなわけで、今月はちょっと休憩します。
これからは、1年に1回とか2回とか、お休みするかもしれません。

でも、遠くで、私のレッスンを必要として下さっている皆さんの
存在は、私にとって生き甲斐なくらい、凄く嬉しいことなので、
少しでも長く、続けたいと思っています。


3月と4月に本番のある皆さん、本当にごめんなさい。
3月には行きたいと思っています。

リフレッシュして、また、がんばります。


札幌では、今時期はレッスンが少ないので、
休憩も休日もしっかり挟みながら、少しずつレッスンします。

大丈夫です。ご心配なく。(^^)


まだ発表できませんが、とても嬉しい計画もあるので。
楽しみに思い描きつつ、のんびりします。

 

4

2014/2/5

震災機構の「モーモーラスク」、お取り寄せできるようになりました。  チャリティーコンサート

昨年のチャリティーコンサートの時、演奏後お話させて頂いた、
「東日本大震災 雇用・教育・健康支援機構」がプロデュースし、
被災された皆さんが運営されている、
「芸術的 仮設住宅の 歌って踊るパン屋さん、モーモーハウス」の
ラスク2種類が、お取り寄せできるようになりました。

シュガーと、ガーリックの2種類。

常温で45日持つそうです。

よろしかったらお友達にも宣伝して頂けたら嬉しいです。
よろしくお願い致します。

クリックすると元のサイズで表示します


詳しくは 震災機構のHP にあります。

リンクがうまくできていなくて失礼しました。トップページへリンクしましたので、

メニュー右端の「支援報告の窓」をクリックしてください。



============

今日は私、午後から膵臓のMRI検査です。
(慢性膵炎はがんになりやすいので時々画像検査します。)

で・・・・只今、絶食中。。

お・な・か・す・い・た。。(^^;)

2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ