2014/1/24

意欲  ピアノ

無事に帰ってきました。
東京レッスン後半は、インフルエンザ中心の体調不良でのキャンセルがバタバタと入りました。
一人暮らしで高熱の方、大丈夫でしょうか・・・? 皆さん、どうかお大事に。。

そんな中、嬉しいメールがあり、大変励まされました。今月初レッスンだった、1月15日の記事に登場する方です。メールの公開、許可済みです。

=====================

先生のblogを読ませて頂き『感覚を手渡ししていくことで進化できる』という考え方、本当に伝えていきたいという気持ちが伝わり感動しました。

今までで一番熱意を持って何かをしたいと思ったことが、今ピアノを通して音楽を学びたいということで、
どうしてもっと子供の頃から気が付かなかったのか、大人になってから弾ける様になるのは無理なのかもと、練習すればするほど思っていました。

でも先生と初レッスンやメールで関わるたびに、これからでも学び変わることが出来るかもしれないという前向きな気持ちにさせて頂いています。

これから、なかなか苦労をおかけしてしまうと思いますが、先生がいれば間違った努力にはならないと確信が持てたので、すぐに変わらなくても諦めずに頑張れる気持ちになれています。

この意欲は身体にもいい影響になる気がしています。
今の状況で先生と知り会えたこと、ご指導受けられることに感謝してます。
改めてよろしくお願いします。

=====================

大人の方が、今までと変わろうと考えるのは、やはり、大変なことと思います。
今まで、ずっと練習してきたことを少しでも方向転換するのは時間もかかります。

それでも、「先生がいれば間違った努力にはならないと確信が持てた」とのこと。
その確信と、前向きな意欲が、心から、嬉しいです。

「この意欲は身体にもいい影響になる気が・・・」とあるのは、
実は難しいご病気をされているからですが、私もそう思います。

意欲も、そして、楽に弾くことも、きっと良い影響になると思います。

最近、難しいご病気の方が他にも増えたのですが、
私が色々病気しつつも活動していることが、
励みになったと言ってくださったりして、
そういうところまでブログに書いてきて、よかったと思いました。

ご病気だけでなく、
それぞれに、色々な事情を抱えた大人の皆さんが、
それでも、向上心を持って学び続ける姿は、ほんとうに美しいと、いつも思います。

少しでも、その向上のお役に立てるように、頑張りたいと思います。(^^)

6

2014/1/20

東京レッスン中です  ピアノ

16日に札幌から大阪へ移動し、
18日まで大阪でレッスンして18日最終便で東京へ移動。
19日から東京でレッスンしています。

大阪でも、東京でも、私より少々年上の方が
以前より進歩される姿に私の方が励まされたり、
お仕事の事情で生活に大きな変化があっても、
逆にレッスン時間を増やして、沢山の質問を持って
学ぶ気満々で来られた方などなど、
感動の連続でしたし、すべてのレッスンが私にとっても学びでした。

あと2日、頑張ります。。(^^)
2

2014/1/15

よかったよかった。。  ピアノ

今月前半は、1回目や2回目のレッスンが続きました。

初めてのレッスンというのは、私も、実は緊張しています。

1回目のレッスンで、まず、私の話の趣旨を理解し、
そういうことを目指してレッスンを重ねていきたいという
結論に至る方が、このところ続いているのですが、
今週の初レッスンもうまく行って、本当に、よかったです。
(1回で終わる場合も、なくはないのです。)


色々な弾き方があってもちろんOKですが、
そのままの弾き方では、何時間、何週間、何か月練習し続けても、
思うような上達は望めない、という弾き方の方は、
なぜか、多いです。

今回は、ご本人がそれを自覚されていたので、
とてもお話がしやすかったです。

1回や2回で直せることでは、もちろんありませんが、
骨格や筋肉、重心のお話、そして、様々なタッチの説明などを
オリエンテーションのように、大まかに説明した後、
そういう意識を持って、少し動作したり弾いて頂いたことで、
今までは全く感じていなかったことが、突然感じられ、
分かったことがあったそうで、とても、よかったです。

最後の笑顔が、本当に、嬉しかったです。
さらに、翌日、
「具体的な方法を教わっていけること、本当に希望が持てました。」との
メールも、大変嬉しかったです。(^^)


うちの門下生の中には、
日本で出版されたピアノ奏法の本は全部読破したという勉強家で、
それでも、思うように弾けなかった、という方もいますし、

アマチュアながら、多くのピアノの先生方よりも
沢山の練習曲を弾いてきたけれど(チェルニー50番等はもちろん、
ショパン、リスト、ブラームス、ドビュッシー、ラフマニノフ、等々の
練習曲を山ほど、、)、それでも、
やはり思うように弾けなかった、という方もいます。

どちらも、何年もレッスンを重ねることで、
今は、かなりご本人が納得できる演奏力・表現力となり、
コンクールで実績を上げたり、コンサートで演奏できています。


奏法の本を沢山読んだり、セミナーを沢山聴きに行ったり、
練習曲を山ほど弾いても、
それらがすべてを解決するわけではない場合の方が多いです。


結局、1対1の個人レッスンの中で、
「感覚」といったようなものを「手渡し」していくのが、
進化の近道なのではないかと思います。



それにしても、「何かを伝えるって、難しい!!」としみじみ思ったことが
あったばかりなので、初めてのレッスンの方の
とっても爽やか〜〜な笑顔が、本当に本当に嬉しかったです。

一緒にがんばりましょう♪(^^)v

7

2014/1/13

力まず気軽に・・とは、なんと難しいのか。。  ピアノ

もっと気楽に、もう少し頻繁にブログを書こうと思ったのに・・・
(まあ、色々あって)
書けないまま、あっという間に2週間経ちました。(^^;)

でも、いいんです。

私の欠点のひとつは、こだわりが強すぎることなので、
(これ、物事の探究には向いているけど、生き難い。笑)
「決めたことを死守する。」
   という方向に頑張るよりも、
「決めたことができなかった。でも、いいや、次いってみよう。」
   という方向に考える(柔軟性を持つ)努力をした方が、プラスだと思います。

気楽に、力まず・・・って、難しいです。

でも、力んでしまうと体も頭も固くなり、自由がきかない方向へ行くので、
やはり、気軽に、気楽に、を目指した方が良いと思うし、
そのためには、欲張りすぎないことかなと思います。

演奏も、練習では120%を目指し、
本番では95%くらいできればいいと考えると
緊張が少しマシかなと、演奏活動35年してきて思います。

オリンピック選手の皆さんも、
多くの人の期待など、色々なものを背負って大変と思いますが、
ただでさえ、特別な「場」で緊張はするわけですから、
「いつもより良くやろう。」と力まずに、
「いつものようにやろう。」という気持ちで、がんばってください。

明日、初レッスンの方も、気軽にどうぞ。(^^)

4

2014/1/1

あけまして・・・よかったよかった♪  ピアノ

あけましておめでとうございます。(^^)

ここをご覧くださっている皆様、いつもありがとうございます。
皆様のご健康とご多幸を心から、お祈りいたします。


12月に気管支炎でさんざんお休みしたので、
その代わりというか、
元旦からレッスンしました。

しばらく来られなかったピアノの先生のレッスンで、
前回は生徒さんたちがコンクールで弾く曲でのレッスンでした。

その生徒さんたちが、コンクール入賞という嬉しい結果を出し、
今年はもっと頑張りたいということで、
新しい曲での元旦からのレッスンで、大変嬉しかったです。


さて、私の今年の目標は・・・・

・12月25日までに年賀状を出す。(^^;)


あ、その前に、

・2月のオリンピックで金メダルを取る


・・・・・・・・・


・・・・・・・・・


・・・・・・・・・


・・・に違いない、羽生結弦君を応援する。笑。


他には、

・片づける。

・よかったよかったを口癖にする。

・力まずに、もう少し気軽に、ブログを書く。
(世の中を啓蒙しよう!とか思うから、
 気も文章も、重くなる。
 もう少し気軽に度々書いた方が、伝わるかもと・・)

 


では、また近日書きます。(^^)

8



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ