2013/9/26

東京オペラシティのコンサート  コンサート

スマホがうまく充電できない現象で苦戦しています。一度札幌のショップでOS(?)のバージョンアップをしてもらったのに、まだ時々こうなるので、帰ったらまた相談します。大阪のホテルでPCが使えるようになったので、22日のコンサートの報告です。。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

今回は東京でレッスンしている皆さんがほとんど来られたので、嬉しいと同時にプレッシャーもありました。ガッカリしてやめると言われるかも・・とか、良くない想像してしまうし。。困ったものです。(^_^;)

で、派手なミスもあったのですが、ロビーへ面会に出ると涙目で感動してくださってる方が多くて、メールではこういう反響もあって、とりあえずホッとしました。(メール掲載許可済)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

先日の演奏会、素晴らしかったです。いつものように、先生がステージに現れた途端に会場全体がキラキラな空気に包まれ、演奏が始まってからはまるで夢の世界のようでした。

あまりに美しい音に涙が溢れてきて大変でした。隣にいた夫も感動していました。
(中略)
先生は本当に世界的なピアニストになるはずだった方なんだなあと改めて確信しました。
いつも感動を有り難うございます!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最後の一文は少々説明の必要があります。この方からは、私が演奏するたびに、もしも、子供の頃から恵まれた環境で教育を受けて、若い頃から可能性を発揮できていたなら、「先生は、絶対に、私なんかが口もきけないような、世界的な演奏家になっていました。」と言われます。
そういう風に思ってもらえるだけで、人生が報われたような気がします。

実は、スケートで言えば「転倒」級のミスをしたとへこんだら、こんなメールもいただきました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お疲れ様でした♪( ´▽`)

まろやかなピアノの音に、超癒されました♪( ´▽`)
先生は、転倒なんておっしゃってましたが、先生の音はやっぱり格別です☆
なんか、他の人には絶対出せない音なんですよね。だから…きっと表現力とスケーティングとかで巻き返していたはずです〓(((o(*゜▽゜*)o))))笑
細かい所まで、これ以上なく丁寧に音が揃っていて、なおかつ、音が綺麗なもんで、まとまると、本当にまろやかな音楽の連続で、本当に心地よかったです♪涙

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

スケートねたで書いてくれたメール、もう1通いただきました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コンサート、お疲れさまでした!
ロビーのモニターでしか聴けなくて本当に残念でしたが、外で音響がよくないのに、いち音いち音に、想いがあるというか、すごく繊細に響いているのがわかりました。素晴らしかったです、聴きにいけてよかったです〜。

転倒は歴代のフィギュアの女王もみんなしてるからドンマイです〜。
個人的には、こけた後にぐっと集中して立て直す姿に一層感動しちゃいます、なんて(^○^)

また琴線に触れる素晴らしい演奏を聴けるのを楽しみにしています(*^^*)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

みなさん、ありがとうございました。

9

2013/9/23

ありがとうございました。  コンサート

コンサート、何とか終わりました。来て下さった方、来られないけれど、祈ってくださった方、ありがとうございました。

昨日は、ホテルへ帰ったら、もう、どっと疲れが出てご報告もお礼もちゃんとできずにダウンして、今日はレッスンたくさんして、遅くなりました。


スマホが、、充電中なのにバッテリーが減っていくという怪奇現象がまた起きていて(ネットで見たら、ギャラクシーシリーズに時々あるらしい)ホテルのロビーの誰でも使えるパソコンから書いているので写真もアップできず、長く使えないので、今日は、とりあえず、お礼まで。

ほんとうに、ありがとうございました。(^^)

7

2013/9/20

2回目のちいさなコンサート  コンサート

昨日、木曜日にも、ひとりのためのコンサートをし ました。

以前から、「世界的なピアニストの値段の高いコン サートを聴いてもさっぱり泣けないけど、先生の演 奏は絶対泣ける。」なんて言ってくれる門下生です が、この日も1曲目から大泣きしてくれて、演奏が 終わってからも、泣きながら、笑いながら、、色々 話してくれました。

いっぱい泣いたので「あーなんか浄化された!すっ きりしました。」なんて、笑顔で言ってもらえてよ かったです♪(^^)

一昨日も、昨日も、聴きに来てくれたのは、(うち に一番多い)アラフォー世代のピアノの先生でした 。

感動してもらえるのはもちろん嬉しいですが、さら に嬉しいのは、こういうことを刺激として、ピアノ の先生方が勉強をしてくれることです。

どちらの先生も、とても変わってくれました。

絶対に人前では弾きたくなかったのに、勉強して、 少しだけ勇気が出て、キタラのステージで演奏する ようになってくれた先生と、、「小さい子ばっかり だから・・」と卑下していたお仕事を、勉強したこ とで熱意を持ってできるようになり、生徒さんをコ ンクールで受賞させるまでになった先生、、そうい う意欲のきっかけになれたなら、なんと幸せなこと か思う訳です。

金曜日、夜、東京に移動しました。いよいよです。 (^^)
4

2013/9/18

ちいさなコンサート  コンサート

コンサートの前後に時々あるのですが、
どうしても演奏を聴きたいので、
レッスンとして演奏を聴かせてほしいという門下生が
今日午後、来てくれました。

つまり、ひとりのためのコンサート。

でも、聴いてくれる人が、ひとりでも、100人でも、
音楽の感動を共有したいという気持ちは同じですし、
ちゃんと緊張もします。

ノクターン嬰ハ短調とバラード3番の曲目を
2回通して、2回とも、まあまあ上手くいったので
とても良いリハーサルができました。

1日の演奏会の時とは全然違うとびっくりされて
(半月以上経ってるので、けっこう変わったかもしれないです)
とにかく大感激してもらえてよかったです。

バスがつながって表現できている等の他に
ゴージャス・・とか色々言ってくれました。

ゴージャスなバラード。。
・・そうね、水の精がゴージャスな美女であるという設定で。。(笑)
(アンジェリーナ・ジョリーとオーランド・ブルームでいかがでしょう?)

昨日あたりからとっても気持ちが前向きです。
耳鳴りももう慣れて、全然平気です。
がんばります。(^^)v
5

2013/9/17

震災機構から感謝状。。皆さま、そして結弦君もありがとうございました。  


東日本大震災雇用・教育・健康支援機構から、感謝状を頂いてしまいました。

とんでもないです。。そんな大したこと、していないです。。
一瞬、お断りしようかと思ったのですが、
これからも続けるという決意と共に、頂くことにしました。

ご協力頂いた皆様、ありがとうございました。

ポスターやチラシで、募金のシンボルとなって働いて頂いた結弦君も、
ありがとうございました。
12月のコンサートでも、また、働いてくださいね!!

12月のコンサートは、12月8日(日)は、
フィギュアスケートでは、グランプリファイナルのエキシビションの日です。
(こういう情報が出てくるあたり、最近、しっかりスケオタです。笑)

動く方の結弦君wが、福岡のエキシビションで華麗に舞っているであろうその日に、
ポスターやチラシの結弦君は、札幌のコンサートで、
募金のシンボルとして働いてくれているって、なんだか感動しますね。(^^)


kansha.jpg


赤い枠は、実物はもっときれいな色です。

とても重く受け止めています。
これからも、がんばります。

その前に、22日(日)のコンサート、頑張ります。
応援、よろしくお願い致します!(^^)
6

2013/9/11

9・11 自然災害と戦争を想う  コンサート

もう日付が変わってしまいますが、
今日は震災で亡くなられた方々の月命日であると同時に
アメリカの同時多発テロの日でもありますね。
震災と、テロと、その後の紛争の、
両国の犠牲者の皆様のご冥福をお祈りします。

自然災害は、予防するという手段はまだないので、
耐震構造の研究とか、津波対策など考えたり
予測の研究を続けるくらいが今は精一杯ですが、

戦争は、違いますよね。恨みの連鎖、憎しみの応酬ではなく、
良いことも思い出せたら、回避できるかもしれません。

近隣諸国との関係悪化が心配ですが、
東日本大震災の時には、近隣諸国から多額の寄附をしてもらいました。
そういうふうにお互いに「してもらったこと」への感謝も、忘れたくないですね。

人間が少しずつ成長して、色々な差別や暴力が
人間の歴史から少しずつ減っていくことと、
そのことによって、戦争がなくなっていくことを、祈りたいと思います。

そして、防ぐことのできない自然災害は
可能な限り、色々な角度からの「想定」をしながら、日々最善を尽くして生き、
被災しなかった人々が、被災された人々のために、
できる支援を続けていけたらと思います。

先日のコンサートの募金の最初の記事の時、ある方から
ゆづをシンボルに使ってくれてありがとう、、と、
本当に喜んでくださっているメッセージが届きました。
その中で、募金、減っているんですね、と
わがことのように心配されていて、感動しました。

少しずつでも、続けられたらと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・

告白すると、、戦争のこと書いておいて、
戦争映画は見られないいくじなしです。ごめんなさい。。
心臓が苦しくなったり、過呼吸になりそうになって、どうしてもだめです。

あるブログで、私のコンサートをご紹介くださった時、
即座に、行くと意思表明してくださった方のプロフィールに
映画・戦場のピアニストがお好きとあったので、
あの映画で有名になったノクターンも弾くことにしましたが、
実は映画は見ていないんです。

でも、深い深い悲しみに満ちた曲が、最後の最後に
明るい長調の響きで終わるのを、
戦争にも災害にも負けない、人間の希望の光として弾きたいと思います。


耳のこと、ご心配かけてすみません。1日の演奏会以来、
シャーっという耳鳴り(ホワイトノイズというらしい)はしていますが、
ピアノは弾けています。大丈夫です。22日のオペラシティ、がんばります。


 

5

2013/9/5

送金 + 耳鼻科 + 感想メール  コンサート

募金箱のお金と郵送募金に、私の気持ちもプラスして、
今日、4万円を、東日本大震災雇用・教育・健康支援機構に送金しました。
ご協力、応援、ありがとうございました。(^^)

クリックすると元のサイズで表示します

耳鼻科の予約がやっととれて、行ってきました。
検査の結果、聴力にさほど変化はなくて、演奏中に耳が聞こえにくくなったのは、
多分疲れのせいだろうとのこと。。
耳鳴りは続いているのですが、ステロイドを使うほどの悪化ではないと思う、ということで、
お薬はいつものままで、疲れないように、寝不足しないように、と言われて帰ってきました。
よかった。。。ご心配かけてすみませんでした。

 
【私の演奏への感想ピックアップ】(掲載許可済み)

■先生の演奏は、各声部が独立して、音がいろいろな方向から響いてきて、
立体感のある音楽に感動しました。
曲のしくみも伝わってきて、楽譜の理解の深さにますます尊敬です!

■先生の演奏は、特に後半の盛り上がるところがキレイで、
まるで跳び跳ねた水の粒一つ一つがキラキラと輝いているような、
そして色々な楽器で演奏されているような感じで、素晴らしかったです。
私も、いつか本番で先生のような輝いた音で演奏出来るようになりたいと思いました。

■そして、先生の演奏は、先生は「こけたー」って泣いてらっしゃいましたが、
途中何度も感動が込み上げてくる演奏でした。

森の中の湖の様子なのかな?
あ、水の精が出て来た!
恋人同士の楽しそうな場面も、会話も・・・
色々と浮かんでくる演奏でした。
東京の演奏会でもステキな演奏が出来ますようにお祈りしています。

■リハーサル〜本番と袖から拝見して、お背中が人体図鑑のように筋肉が動いてらして!
下半身も上半身と切り離した動きで、跳躍のバネの俊敏さ、
たっぷりと歌える和音のつかみ方など、目の当たりにして、本当に勉強になりました。
そして、水の精が見えるようでした。

■9/1の演奏会での野谷先生の演奏で、
やっぱり野谷先生のピアノの音が一番響いていました。
きれいで豊かな音で感激しました。
特にラストの前、左手の音の長いクレッシェンドから始まる盛り上がりが素晴らしかったです。
先生のような豊かな響きと表現力をめざして、これからもがんばりたいと思いました。

■そして、眠い中、頑張って聞いていた孫弟子ちゃんも、今日、興奮してキラキラした目で感想を話してくれました。お母様方からも感激ですばらしいコンサートですね!野谷先生は別格でバレリーナのようですね!感激しました!他・・・
ご招待した後輩はNさんと同期で昨夜のコンサートに感激しピアノが弾きたくなり野谷先生のレッスンを受けたいとのでした。
私は恵先生の素晴らしい演奏、指導、きめ細かい気配り全てを伝えたく、先輩、後輩にご招待チケットを贈りました。どなたか、先生のレッスンに伺うことに繋がって、年齢に関係なく学び続けてほしいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

言葉の端端に、私がいつもレッスンしている内容が意識されていることが伝わってくる文章が多く、嬉しいです。
(あ、ちなみに、泣いてはいませんでしたよ。泣きまねジェスチャーです。(^^))
 
孫弟子ちゃんとは、つまり、私に習っているピアノの先生のお弟子さんたち(小学生)で、
私から見て孫弟子ちゃんというわけです。。(^^)
夜遅いのに、がんばって聴いて、感激してくれていたそうです。これも嬉しいです。

ところで、生徒は先生にお世辞を言うものだろう・・と思われるかもしれませんが、
お1人以外は皆さんピアノの先生で、教える資格はすでにあるので、
今更、勉強する義務はありません。

つまり、良いと思えない先生に、わざわざお世辞を言いながら習いに来る必要は、
ゼンッゼン、ないわけです。
だからこそ、1番怖い聴衆でもあります。(^^;)

これからも、目指したい、習いたい、と思ってもらえる演奏ができるよう、がんばります。 

クリックすると元のサイズで表示します
沢山の素晴らしいお花、ありがとうございました。
4

2013/9/4

郵送寄付も届きました。  コンサート

下の記事、写真が表示されていなかったんですね。
いつもは投稿後、何度も確認するのに、しなかったようで、2日間も放置し、失礼しました。

表示されるように直しました。

昨日、コンサートに来られなかった方から、「チャリティーに使ってください。」とのことで、
5000円が届きました。感動です。。ありがとうございます。

病院行ったり、飛んで帰ってきてレッスンしたりで、
銀行に送金に行けてなかったのですが、行けてなくてよかったです。
これを待っていたような形になりました。

ところで、下の記事の2枚の写真では小さくて分かりにくいですが、
かなり大きな募金箱を、今回、自分で手作りしました。
(今までは移植支援協会の募金箱をお借りしていたのです)

頭の中でさんざんシミュレーションしてたので短時間で簡単にできました。
工作、、楽しかったです。(^^)

大きな段ボールの箱に、ポスターのうらを出して巻き付けて作った
白い募金箱です。(使ったポスターは、うちのコンサートの残ったものです。
震災機構のではありません。)

とっても大きいので、広い空間でも目立ちましたし(まずそこが狙いでした)
セキュリティー的な意味で、受付周辺の音楽事務所の皆さんが
募金箱に気をとられなくて済むと思ったので。

クリックすると元のサイズで表示します


実は、1日、コンサートで演奏中、変な耳鳴りがしたと思ったら、
耳が聴こえにくくなりました。

突発性難聴を3回やっているので、「4回目?!」と思って
衝撃でしたが、数十秒くらいの単位で(よく覚えていないんですが、
多分、数分まではいかずに)また、普通に聴こえるようになりました。

ほっとして、少し経ったら、暗譜分からなくなって・・・・(^^;)
ちょっとさすらって、でも、止まりはせずになんとか続きました。
そういう大きなミスがあると、コンサート終わっても終わった気がしないんですが。。

でも、そういう部分じゃない部分で、感動したというメールを沢山頂いて、
ちょっと浮上しました。

メールに全部お返事もできていない状態なので、
載せていいかどうか聞いてから次回載せますね。

あ、耳は、その後は、ちゃんと聴こえています。変な耳鳴りは時々しますが。。

とにかく最近、夏バテが出てきたのか、もうもう、疲労感がすごかったので、
疲れやストレスのせいだったかと思います。

1つコンサート終わったし、今週はレッスン少ないから大丈夫だと思います。

東京の演奏会に行く前、今月後半に入ったら、
札幌で、目の前に本番控えていない人は、少しレッスン減らさせてもらって、
疲れないようにします。レッスンご希望の方は、できれば、来週までに
来て下さると嬉しいです。

東京では、ショパンの、ノクターン 嬰ハ短調と、バラード3番を弾きます。
がんばります。(^^)



クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します
5

2013/9/2

募金箱がすごいことに・・  コンサート

札幌の門下生コンサート、お陰様で無事(?)終わりました。
演奏の話は後にして。。

ラッキーなことに外部のチラシ入れ希望はなくて、
配布したプログラムにはさまっていたのは、結弦くんの震災機構のちらしのみ。

白黒のB5サイズのプログラムから鮮やかな緑のA4のチラシがのぞいて目立っていました、

演奏後、舞台袖に戻ってから、すぐマイクを持ってもう1度出て、
4,5分、お話しもさせて頂きました。

6月にチャリティーコンサートをした時、まだまだ復興には遠いのに
寄附が激減していることを知ったこと。

命が助かっても、お仕事をなくされた方が多いこと。

震災機構が、ただ寄附金を集めて被災地に渡しているのではなく、
事業を起こして、被災地での雇用を生み出し、
お仕事をなくした人々が自立していける継続した支援を
されているのが素晴らしいと思うこと。などなど・・・


その後、ほとんどすべてのお客様が、
お帰りの時、募金箱にお金を入れて行ってくださいました。


募金箱って、チャリティーコンサートでも、
せいぜい、数千円単位が普通でしたが、
なんと、、、、、2万5千円!超えました。

すごいことです。。
ありがとうございます。。


クリックすると元のサイズで表示します

ロビーの空間が(天井も高く)広いので、
右端の結弦くんのA2サイズのポスターが小さく見えます。
この画面のもっと左に、もうひとつ、客席へのドアがあります。

クリックすると元のサイズで表示します

左は客席へのドア、右は(ここ小ホールは2F)、大ホールと外へ続く
1Fへの出口です。

お帰りの時、目に留まりやすいように斜めに配置しました。
スピーチ後、マイクを置いて、急いでここへ来ると、
スタッフをしてくださった音楽事務所の女性が募金箱の後ろに立ち、
お金を入れてくださる方ひとりひとりに「ありがとうございます。」と
頭を下げてくださっていたので感激!

私もテーブルの横に立って、ありがとうございます。と言い続けました。
みなさん、笑顔で寄付してくださって、それも嬉しかったです。

ほんとうに、ありがとうございました。(^^)

つづきはまた今度。。
7



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ