2013/7/9

レッスンを受け止めてもらう・・ということ  ピアノ

「表現」は才能とか感性だけでするかのように誤解されている部分もありますが、
ちゃんと勉強できることですし、それを身に着けるための練習方法もあります。

表現を磨くための練習方法は、ちょっぴり、メンドクサイです(笑)
ふつーに、なんとなくCDの真似をして練習する方が気楽かもしれないです。

でも、ちょっぴりメンドクサイ練習の後に、その曲に対する感動が深まります。

その時点でのレベルとか、音楽の経験量とか、音大を出たとか出てないとか、
そういうことは、全く関係なく、表現力は、磨けます。


ただ、レッスンを受けても、「なるほど〜!」と思うだけで、
あまりやってくれない方もけっこういたりします。(^^;

そうすると、何年たっても、あまり、変わらなかったりします。(^^;;

でも、そういう数年を過ごした後、突然、分かってくれて、
ちゃんとやってくれるようになって、
その結果、ちゃんと変われると実感した方からのメールからの抜粋です。(^^)
(掲載許可済)

==========================

楽譜の音を押す(苦笑)だけでなく、楽曲全体を考えられるようになったのは
先生のお陰です。まだまだわからないことだらけですが、
楽譜を見て考えようとするだけで、自分でも世界が変わった感じがします。
音楽の楽しさ、素晴らしさに触れられるようになりました。

先日のレッスンでは、先生のお一言ですぐ弾けるようになったり、
とてもレベルの高い音楽的解釈を私のような者にまで惜しみなくご教示していただいたり
(中略)
何をどうすれば、どうなるのか、ということを先生は総ておわかりで、
それなのに私は長い間応えようとしないで、本当に申し訳ありませんでした。


まだ、考えられるようになっただけで、弾き始めると忘れたり、
そもそも音の出し方や技術的な事などはダメダメのままですし課題山積ですが、
雑ではない、いい音楽を奏でられるように頑張っていきたいと思います。

==========================

レッスンって、ちゃんと受け止めてもらえないと、
な〜〜んの意味もなくなっちゃうんです。。

なので、受け止めてもらえるようになって、ものすごく(!)嬉しいです。(^^)

ちゃんと、レッスンで学んだことに取り組んでくれれば、
ちゃんと、変わるんです。

それを分かってもらえて、今度こそ、言うことをきいてもらえそうで(笑)、
うれしいです。。

ただ一点、「私のような者にまで」なんて、
自分で自分を差別するのはやめましょうね。

その時点でのレベルとか、音大を出たとか出ないとか、そういうことは関係なく、
私は同じことを教えているし、
それをすれば、同じように変わっていけるのですから。

そして、私の大事な門下生であることに、なんの変りもないのですから。(^^)

4



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ